スポンサーリンク

サンアーク塗装の JAC DHC-8-Q400もあります

JACのQ400は鹿児島空港と南西諸島を結ぶ路線で大活躍しています。

以前の記事でJACがQ400を導入したころの初期塗装を紹介しました。

今回,サンアーク塗装が見つかったのでご紹介します。


南西諸島の空路を支えるQ400をFS2004で再現しましょう(2)

南西諸島航空路の主役Q400

私は,現在の真っ白な塗装よりも初期の3色尾翼塗装やサンアーク塗装の方が好みです。

そのサンアーク塗装が見つかったので早速インストールすることにしました。

Photo from flickr

FS2004用JACのQ400 サンアーク塗装機体データ

FS2004用のサンアーク塗装の機体データがありました。

Flightsim.comから”sjd8jac.zip”というファイルです。

この機体は,”Steve Drabek”さんという方が,リペイントデータを作成されています。

機体データのインストール

この機体もインストールで問題が起きました

ダウンロードして展開したフォルダーをみると,機体データやパネルも含まれた基本機体データのようでした。

しかし,この機体も先の初期塗装のQ400と同じく,インストール方法の指示どおりFS2004の”aircraft”フォルダーに入れても機体選択画面に表示されませんでした。

問題の解決方法は先のQ400と同じです

このJACの機体は,ANAのトリトンブルーやJAC初期塗装Q400の機体と同じ”Dream wing”グループのものです。

そこで,先に調整して導入していたANA Q400 トリトンブルーのフォルダーにインストールしました。

国内の地方空港を結ぶ路線で大活躍のターボプロップ機,それがDHC-8-Q400です。 細長い胴体と同じように細いちいさなエンジンの機体です。 Qというのは静かなと言う意味なのだとか。 とにかく,現在の国内の空港では,存在感のある機体です。 ...
具体的なインストール方法
テクスチャーフォルダーのコピー

まず”sjd8jac.zip”を展開してできた”sjd8jac”フォルダーを開きます。

中にある,”texture.jac”というフォルダーを同じフォルダー内でコピーし,”texture.jacsun”と言う名前に変更します。

Windows10は,フォルダーの名前の大文字と小文字を区別しません。

そのため,はっきりとわかる形でフォルダー名を変えておく必要があります。

名前を変えた”texture.jacsun”フォルダーをANA Q400のフォルダーである”\FS2004\Aircraft\Dreamwings Dash 8 -Q400_ANA”にコピーします。

機体が3種類入ったのでDreamwings Dash 8 -Q400_ANAをDreamwings Dash 8 -Q400_JAPANに変更しておくのもいいですよ。
フォルダー名を変更しても,全く問題はありません。
aircraft.cfgの編集

つぎに,JAC サンアークの機体定義部分を,JAC初期塗装の機体の次に挿入します。

メモ帳で,”Dreamwings Dash 8 -Q400_ANA”の中にあるaircraft.cfgを開きます。

[fltsim1]の部分を選択してコピーし,選択した部分の次の場所に貼り付けます。

つぎに,以下のとおり書き換えます。

[fltsim.1]の部分を[fltsim.2]に

texture=jacsunに

ui-variation=Japan Air Commuter JA843C Sun

というように書き換えます。

最後のui-Variationの部分は,お好みで変更してください。

これを上書き保存すれば作業は終わりです。

FS2004での表示

機体選択画面

ANAのトリトンブルー機体,JAC初期塗装の次に,ちゃんと表示できました。

なおこの機体の登録番号は,変更できません。

鹿児島空港のQ400

遠くに桜島を望む方角から表示してみました。

これで,さらに南西諸島へのフライトが楽しくなりますね。

まとめ

本来ならば,制作者の意向を尊重して機体をインストールしたかったのですが,初期塗装のQ400と同様,うまくいかなかったため今回も緊急避難として調整することで使えるようにしました。

制作者の方には,この場を借りてお詫び申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク