スポンサーリンク

引退が近いJALの国内線を支えるB777-200

国内線の主力機だったDC-10の後継機種として1990年代初頭に選定されたのがB777-200です。

今では,羽田発のJAL国内幹線の機材として12機が就航しています。

2019年からはA350-900の導入が始まるので,もうすぐ引退が始まります。

FS2004の国内線の主役のひとつとして導入しておきましょう。


JALの国内幹線機材となったB777-200

もうすぐ引退が始まるJAL国内線の主要機材

B777シリーズは,国内線の主力機だったDC-10の後継機種として1990年代初頭に選定されました。

1996年から導入が始まり,スタージェットと命名されて国内線を飛びました。

今では,羽田発のJAL国内幹線の機材として12機が就航しています。

導入から20年を超えることから,2019年からはA350-900の導入が始まり,もうすぐ引退が始まります。

私が,FS98でフライトシミュレータを始めた頃に,最新鋭機といわれていたのが,懐かしく思い出されます。

最近では特殊塗装が施される機体が多くなりました。

そのなかに,ディズニーランド塗装があります。

B777-200 JA8985 by hiroairlines Photo from flickr

B777-200 JA8985 by hiroairlines Photo from flickr

FS2004用のJAL B777-200

FS2004用のJAL B777-200のダウンロードとインストール

機体データのダウンロード

FS2004用のJAL通常塗装のB777-200を作るためのデータは2つあります。

どちらもFlightsim.comからダウンロードします。

通常塗装に近い,オリンピック応援塗装データファイル名は,”posky_772_jal_ja8978_tokyo.zip”です。

Flightsim.comから引用

このデータは,機体データが別にダウンロードが必要です。

このデータに合う,最近リリースされたFS2004用の基本機体としてディズニーランド特殊塗装機のデータである”ssprit777_happiness.zip”が見つかりました。

Flightsim.comから引用

機体の調整とインストール

2つのファイルからJALのB777-200機体を作る

2つのファイルをダウンロードしたら適当な場所に展開します。

SSprit777_Happiness”フォルダーの中には,FSX用の機体も入っています。

FS2004用は,”SSP772V2_JAL_HAPPINESSISHERE_TDL”フォルダーです。

展開した”posky_772_jal_ja8978_tokyo”フォルダーの中にある”texture.ja8978_TOKYO2020”フォルダーを”SSP772V2_JAL_HAPPINESSISHERE_TDL”フォルダーにコピーします。

aircraft.cfgの編集

つぎに”SSP772V2_JAL_HAPPINESSISHERE_TDL”フォルダー内にある”aircraft.cfg”を編集します。

機体作成者の方が提供されている”aircraft.cfg”に記載されている機体登録番号からこれらの機体がB777-200であると判断できたのですが,200ERと記載されている部分があります。

FS2004を起動したときに200ERと表示されることを防ぐために,一部修正をおこないました。

編集内容を一つにまとめると次のようになります。

aircraft.cfgの編集画面 かなり複雑です(^^;)

複雑なので,編集した”aircraft.cfg”をここからダウンロードできるようにしました。

こういうことができるのも200と200ERの寸法が全く同じだからです。
厳密に言えば,airファイルの内容がつがうのでしょうけれど(^^;)

機体のインストール

調整の済んだ”SSP772V2_JAL_HAPPINESSISHERE_TDL”というフォルダーを,FS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーします。

次に,”Effects”フォルダーをFS2004フォルダーにコピーします。

重複するファイルが出た場合は,新しい方を残してください。

これで,インストールは終了です。

FS2004用機体のインストール模式図

FS2004用機体のインストール

FS2004での表示

フライトの作成画面

定義ファイルを調整したので,機体は航空機メーカーが”Boeing”で登録されています。

オリンピック応援の通常塗装と元になった特殊塗装機体が一つの場所から選べます。

機体製作者は,説明中に記載を残しています。

オリンピック応援の通常塗装機選択画面

ディズニーランド特殊塗装機の選択画面

ディズニーランド特殊塗装機の選択画面

操縦席の画面

デフォルト計器を使った操縦席です。

仮想コックピットは,表示されません。

JAL B777-200の操縦席

滑走路上のJAL B777-200

やはりこの機体は羽田の34R滑走路におきましょう。

オリンピック応援の通常塗装機の画像

オリンピック応援の通常塗装機

ディズニーランド特殊塗装機の画像

ディズニーランド特殊塗装機

まとめ

この機体は,現在羽田~伊丹,羽田~新千歳,羽田~福岡,羽田~那覇で運行されています。

国内線フライヤーである私としては,ANAの機材と供によく使うことになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク