スポンサーリンク

ついに公開された東京ヘリポートシーナリー

MSFS初のヘリコプターであるH-135が普通に使えるようになり,日本国内で飛行している機体の塗装データが公開されています。そんな中でついに首都圏最大のヘリポートである東京ヘリポートのシーナリーが公開されました。機体はあっても出発基地がないという悩みから解放されるこのシーナリーを導入しましょう。


ついに登場した東京ヘリポートシ-ナリー

MSFS初のヘリコプターであるH-135のバージョンが日に日に改訂され,ごく普通に使えるようになりました。

また日本国内で飛行している機体について,警察,ドクターヘリなどの塗装データがすでに公開されています。

そんな中で首都圏最大のヘリポートである東京ヘリポートのシーナリーがタイムリーに公開されました。

機体はあっても出発基地がないという悩みから解放されるこのシーナリーを導入しましょう。

東京ヘリポートシーナリー

シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

データのタイトルは”Tokyo Heliport (RJTP)“で,Flightsim.toからダウンロードします。

Flightsim.toから引用

インストール

ダウンロードしたデータを適当な場所で展開します。

scenery“フォルダーが入っている”white-airport-rjtp-tokyoheliport“フォルダーを,MSFSのCommunityフォルダー内にコピーすれば導入は終了です。

現在のバージョンは0.1となっていて,私はタイトルの”white”はこれが初期バージョンということを表しているのではないかと推察しました。

MSFSでの表示

デフォルトのヘリポートから離陸することにしてフライトをスタートします。

ちゃんとヘリポートに機体が出現します。

これだけでもうれしいですね。

機体の周りを見渡すと,基地内の建物が表示されます。

まだ初期バージョンということで基地の周りには,奇妙な岩場やでこぼこが表示されたりしていますが,離陸には支障はありません。

防波堤の植え込みに当たる部分が岩場として表示されています

上空に上がって基地内の建物のテクスチャーを観察したところかなりぼやけていますので,このバージョンでは接近しない方が得策です。

ヘリポートの周りの建物もまだ整えられていないようです

ということですが1500ft以上に上昇してしまえば,全く気にならなくなります。

まとめ

私も広島ヘリポートが欲しいなと考えていますので,首都圏在住の方に取ってはこのシーナリーは,ヘリコプター遊覧の前線基地として重要な場所になると思います。

現在はバージョン0.1ですので,随時更新されて素敵なシーナリーに変わっていくのだと思います。

とりあえずという段階であっても,公開していただいた作者の方にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク