MSFSの高松空港を簡単にリアルにする方法

MSFS

MSFSの日本の風景は,いろいろな場所で改善されたようです。けれどもいくつかの空港では手つかずのままになっているところもあります。その一つである高松空港を改善するシーナリーが公開されました。MSFSに付属する空港のパーツも利用したシーナリーです。


高松空港を簡単にリアルにするシーナリーを導入する

MSFSの日本の風景は,いろいろな場所で改善されたようです。

けれどもいくつかの空港では手つかずのままになっているところもあります。

その一つである高松空港を改善するシーナリーが公開されました。

このシーナリーはMSFSに付属する釧路空港のパーツを利用しています。

高松空港シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

シーナリーは,Flightsim.toからダウンロードします。

タイトルは”[RJOT] Takamatsu Airport“です。

Flightsim.toから引用

[RJOT] Takamatsu Airport » Microsoft Flight Simulator
✓ Takamatsu Airport is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by Marin. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.

この空港シーナリーを表示するためには,MSFSのコンテンツオプションである釧路空港シーナリーが必要です。

MSFSに釧路空港シーナリーが導入済みかどうかは”CONTENT MANAGER“を表示し”Kushiro“を検索して確認します。

なおStore版なら,デフォルトで導入済みのはずです。

表示されたら導入済みですが,入っていなかったら購入先のページから導入してください。

CONTENTS MANAGERで”Kushiro”を検索したところ

インストール

ダウンロードしたzipファイルを適当な場所で展開します。

フォルダーの中に”scenery“フォルダーが入っている”airport-rjot-takamatsu-marin“フォルダーをMSFSのCommunityフォルダー内にコピーすれば導入作業は終了です。

MSFSでの表示

この高松空港シーナリーの目玉は,26番滑走路の誘導灯火です。

高松空港は,広島空港と同様高台にある空港です。

デフォルトでは,灯火の橋脚が表示されませんが,このシーナリーではちゃんと表示されます。

26番滑走路の誘導灯火です

あと搭乗ゲートのJetway,駐機場のマーキング,誘導路の看板が更新されています。

一般航空機の駐機場のマーキングが更新されています

大型機用駐機場のマーキングとJetwayも改修されています

これだけの改修されたら,かなりリアルな高松空港になります。

ぜひ導入して楽しみましょう。

補足事項

あと,今回表示した風景に映っている木々は,商用ライブラリーである”Multi_Seasons_Bijan_V3.01(Winter)“を導入したものです。

ダイナミックに植生を変更できるわけではありませんが,”MSFS Addon Linker”を使えば,MSFSスタート前に季節にあった色に変更できます。

植物の種類は緯度による変化があり,南半球と北半球の季節を関連させて変更できます。

私は四季にこだわりがあり,もともとあまり高価ではなかったうえディスカウントされていたので購入しました。

高松空港周辺が,良い雰囲気の冬木立になっていると思います。

まとめ

高松空港の細かい改修をしていただいてありがたく思います。

今回MSFSのシーナリーは,ほかの空港パーツを流用してライブラリーのように使うことができることを知りました。

広島空港の誘導灯火は,私が改修したいものの一つです。

私はまだまだシーナリーの勉強が必要です。

Enjoy Flight!

コメント

タイトルとURLをコピーしました