スポンサーリンク

サンアーク塗装ですがJALのERJ-170があります

ERJ-170は,国内ではJALグループのJ-Airが運行しています。

ロゴのみのシンプル塗装で運行していますが,フリーデータでは見つけることができませんでした。

けれども,架空のサンアーク塗装機体が見つかったので紹介します。


架空ですがサンアーク塗装のJAL ERJ-170があります

私は,旅客機データの参考書にしているイカロス出版の「日本の旅客機」というムックがあります。

最新号は,まだ購入していないのですが,2016-2017年版でみると,国内でERJ-170/190を導入しているのは,JALグループのJ-Airだけでした。

日本航空のサイトでも,JALのERJ-170/190は存在していません。

FS2004用のフリーデータのERJ-170

Flightsim.comから基本機体データ,リペイントデータ,パネルデータをダウンロードします。

データのダウンロード

基本機体データ

基本機体データのファイル名は,”dw170bas.zip”です。

青いBマークの付いた基本機体データですから,インストールは簡単です。

Flightsim.comから引用

リペイントデータ

リペイントデータのファイル名は,”jal170.zip”です。

レジは,架空ですから”JA736X”になっています。

Flightsim.comから引用

パネルデータ

基本機体に付いているパネルデータは,B737-400のものです。

ERJ-170用のパネルがあるので,それをダウンロードします。

ファイル名は,”em17kmpn.zip”です。

機体データのインストール

基本機体データのインストール

ダウンロードしてきたファイルを展開すると,もう一つZipファイルが出てくるので,それを展開します。

dw170bas.zipを展開したフォルダー

展開してでてきた数段階のフォルダーの最後にある”Dreamwings Erj 170”というフォルダーをFS2004のaircraftフォルダーにコピーするだけです。

数段階のフォルダー構造は,デフォルトインストールを想定しているので,合わない場合がありますから,注意しましょう。

ドラッグ・アンド・ドロップでインストールできます。

詳しくは,次の記事を参考にしてください。

Flightsim.comやAVSIM.libraryには,魅力的なフリー・データ機体があります。 インストールの方法がわからないから,使わないというのはもったいない話です。 機体によってはインストールが簡単なモノがあります。 すぐに使える機体の選び方を...

リペイント塗装データのインストール

“jal170.zip”を展開したフォルダーの中にある,”texture.jal”というフォルダーを先ほどインストールした”Dreamwings Erj 170”フォルダーにコピーします。

つぎに,”Dreamwings Erj 170”内にある”aircraft.cfg”を編集します。

編集といっても,”jal170.zip”を展開したフォルダーの中にある,”Readme.txt”というファイル内にある記述をカット&ペーストするだけです。

コピーしたら[Fltsim.xx]を編集して[fltsim.1]にしましょう。

あとは,aircraft.cfgを上書き保存します。

これで,塗装データのインストールは終わりです。

パネルデータのインストール

つぎにパネルデータのインストールを行います。

まず,バックアップのために”Dreamwings Erj 170”内にある”Panel”フォルダーを”Panel_org”という名前に変えます。

つぎに”em17kmpn.zip”を展開してできたフォルダーの中にある”Panel”フォルダーを,”Dreamwings Erj 170”内にコピーします。

このパネルには,オリジナル計器があるので,ゲージデータのインストールが必要です。

ゲージデータのインストール

”em17kmpn.zip”を展開してできたフォルダーの中にある”Guage”フォルダーの中のファイルをFS2004にある”Guage”フォルダーにコピーします。

同じ名前のファイルがある場合には,警告ダイアログが表示されるので,日付が新しいファイルの方を残しましょう。

これで,パネルデータのインストールが終了しました。

FS2004の表示

機体選択画面です。

続いて操縦席です。

この操縦席は,すこし凝っていてオーバヘッドパネルを次のように表示できます。

かっこいいですよ。

最後に,滑走路上の機体外観を紹介して終わりにいたします。

架空塗装ですが,サンアーク塗装は格好いいですね。

架空といっても胴体窓上の”JAPAN AIRLINES”を”J-AIR”に書き換えることができれば,実塗装というこになるのですが…

まあ,この機体用の新しいJ-Air塗装データが見つかるか,自分で修正するかということなのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク