1992年の広島西飛行場を再現するシーナリーをいろいろなメッシュで楽しむ方法

X-Plane11

広島ヘリポートに変わる前の広島西飛行場シーナリーをSir.Jakeさんが公開されています。けれどもこのシーナリーは,これまでSir.Jakeさんが用意されたパッチデータを適用したOrtho4XPフォトシーナリーでしか利用できないというハードルがありました。フォトシーナリーになじめないという方もいらっしゃると思いますので,いろいろなシーナリーで使えるようメッシュデータとMUXPデータを作成しました。デフォルトシーナリーでも利用できるのでお試し下さい。


1992年の広島西飛行場シーナリーを楽しむために地形を変更する方法

広島ヘリポートに変わる前の広島西飛行場シーナリーをSir.Jakeさんが公開されています。

けれどもこのシーナリーは,これまでSir.Jakeさんが作成されたパッチデータを適用したOrtho4XPフォトシーナリーでしか利用できないというハードルがありました。

フォトシーナリーになじめないという方もいらっしゃると思いますので,広島西飛行場近くの埋め立て地を海に戻すメッシュデータとMUXPデータを作成しました。

作成したメッシュデータは,デフォルトシーナリーで利用できます。

また,メッシュデータを変更するためのMUXPデータも用意したので,HDやUHDメッシュでも利用できると思います。

1992年の広島西飛行場を再現するシーナリー

シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

1992年の広島西飛行場

まずSir.Jakeさんが作成された”1992年の広島西飛行場シーナリー(RJBH_Hiroshima-Nishi_1992.zip)“を入手して下さい。

飛行場シ-ナリーのある記事は,下の画像にリンクを貼っています。

この画像を探してリンクをクリックして下さい。

”X-Plane Japan Hangar”から引用

埋め立て地を海に戻すデータ

X-Plane11のデフォルトシーナリーで”1992年の広島西飛行場シーナリー”を使うために,現在埋め立てられてマリーナホップになっている場所を海に戻すデータパッケージを作りました。

データパッケージの概要は,マリーナホップの場所を海面に戻す地形データ海に戻した後でも表示されるデフォルト海岸を隠すシーナリーです。

データは,以下のリンクからダウンロードして下さい。

データ名は”XP_MeshRJBH.7z“です。

インストール

1992年の広島西飛行場

Sir.Jakeさんが作成された”1992年の広島西飛行場シーナリーについては,ダウンロードされたパッケージ内にインストールの説明があるので,よく読んでインストールして下さい。

埋め立て地を海に戻すデータ

ダウンロードした7zファイルを適当な場所で展開します。

出来上がったフォルダー内には次の3つのデータがあります。

zzz_RJBH1992_mesh:デフォルトシーナリー用のメッシュデータ
RJBH_1992_Def_patch:フォトシーナリー以外でSir.Jakeさんのシーナリーを使う時に利用するパッチデータ
RJBH_1992.muxp:メッシュを変更するためのMUXPデータ

デフォルトシーナリーで利用する時には,”zzz_RJBH1992_mesh“と”RJBH_1992_Def_patch“を使います。

なお,私が作成した”Hiroshima_City_Photo_1992“を利用されるのであれば,”RJBH_1992_Def_patch”の代わりに”RJBH_1992_patch“を使って下さい。

“zzz_RJBH1992_mesh”と”RJBH_1992_Def_patch”をX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

X-Plane11をスタートし,メインメニューが表示されたら,しばらくしてX-Plane11を終了します。

X-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にあるScenery packs.iniファイルをメモ帳で開きます。

“RJBH_1992_Def_patch”,”RJBH_Hiroshima_1992″の定義順を次のようにして,”zzz_RJBH1992_mesh”の定義を一番下に移します。

SCENERY_PACK Custom Scenery/RJBH_1992_Def_patch/
SCENERY_PACK Custom Scenery/RJBH_Hiroshima_1992/

(Last Line)
SCENERY_PACK Custom Scenery/zzz_RJBH1992_mesh/

編集が終わったら,ファイルを上書き保存すれば,導入作業は終了です。

X-Plane11での表示

まずデフォルトシーナリーでどのように表示されるかをご覧下さい。

“RJBH_1992_Def_patch”を使わないと,次の画面のように”Grobal scenery”の海岸が表示されてしまいます。

地形を海に戻しただけの画面です

海岸を隠すパッチを当てるとちゃんときれいな海面になります。

草津港の岸壁は,デフォルトのままです

ただし,海面の色については少し色合いが違っています。

この修正方法については,今のところ判っていません。

周辺の海と色合いの違う地形を修正した海面の色

ちゃんと水面になっているかどうか,Icon A5で水上走行してみました。

波もあって,ちゃんと水上滑走ができます

画面は私が作成した”Hiroshima_City_Photo_1992″を組み込んで表示したデフォルトシーナリーです。

“Hiroshima_City_Photo_1992″シーナリーは,次の記事内のリンクからダウンロードして下さい。

広島市街地をリアルに表現できる小さなフォトシーナリー
w2xpデータを使うと大半の建物は表現できるのですが,公園やグランドなどオブジェクトがない場所が空白や緑地になっていると違和感を感じてしまいます。X-Plane11で空白の地表をリアルに表現できるのは,フォトシーナリーです。けれども...

デフォルトシーナリーで表示したときでも,広島市街地に関してはOrtho4XPデータとほとんど違いはありません。

草津港の岸壁をはじめとして周辺の海岸もきれいに修正されます

まとめ

MUXPを使うことでOrtho4XP以外のメッシュデータでも結構簡単に海岸線の修正ができるようになりました。

そしてOrtho4XP,HDとUHDで,ほぼ共通の修正データが利用できるので,X-Plane11の地形変更がやりやすくなりました。

ますます,ちゃんとした飛行場を作成するために建物データ作成のスキル習得に励まないといけませんね。

おっと,MSFSの勉強もありましたネ(^^;

ぜひSir.Jakeさんの素晴らしいシーナリーを,地形修正したメッシュで楽しんで下さい。

最後になりましたが,この地形修正をしようと考えるきっかけになった素晴らしいシーナリーを公開していただいたSir.Jakeさんにお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

Enjoy Flight!


この記事で紹介しているシーナリーは,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.52で動作確認しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました