スポンサーリンク

JAL国際線の名脇役 B787-9

JAL国際線の大黒柱であるB787-8を支える形で活躍しているのがこのB787-9です。

特にボストン,シドニー,フランクフルトなど長距離国際線で使われています。

FS2004での長距離フライト用にインストールすることにします。


JAL国際線の脇役になっているB787-9

JALのB787は,ANAと異なりエンジンにGEnx-1Bを選択しています。

GEエンジンの特性で一時就航できない路線があったものの,対応策がだされて支障なく運航できるようになりました。

現在では,25機のB787-8を補う形で長距離国際線の乗客の多い路線に9機が使用されています。

FS2004用のB787-9

B787-9データのダウンロードとインストール

機体データパッケージのダウンロード

比較的新しくリリースされたデータだからか,この機体にはWiFiアンテナが装備されています。

データはFlightsim.comから”tds_boeing_787-9_genx_japanairlines_ja861j.zip”というファイルをダウンロードします。

このデータパッケージには,FSX用の機体も入っています。

機体データのインストール

ダウンロードしたファイルを適当な場所に展開します。

このデータパッケージは,FS2004用とFSX用のデータが別々のフォルダーに収納されています。

FS2004用は,”Boeing 787-9 Dreamliner GEnx”というフォルダーです。

このフォルダーを,FS2004の”Aircraft”フォルダーにコピーします。

次に,effectsフォルダーをFS2004フォルダーにコピーします。

重複するファイルが出た場合は,新しい方を残してください。

これで,インストールは終了です。

FS2004での表示

フライトの作成画面

この機体は航空機メーカーが”Boeing”で登録されています。

操縦席の画面

デフォルト計器を使った操縦席です。

仮想コックピットは,翼しか表示されません。

グラスコクピットの導入

JALのB787-9には,HUDが装備されています。

ANAのB787-9に導入したグラスコックピットを導入しました。

導入の方法は,私の記事を参考にしてください。

B787は現在ANAの中長距離国際線を支える機材になっています。 しかし,日本でのデビューは2014年8月の国内線でした。 なかでもB787-9のような大型機材は,国内線になじむのかなと考えていたら,5つの路線に就航していたのは驚きでした。 B787-9...
FS2004用のANAB787-8は,飛行姿勢に特徴のある美しい機体です。 操縦席は,安定して稼働するデフォルト計器を使ったものです。 この操縦席を実機のコックピットのようにグレードアップするデータが提供されていますのでご紹介します。 インストールに少し...
導入したB787-9用のグラスコックピット

導入したB787-9用のグラスコックピット

滑走路上のANA B787-9

成田空港を起点にしている路線が多いので,成田34番滑走路に駐めてみました。

この機体は,背中にWiFiアンテナが装備されているのがわかります。

JALの機体は全体が白いので,TDS製作の機体は陰影があって実感がありますね。

成田34滑走路上の JALB787-9

成田34滑走路上の JALB787-9

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク