パネル

MSFS

デフォルトのA5水陸両用機をグレードアップする方法

MSFSに付属しているIcon A5は空飛ぶスポーツカーと言われ,アメリカで航空機の普及を図るため簡単に免許が取れるLight-Sports Aircraftという分類の航空機です。そのためエンジンは100馬力で最高速度や航続距離も...
MSFS

MSFSでプッシュバックを操作する方法

MSFSでプッシュバックしたいと思っても,キー操作に割り当てる項目がありません。AIで自動的にプッシュバックされるがままという状態です。自分の好きな位置にプッシュバックさせたいと考えるときにこれを実現するアドオンがあります。 ...
X-Plane11

正面を見ながらトリムをコントロールする方法

トリムは飛行機を操縦しやすくする仕組みです。実機では操作しやすい場所にトリムコントロールがあるので問題はありませんが,シミュレーターの場合はキーボードやデバイスのボタンに割り当てることになります。3Dコックピット内で操作するなら視点...
X-Plane11

3Dコックピット内で手軽に使えるAvitab

AvitabはVRの画面のなかにiPadを模したデバイスにドキュメントや地図を表示するためのプラグインです。通常の3D画面では別ウインドウで表示されるため,邪魔になるたびに表示を消すのが面倒でした。もともとAvitabはコックピット...
X-Plane11

‘Quick look view’を他機に移植する簡単な方法

X-Plane11での操縦環境を劇的に改善するのがQuick Lookです。 けれども,X-Plane11のマニュアルには,各機体ごとにViewを設定しなければならないとの記載があります。 しかしながら制限はあるものの,セスナ1...
X-Plane11

X-Plane11のG1000グラスコックピットの操作を学習する方法

X-Plane11には,小型のグラスコックピットであるG1000を模したX1000という計器パネルが装備されている機体がいくつかあります。 そのうち一番よく使うと思われるのはセスナ172SPです。 この機体と日本語版操作マニュア...
X-Plane11

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

X-Plane11を始めた頃に一番よく使用するのがセスナ172です。 そのコックピットはよくできていると思うのですが,何か平面的だなと感じることもあります。 これを修正するデータが公開されていますのでご紹介します。 ...
X-Plane11

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

デフォルトのセスナ172には,ガーミンの無線機が備えられています。 もちろんそのことに不満はないのですが,FS2004のパネルに慣れている私のような古いタイプの人間にとって操作が高度過ぎるというのも正直なところです。 このような...
X-Plane11

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で2種類搭載されています。 製品に付属する操作説明書は英文ですし,オンラインの説明書にも古い内容が記載されているものがあります。 先...
X-Plane11

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションに習熟する方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で搭載されています。 X-Plane11に付属する操作説明書は英文ですので,操作を習得するには少し苦労します。 けれども,こ...
タイトルとURLをコピーしました