スポンサーリンク

ウイングレットを装着した国際線仕様のANA B767-300ER

B787の開発が遅れていた時期に,代替え機として導入された9機のB767-300ERがあります。

それらの機体は,燃費向上と二酸化炭素排出削減目的で開発されたウイングレットを装着しています。

国際線機材なのですが,成田空港発の国内線にも使用されているようなので,FS2004にも導入しておきましょう。


B787の代替え機として導入されたウイングレット付きのB767-300ER

B787の開発が遅れていた時期に,代替え機として導入された9機のB767-300ERがあります。

それらの機体は,燃費向上と二酸化炭素排出削減目的で開発されたウイングレットを装着しています。

中短距離国際線機材として,アジア路線に就航していますが,成田発着の国内線にも使われることがあるようです。

国際線にB787の導入が進むにつれて在籍機数は少なくなっていくのでしょうが,しばらくはANA国際線を支える機材として活躍するでしょう。

B767-300ER (JA620A) by Kentaro IEMOTO  Photo from flickr


FS2004用のウイングレット付きANA B767-300ER

データのダウンロードとインストール

機体データパッケージのダウンロード

データはFlightsim.comから

ssp763erv5_cf6-80c--awl_ana_ja619a.zip

というファイルをダウンロードします。

Flightsim.comから引用

機体データのインストール

ダウンロードしたファイルを適当な場所に展開します。

”SSP763ERV5_CF6-80C–AWL_ANA_JA619A”というフォルダーを開きます。

このフォルダーの中にある”Aircraft”と”Effect”の2つのフォルダーを,FS2004をインストールしたフォルダーにコピーします。

“Effects”フォルダーをコピーしたとき,重複するファイルが出た場合は,新しい方を残してください。

これで,インストールは終了です。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”SkySpirit2010”で登録されています。

先に紹介したJALの300ERの仲間なのです。

操縦席の画面

デフォルトB777のパネルを使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

操縦席パネルの改善

B767-300ERの操縦席は,セミグラスコックピットです。

JALの300ERの記事を参考にセミグラスコックピットを導入しましょう。

B767シリーズは,JALグループの中で広く使われてきた機体です。 その中で300ERは,MD-11やDC-10の後継機として導入され,B747-400の退役後はJAL国際線のほとんどの路線で使われました。 現在では,国内と国際両路線で広く使われています。 ...
セミグラスコックピットを導入した操縦席

滑走路上のウイングレット付きANA B767-300ER

機体番号は,国際線仕様のウイングレット付き機体1号機です。

国内線とはいえ成田空港を起点にしている路線が多いので,成田34番滑走路に駐めてみました。

まとめ

JALのB767-300ERにつづき,国内線でも活躍している機体をインストールすることができました。

すばらしいフリーウェアデータを提供していただいた皆さんに感謝いたします。

ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 慌てん坊健さん より:

    simmarket からダウンロードしたファイルをP3dのどのファイルにコピーするのか
    教えてください。prepar3dv3 をやっています。

    • pbook.jp より:

      私はP3Dを持っておりません。
      申し訳ありませんが,私のところでは確認できないので正確な回答ができないことをご容赦ください。

      なお,こういう記事があるので,参考になさってください。

      Webページですからブラウザーの翻訳機能を使えば日本語で読めます。

      https://www.prepar3d.com/add-ons/

      この記事の記載によると次のように機械翻訳できます。

      航空機のアドオンのインストール手順
      Prepar3Dの航空機アドオンをインストールするには、いくつかのファイルを既存のPrepar3Dフォルダにコピーする必要があります。ほとんどの場合、ファイルを上書きすることは適切ではありません(つまり、コピーされているものと同じ名前のファイルがすでにディレクトリに存在する場合、既存のファイルを新しいファイルで上書きしないでください)。

      ほとんどの航空機のアドオンには、以下のフォルダがあります。

      機体名(F-35 Lightning IIなど)に基づいて名前が付けられた「Aircraft_Name」フォルダは、
      Prepar3Dゲージファイルが格納されているフォルダ、 “ゲージ”
      Aircraft_Nameフォルダとそのすべての内容は、次のフォルダにコピーする必要があります
      。C:\ Program Files(x86)\ Lockheed Martin \ Prepar3D \ SimObjects \ Airplanes

      2番目のフォルダ(通常は* .cab、* .dll、* .gauファイル)の内容のみをC:\ Program Files(x86)\ Lockheed Martin \ Prepar3D \ Gaugesフォルダにコピーする必要があります。

      いくつかの航空機アドオンには* .fxファイルが含まれています(通常、「Effects」という名前のフォルダにあります)。そのようなアドオンの場合、 “Effects”フォルダの内容は次のフォルダにコピーする必要があります
      。C:\ Program Files(x86)\ Lockheed Martin \ Prepar3D \ Effects