スポンサーリンク

JAL国際線の双発化の先陣B777-200ER

JAL国際線の双発化はB777-200ERから始まりました。

3機の中距離仕様の777ERが東南アジア線を皮切りに就航しました。

その後,導入された8機の長距離仕様機でパリ,アムステルダム,モスクワ線などに就航していきました。

現在のJAL長距離国際線は,その後に導入されたB777-300ERとともにこの200ERが支えています。

FS2004の国内航空会社の機材充実のために導入しましょう。


B777-300ERと供にJAL国際線を支えるB777-200ER

B777-200ERから始まったJAL国際線の双発化

JAL国際線の双発化はB777-200ERから始まりました。

3機の中距離仕様の777ERが東南アジア線を皮切りに就航しました。

その後,導入された8機の長距離仕様機でパリ,アムステルダム,モスクワ線などに就航していきました。

現在のJAL長距離国際線は,その後に導入されたB777-300ERとともにこの200ERが支えています。

しかし,2019年からは後継機のA350の導入が始まるので,その後は徐々に姿を消していくのかもしれません。

B777-200ER (JA706J) by Hideki Abe Photo from flickr

FS2004用のJAL B777-200ER

FS2004用のJAL B777-200のダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

FS2004用のJAL通常塗装のB777-200はFlightsim.comからダウンロードします。

データファイル名は,

ssp772v2_ge90--l_japanairlines_ja711j_nc.zip

です。

Flightsim.comから引用

機体のインストール

ダウンロードしたフォルダーの中にある”SSP772V2_GE90–L_JapanAirlines_JA711J_NC”フォルダーを,FS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーするだけでインストールは終了します。

展開したフォルダー

FS2004での表示

フライトの作成画面

バリエーションの”Livery Branding”とは,訳に自信はありませんが「ブランド仕様(通常塗装)」という意味かもしれません。

操縦席

デフォルトのB777のようです。

仮想コックピットはありません。

B777-200ERの操縦席画像

滑走路上の機体

成田線を中心に活躍している機体ですから成田34番滑走路に駐めました。

まとめ

JALの国際線機材の塗装は,これで一段落です。

けれども少し前の時期,楽しい装飾塗装の機体が多く見られました。

Flightsim.comにも,それらが発表されていますので,順次ご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク