アドオン

MSFS

改良されたMSFSの木を短くするツール

標準では大きすぎるMSFSの木々を短くする設定ファイルを先にご紹介しました。このデータは,MSFSのデフォルト設定を変えるものだったので,MSFSがバージョンアップされると設定が無効になってしまうことがあるというものでした。この設定...
X-Plane11

季節変化対応が進んだX-EUROPE 5

ヨーロッパの風景で表示される建物,植生,構造物と道路をリアルに表示するためのライブラリーであるX-EuropeがVer5に更新されました。今回は,SAM Seasonsを利用した季節変化への正式対応と建物オブジェクトの更新などです。...
MSFS

シミュレーターレートを簡単にコントロールする方法

MSFSには,シミュレータの進行速度すなわちシムレートをコントローするキー割り当てがあります。けれどもそれは使いにくく,現在のレートがいくらになっているかを知る事ができません。そんな不便な状況を改善する方法を説明します。 ...
X-Plane11

大きく改良されたX-EUROPE 4で欧州の風景を楽しむ方法

ヨーロッパの風景で表示される建物,構造物と道路をリアルに表示するためのライブラリーであるX-EuropeがVer4に更新されました。今回の更新では,建物の大きさが大きく変化し落ち着いた雰囲気に変化しています。この新しいライブラリーの...
X-Plane11

3Dコックピット内で手軽に使えるAvitab

AvitabはVRの画面のなかにiPadを模したデバイスにドキュメントや地図を表示するためのプラグインです。通常の3D画面では別ウインドウで表示されるため,邪魔になるたびに表示を消すのが面倒でした。もともとAvitabはコックピット...
X-Plane11

FlywithLuaを失敗せずに最新版に更新する方法

FlywithLuaは,X-Plane11にいろいろな機能を追加するためのスクリプトを動かす仕組みです。これまでいろいろなプラグインを導入しているとき,不用意に上書きすると設定がなくなってしまうことがあるので,それらを保存したまま更...
X-Plane11

新しいX-Europe3.0でリアルな風景を楽しむ方法

ヨーロッパの風景で表示される建物,構造物と道路をリアルに表示するためのライブラリーであるX-EuropeがVer3に更新されました。私が好んで使用するヨーロッパの国々の領土である離島も対象になります。この新しいライブラリーの導入方法...
X-Plane11

セスナ172SPの操縦席内の音をグレードアップする方法

セスナ機の操縦席内での音といえば,空港での航空機の離着陸などの音,コックピット内の風の音などがあります。 そのほかの警告音もありますが,これらの音をグレードアップするプラグインがあります。しかも旅客機向けに作られたX-RAASとい...
X-Plane11

X-Plane11で季節と場所に応じた適切な風景を表示する方法

先に秋冬の風景を表示するためのデータをご紹介しました。それらのデータを使って季節と場所に応じて表示を変更してくれるプラグインがあります。以前はバラバラにダウンロードして組み合わせる必要があり,使いにくかったのですが,今回データとプラ...
X-Plane11

X-Plane11の青空の色と雨と雪の降り方を改善する方法

X-Plane11の快晴のもとで飛行しているときなんとなく灰色がかった青色になっていると感じることがあります。 特に空と海の色が水色に近い色になっていると思います。これを真っ青な青にならないかと調べたところ,空と水そして光...
タイトルとURLをコピーしました