Windowsツール一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windowsのフォルダー操作機能をうまく使ったX-Planeのシーナリー管理アプリ

X-Plane11のシーナリーを国別や空港別に管理したくなることがあります。とくにシーナリーが増えてくるに従って,Scenery packs.iniファイルの編集をしたりする必要が出てくるので大変です。また,フォトシーナリーを作ってXroadで道路を透明化したいとき,ショ...

小さなフォトシーナリーを作って利用する方法

先に広島市街地フォトシーナリーを公開しました。このシーナリーは小さなフォトタイルをたくさん組み合わせたものです。小さなフォトタイルは,空港や飛行場シーナリーの下敷きにもなる便利なパーツです。慣れれば簡単に作成できるこの小さなフォトタイルをWindows10上で作る手順と使...

シミュレーターレートを簡単にコントロールする方法

MSFSには,シミュレータの進行速度すなわちシムレートをコントローするキー割り当てがあります。けれどもそれは使いにくく,現在のレートがいくらになっているかを知る事ができません。そんな不便な状況を改善する方法を説明します。 シムレートを簡単に変更しレートを表示...

既存のFSUIPCユーザーがスムーズにFSUIPC7を導入する方法

FSUIPCは,FS98以降のマイクロソフト社のフライトシミュレーターのデータを読み書きするためのインターフェースプログラムです。MSFS用FSUIPCの正式バージョンが2020年11月9日に公開されました。私のように英語に堪能でなく,すでにFSUIPC4を使っておられた...

MSFSに合わせてアドオンプログラムをスタートさせる方法

MSFSには,アドオンスクリプトという仕組みがないようです。先日公開されたMSFS向けのFSUIPC7もMSFSの外部プログラムとして動いています。これまでにも着陸速度を測定するプログラムもありましたがこれも外部プログラムです。MSFSをフルスクリーンで使っているとき起動...

超簡単にリモート操縦する方法

MSFSで場所移動やオートパイロットの目的地を変更したりするときは大変な手間を要します。ところが超簡単に場所・高度・速度・目的場所を自由に設定できる外部アプリケーションが公開されました。驚くほど高機能なオートパイロットアプリですが,このアプリは仲間同士が一緒に飛行したいと...

飛行中に眼下の建物の名前を確認できる簡易移動地図

MSFSには飛行中に著名な目標物の名称を表示してくれる機能があります。けれども有名ではない建物や運動公園などの名称は表示できません。オートパイロットやAIでの飛行中に眼下に見える建物や湖などの名前を知りたいと思うことがあります。それを助けてくれる簡易な移動地図が公開されま...

FS2004やFSXのシーナリーをX-Planeに変換する方法

私がX-Plane11を新しいシミュレーターに選んだ理由の一つにMSFSからシーナリーを変換できるということがあります。実際にX-Plane11でシーナリーを探すと変換するまでもなく,たくさんのシーナリーがありました。けれども小さな飛行場では滑走路だけのものがあります。そ...

フリーウェアで”.dds”ファイルを編集する方法

X-Plane11で使う機体やAI機の塗装データを構成している".dds"という拡張子を持つファイルがあります。これまで,この".dds"ファイルを扱うには,特別なペイントソフトを使うか,フリーウェアのGIMPに".dds"プラグインを導入して使っていました。今回新しくリ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク