ナイアガラの滝を優雅に昼と夜2度楽しむ方法

MSFS

ナイアガラの滝といえばカナダのオンタリオ州とアメリカ合衆国のニューヨーク州とを分ける国境にある有名な滝です。ここは有数の観光地であり遊覧船やロープウェイなどの施設があります。この地域を空から遊覧することができるようにしてくれるシーナリーが公開されています。夜にはライトアップされるので昼と夜の2回楽しめるようになっています。フライトプランを作成したのでAIを使ってナイアガラ観光を優雅に楽しみましょう。


昼と夜で二度楽しめるナイアガラの滝と周辺施設

ナイアガラの滝といえばカナダのオンタリオ州とアメリカ合衆国のニューヨーク州とを分ける国境にある有名な滝です。

滝とその周辺には数多くの観光地があり滝巡りの遊覧船や川を渡るロープウェイなどがあります。

ナイアガラの滝についてはWikipediaの記事をはじめとしてたくさんの紹介ページがあります。

この区域の航空図を見ると下の画像のようにたくさんのモニュメントや送電施設があることがわかります。

Skyvectorより引用

ナイアガラ周辺シーナリー

滝と周辺地域の施設を空から遊覧することができるように,カナダ側から出発するセントキャサリンズディストリクト空港(CYSN)と滝周辺施設が一緒になったシーナリーが公開されています。

このシーナリーでは夜になると滝とその周辺がライトアップされるので昼と夜の2回楽しめるようになっています。

そして空港から滝を巡り空港に戻るフライトプランを作成したので,AIを使ってナイアガラの滝観光を優雅に楽しみましょう。

シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

データのタイトルは”Niagara District CYSN“で,Fligtsim.toからダウンロードします。

Niagara District CYSN » Microsoft Flight Simulator
✓ Niagara District CYSN is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by MazerMart. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.

空港格納庫にある航空機を表示して滝を訪れる観光客とライトアップをするために1つの機体と2つのライブラリーが必要です。

3つともFligtsim.toからダウンロードできますので,あらかじめ導入しておきましょう。

MSFS2020 Rockwell Aero Commander 500S » Microsoft Flight Simulator
✓ MSFS2020 Rockwell Aero Commander 500S is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by donfanucci. Download for free to enhance your experience in MSFS 202...
Dave's 3D People Library » Microsoft Flight Simulator
✓ Dave's 3D People Library is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by BadMed. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.
Mikea.at - AssetPack » Microsoft Flight Simulator
✓ Mikea.at - AssetPack is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by Mikea.at. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.

インストール

ダウンロードした4つのデータを適当な場所で展開します。

シーナリーとライブラリーは”scenery”,機体は”Simobject”が中にあるフォルダーを,MSFSのCommunityフォルダーにコピーすれば導入作業は終了です。

フライトプランのダウンロードとインストール

私が作成したナイアガラの滝遊覧飛行のフライトプランは,下の画像のとおりです。

プランはこちらからダウンロードできます

この程度のプランであれば,慣れると数分で作成できますので練習として自作してみるのも良いかもしれません。

ダウンロードして展開した”NIAGARAFALL.PLN”を”C:\Users\[YourUserName]\AppData\Local\Packages\Microsoft.FlightSimulator_8wekyb3d8bbwe\LocalState”にコピーして利用します。

詳しい作業はつぎの私の過去の記事を参考にしてください。

ナスカの地上絵を優雅に楽しむ方法
ペルーにあるナスカの地上絵は空からでなければ眺めることができない史跡です。この地上絵を楽しむには「飛行機を操縦しながら地上を眺める」という普通であれば不可能な芸当が必要です。MSFSを使えば飲み物片手にナスカの地上絵を優雅に眺めるこ...

MSFSでの遊覧飛行

遊覧は低速で2000ft以下の低空を飛ぶので,機体はセスナ152または172を使います。

AIが自動操縦するので機体にオートパイロット装備がなくても遊覧飛行ができます。

セントキャサリンズディストリクト空港内の見学

空港全体の外観です。

画像左側の格納庫に写真が展示されています

空港内の2カ所の格納庫にはカナダの女性写真家である”ILANABLOCK“さんの写真が展示してあります。

格納庫内に写真が展示してあります

格納庫を眺める角度によって写真の場所が判ります

北側の格納庫内には写真と一緒にエアロコマンダーがあります。

北側の格納庫です

こことは別に彼女の作品を紹介しているページがあるので是非ごらんください。

2つの格納庫の間にはターミナルと売店があります。

写真展示の案内板も見えます。

 

遊覧飛行

さてAIにすべてを任せてフライトを始めましょう。

フライトプランに設定したPOIを順番に巡っていくので,ドローンカメラをつかって眺めましょう。

見逃してしまいそうならば,アクティブポーズをつかって飛行を中断し,じっくり眺めてください。

フライトプランに従って実際に飛行した経路は,下の画像のようになります。

Flightshareで記録した実際の飛行経路です

では,順番に見所をご紹介します。

出発するとすぐにウェランド運河と水門が見えます。

ウェランド運河と水門です

そしてクイーンズトン・ハイツ・パークにあるブロックの記念碑に向かいます。

公園内にある記念碑が最初の経由地です

川にかかるガーデンシティスカイウェイブリッジが見えます。

ガーデンシティスカイウェイブリッジが見えます

前方には次の経由地(POI)である”Whiripool Aero Car”という川を渡るロープウェイが見えてきます。

ロープウェイは前方の川にあります

ロープウェイは小さいので,一時停止させて探してみてください

息をつかせぬくらい多くの見所が集中しています。

ロープウェイを過ぎるとすぐにナイアガラの滝です。

滝のそばの展望台や川の中の”霧の乙女号“という名前の遊覧船,ナイアガラレインボーブリッジなど順番に見ていってください。

レインボーブリッジと滝の全景です

滝の前にいるのが”霧の乙女号”という遊覧船です

ナイアガラレインボーブリッジです

手前の滝にある展望台と滝の前の遊覧船です

なお,ナイアガラレインボーブリッジの上下に空飛ぶ車が見えます。

気になったときには,シミュレーターの設定で陸上交通量を”なし”にすれば消えます。

昼のナイアガラの滝を楽しんだら,夜に変更してみましょう。

下の画像はナイアガラの滝に向かう夜景です。

南に向かって飛んでいるので”さそり座”の星々がみえます

カラフルにライトアップされた滝とその周辺を見ることができます。

ライトアップされたロープウェイです

滝周辺のライトアップの様子です

実際の滝もこのようにライトアップされているようです

遊覧船にはたくさんの乗客が乗っています

さてフライトもエンディングです。

出発地に戻ってきました

2種類の機体でAIで飛行してみましたが,152では着陸に失敗してしまいました。

機体によってコントロールがきかないことがあるのでしょう。

まとめ

MSFSのAIとアクティブポーズが安定したことで,ますます遊覧飛行がしやすくなりました。

そして,夜空には季節に対応する星座まで再現されていることがわかったので感動しています。

このことは天測航法に頼った昔の飛行を再現することが可能なのかもしれません。

これからますますMSFSが充実していくのではないかと期待がたかまります。

Enjoy Flight!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました