スポンサーリンク

スコットランドにある砂地の空港に行ってみましょう

イギリスに砂地の空港があることは前にご紹介しました。

その空港のシーナリーがあったので,シミュレーターで行ってみることにしました。

私は,変わった空港が大好きなので,シーナリーを見つけたときからわくわくしてしまいました。

世界でも珍しい砂地空港の離着陸を楽しみましょう

イギリススコットランドのBarra空港

イギリスのスコットランドにあるBarra Airportは,世界でも珍しい自然海岸の砂地にある空港です。

この本,チャーリー古庄さんが書かれた「世界のビックリ空港探訪記」という本です。 私は,図書館でこの本に出逢い,ぜひ手元に置きたいと思って購入しました。 「世界のビックリ空港探訪記」より引用(EGPR) 砂浜を滑走路にしている空...

滑走路は,舗装されている訳でもなく砂地そのものです。

けれども滑走路は3本あり,駐機場もあります。

Barra Airportのチャートは,イギリスのAISからダウンロードできます。

イギリスの空港の出発・到着チャートの入手方法 National Air Traffic Servicesのサイト イギリスは正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」 United Kingdom of Great Britain and Northern I...

Barra空港の滑走路図

空港の駐機場の風景写真は,Skyvectorにあります。

Barra空港への飛行

近くの空港は Benbecula Airport(EGPL)なので,ここからBarra Airportに飛ぶことにしましょう。

Skyvectorで,コースと距離を確認しました。

機材はやはりツインオッター

Barra空港のようなローカル空港に離着陸するのは,丈夫な飛行機が必要です。

幸いなことに,どんな飛行機が就航しているのは,写真をみれば一目瞭然でした。

丈夫な飛行機の代表格であるDHC-6ツインオッターです。

Photo from flickr

DHC-6のFS2004用機体データ

Flightsim.comに”dhc6_twin_otter_winair.zip“というファイルがあります。

青いBマークは付いていませんが基本機体ですから,インストールは簡単です。

Flightsim.comから引用

商用機体もあるので,私の記事を参考にしてください。

ブッシュオペレーターに人気のDHC-6ツインオッター DHC-6は,1973年から2006年まで,日本の離島航路を支えた旅客機のひとつです。 DHC-6-300を機材として使っていたのは,南西航空,琉球エアコミューター,日本近距離航空,エアーニッポンそ...

Barra空港のFS2004用データ

Flightsim.comから”my_barra_v2.zip”というファイルをダウンロードしましょう。

ファイル名から作った方の思い入れが,うかがわれます。

Flightsim.comから引用

ダウンロードしたファイルを展開したフォルダーにる”Readme !.txt”に”My Barra V2”フォルダーを,Addon Sceneryフォルダーに入れるようにとの指示があります。

FS2004に認識させるにはシーナリーライブラリ登録が必要なようです。

空港の風景

飛行距離は28nmですから,すぐに到着します。

低空から接近してみました。

このシーナリーは,フォトシーナリーといくつかのオブジェクトで構成されていました。

上空から見ると,海岸にあるフォトシーナリーでしかも干潮時のものなので,デフォルトシーナリーの海面との境目が,わかりすぎるのが残念です。

飛行すればすぐにわかるので,紹介画像では境目がわからないように撮影しました(^^;)

Barra空港の近景

空港ターミナル付近

着陸して空港ターミナルを見てみました。

消防車が2台駐車していました。

FS2004の飛行場マップを表示してみると,残念ながら滑走路はRW33の1本しか表示されていませんでした。

私は空港データの調整のやり方に詳しくはないので説明できないのですが,AFCADを使えば滑走路2本追加することができるのではないでしょうか。

なかなか行くことができない遠隔地の空港ですが,フライトシミュレーターを使えば楽々行けるのはいいですね。

なお,Barra空港については,FSXとX-plane10用のBarra空港もリリースされており,風景や空港ターミナルが改良されていることを付記しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク