ハワイの建物を充実させる方法

X-Plane11

フォトシーナリーを導入して地形と地表の表現を整えたらつぎに地上オブジェクトを追加しましょう。まずハワイの玄関口であるホノルル国際空港シーナリーとハワイの橋や建物群を充実させるオーバーレイデータが公開されています。またハワイの山には天文台が数多く設置されているので,このオブジェクトを追加するでデータもあるので併せてご紹介します。


ハワイのフォトシーナリーを一層充実させるオブジェクトシーナリーを導入する

先の記事でハワイのフォトシーナリーを導入する方法を説明しました。

けれども先に導入したフォトシーナリーとw2xpデータだけでは,ホノルル空港周辺の珊瑚礁やホノルル市街地や真珠湾にあるフォード島の橋などは表示されません。

そこで詳細なフォトシーナリーを下敷きに作成されているホノルル空港シーナリーが公開されているのでこれを導入します。

さらに,これだけではカバーしきれない建物や橋,天文台やハワイ周辺の海洋動物を追加するデータが公開されており,これらを導入することでハワイの中小の飛行場を除く基本的なシーナリー環境を整えることができます。

ハワイのオブジェクトシーナリー

ダウンロードとインストール

ダウンロード

ホノルル空港,ハワイオーバーレイ,ハワイ天文台の3つのシーナリーをX-Plane.orgからダウンロードします。

これらのシーナリーのほかに,これから導入するカスタム空港シーナリーを表示するためのライブラリーとプラグインは次のとおりです。

この際ですから,先に導入してしまいましょう。

導入先は,私のライブラリーリストページをご覧下さい。

MisterX Library
OpensceneryX
Ruscenery
FF Library
The Handy Objects Library
3D people library
RE_Library
RA_Library
Flags of the USA States
Real Flag II
Sea Life library
CDB library
Pm Library
R2 library
World models library
zzz_new_zealand_overlay
Autogate
ホノルル空港シーナリー

タイトルは”Honolulu Intl. – PHNL 1.4“です。

ダウンロードリンクをクリックすると2つのリンクが表示されるので,2つともダウンロードしましょう。

 

X-Plane.orgより引用

Honolulu Intl. - PHNL
Hi Guys and thanks for downloading 😉 This is V1.4 of my Honolulu Intl. or Daniel K. Inouye International Airport, as it's called since April 2017. This scenery ...
地上オブジェクトを追加するシーナリー
ハワイオーバーレイシーナリー

タイトルは”Hawaii Overlay Scenery – XP11 only 1.0.0“です。

このシーナリーは,w2xpデータで不足している建物や橋を追加するシーナリーです。

X-Plane.orgより引用

Hawaii Overlay Scenery - XP11 only
Overlay scenery for Hawaii. For use with orthophoto sceneries like RealScenery Oahu. Made with XP11, so it only works with XP11. Works with:
ハワイ天文台シーナリー

タイトルは”Hawaiian Telescopes & Observatories 1.0.0“です。

タイトルは天文台と望遠鏡になっていますが,wedで調べたところ,ハワイの建物や樹木,イルカなどの海洋生物を追加するシーナリーです。

このシーナリーで追加されるオブジェクト

X-Plane.orgより引用

Hawaiian Telescopes & Observatories
This scenery package includes one of the major astronomical observatories : The Mauna Kea, home of some major telescopes. The Subaru, The Keck, the Gemini north...

インストール

ホノルル空港シーナリー

ダウンロードした2つのデータ”Honolulu Intl – PHNL 1.4 XP11.zip”と”Honolulu Intl – PHNL 1.4 XP11.z01″を適当な場所で展開します。

2つのファイルは”Honolulu Intl – PHNL 1.4 XP11”というフォルダーに統合されます。

出来上がった”Honolulu Intl – PHNL 1.4 XP11“フォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

地上オブジェクトを追加するシーナリー
ハワイオーバーレイシーナリー

できあがった”hawaii_overlay“フォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

ハワイ天文台シーナリー

展開して出来上がったフォルダー内にある”To be copied in Xplane Custom Scenery folder“を開き”Telescopes – Hawaii“フォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

なお,このシーナリーにはフォトシーナリーを作る時に使うOSMパッチデータが入っています。

このパッチデータを使えば天文台近くの地形を修正し電波望遠鏡が浮き上がったりヘリポートオブジェクトが埋もれてしまうことがなくなります。

このヘリポートはX-Planeのヘリポートとして設定されていません。

けれどもこのデータを使わなくても上空から見る天文台オブジェクトにはかなり接近しない限り違和感はないので,パッチデータを使わなくても大丈夫です。

ちなみにこのデータを使ってUSA2ベースでフォトシーナリーを作成したものは新しいデータを元にしたからなのか少し地表面に雲がかかってしまいます。

X-Plane11での表示

ホノルル空港は,ターミナルや空港施設が充実するほか周辺の珊瑚礁が美しく表示されます。

ホノルル国際空港と真珠湾の遠景です

真珠湾には,海軍の艦艇やフォード島にかかる橋が表示されます。

フォード島の橋や艦艇が表示されます

ホノルル市街地の建物もかなり増えています。

市街地のビル群はかなりの量になります

ハナウマ・ベイ自然保護区周辺の町並みの建物も表示されます

ハワイ島にあるマウナ・ケア天文台も表示できました。

山頂付近の天文台です

まとめ

ハワイの地形と地表そしてオブジェクトを導入できました。

ここまででも,デフォルトシーナリーで中小飛行場を訪ねることができますが,ハワイの飛行場はカスタムシーナリーが充実しています。

次の記事ではハワイにあるたくさんの飛行場を導入することにしましょう。

X-Plane11で使える飛行場データを調べて使えるものをリスト化したので,次回はそれを報告いたします。

Enjoy Flight!


この記事で紹介しているシーナリーは,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.53で動作確認しています。

コメント

  1. KMT航空 より:

    こんにちは。ハワイの充実は楽しいですね。
    ところでPHNLのシーナリーを解凍しようとするとzipを通常に展開しても7-zipを使っても何やらエラーが出るようなのですが何か解決策などご存じでしょうか?

    • pbook より:

      私がダウンロードした2つのファイルを7zで展開するときにはエラーは発生しません。
      再度ダウンロードしてみてください。
      また記事を更新していますが,2つのファイルをダウンロードして統合する必要があります。
      お手数ですが,お試し下さい。

タイトルとURLをコピーしました