スポンサーリンク

国内では珍しいV2500シリーズエンジンを積んだJETSTAR JAPANのA320

JETSTAR JAPANのA320は,エンジンにIAE社のV2527-A5を使っているA320-232という型式の機体です。

成田と関空を拠点に国内外を結ぶ路線を拡大しており目を離せない航空会社です。

幸いにもFS2004用の機体が揃っていますから導入していくことにします。


JALが外資の後押しで設立したJETSTAR JAPAN

国内では珍しいV2500シリーズエンジンを積んだA320

JALがカンタスグループの後押しで設立したLCCです。

機材は,JETSTARグループ共通のA320です。

またTSTARのA320のエンジンは,IAE社のV2527-A5を使っています。

これは国内他社がCFM56を使用しているのとは対照的です。

JETSTR JAPANのA320は21機いますが,そのうち16機がシャークレットと言われるウイングレットを装備しています。

JETSTAR JAPANは成田と関空を拠点に国内外を結ぶ路線を拡大しています。

2014年には,搭乗者数で日本最大のLCCになりました。

JETSTAR A320-232(JA12JJ) by Yu-Chung Lin  Photo from flickr

FS2004用 JATSTAR JAPAN A320-232

データファイルのダウンロードとインストール

ファイルのダウンロード

今回導入するのは,6機目以降に導入されたシャークレット付きの機体です。

データは,Flightsim.comからダウンロードします。

ファイル名は”jjp_a320_shrk.zip”です。

Flightsim.comから引用

機体のインストール

このデータは,青いBマークは付いていませんがインストールは簡単です。

ファイルをダウンロードしたら適当な場所に展開します。

展開したフォルダーに入っているのは,FS2004とFSX共用の機体です。

展開したフォルダーは,”JetStar Japan A320-232”というフォルダーです。

このフォルダーを,FS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーします。

これで,インストールは終了です。

簡単なインストールですが,私の記事に詳しい方法を載せていますので参考にしてください。

Flightsim.comやAVSIM.libraryには,魅力的なフリー・データ機体があります。 インストールの方法がわからないから,使わないというのはもったいない話です。 機体によってはインストールが簡単なモノがあります。 すぐに使える機体の選び方を...

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーは”Airbus”で登録されています。

操縦席の画面

付属しているのは,B737のデフォルト計器を使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

この機体に,A320用のグラスコックピットを組み込みました。

グラスコクピットの導入方法は,ANAのA320の記事を参考にしてください。

ANAは,1991年に国内航空会社としては最初にこの機体を導入しました。 国内だけでなく国際線にも使える短・中距離用機材として活躍していたのですが,現在では国内線で使われるだけになりました。 このA320-200を引退する前にFS2004に導入しましょう。 ...

滑走路上の機体

成田発着の路線が多いということで,成田空港に駐機させました。

成田空港34番滑走路上のA320

まとめ

私は,調べてみるまでJETSTAR JAPANがJAL系列でしかもLCC最多の搭乗者数となっていることを知りませんでした。

外資のノウハウを使って攻めの経営を進めるこのLCCがどのように育っていくのか,FS2004の機体と供に眺めて行きます。

次回は,ウイングレットのない機体をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク