スポンサーリンク

松山空港を「らしく」するシーナリー

MSFSデフォルトの松山空港は周辺の景色を含めて,空港らしくありません。何故かといえば空港に隣接する帝人の事業所プラントが全く再現されていないことと空港には管制塔もなく板のようなターミナルがあるだけだからです。これを現実の松山空港らしく修正してくれるシーナリーがあります。作者は「精度が低く雰囲気を作った」とおっしゃっておられますが,飛行するには問題なく使えます。


松山空港のターミナルと周辺の景色を修正するシーナリー

MSFSデフォルトの松山空港は周辺の景色を含めて,空港らしくありません。

空港ターミナルには管制塔もなく板のようなターミナルがあるだけです。

デフォルトの松山空港ターミナルと見当たらない帝人事業所プラント

また空港に隣接する帝人事業所のプラントが全く再現されていないからです。

デフォルトの松山空港全景です 帝人事業所プラントがないと目標物が全くありません

松山空港らしく修正してくれるシーナリー

このシーナリーは,Googlemapから作成されたシーナリーで解像度があまりよくありません。

しかしながら飛行機からみる場合には全く問題なく使えます。

シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

データのタイトルは”Japan/Matsuyama International Airport (RJOM)“でFlightsim.toからダウンロードします。

Flightsim.toから引用

✓ Matsuyama Airport (RJOM) is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by TOSHICHAN310. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.

インストール

ダウンロードしたデータファイルを適当な場所で展開します。

中に”scenery”フォルダーの入っている”Rjom Ver1.0“フォルダーをMSFSのCommunityフォルダー内にコピーすれば作業終了です。

MSFSでの表示

まずは,ターミナルビルです。

管制塔とターミナルビルの形状が再現されており,隣接する帝人事業所のプラントも再現されています。

管制塔がある立体的なターミナルビルと隣接するプラントが見えます

建物に近よるとテクスチャーの乱れが目に付きますが,しかたがないことでしょう。

近寄るとテクスチャーの乱れが目に入ります

このプラントは西側からVFRで松山空港にアプローチするときには良い目印になります。

周回経路からみる松山空港

滑走路自体には手を加えておられないようです。

まとめ

このシーナリーは,細かく作り込まれた空港ターミナルを眺めて楽しむというものではなく,松山空港にアプローチする時に目標となるよう作成されています。

そういう目的で割り切って使うことで,このシーナリーの良さが判ります。

公開していただいた作者の方にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

Enjoy Flight!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク