スポンサーリンク

デフォルトのA5水陸両用機をグレードアップする方法

MSFSに付属しているIcon A5は空飛ぶスポーツカーと言われ,アメリカで航空機の普及を図るため簡単に免許が取れるLight-Sports Aircraftという分類の航空機です。そのためエンジンは100馬力で最高速度や航続距離も制限されています。自動操縦装置もなく気軽に操縦を楽しむための飛行機でした。けれども実機の2021年版では,自動操縦機能の付いたGarminG3Xが採用されました。MSFSではG3Xの追加に加えてエンジンを強化するアドオンデータが公開されています。自動操縦装置と強力なエンジンを備えたRemodeled-A5を楽しみましょう。


デフォルトのA5のエンジンを強化し先進のアビオニクスを搭載する方法

MSFSに付属しているIcon A5は空飛ぶスポーツカーと言われ,アメリカで航空機の普及を図るため簡単に免許が取れるLight-Sports Aircraftという分類の航空機です。

そのためエンジンはRotax 912:100馬力で最高速度は95KCAS,航続距離は427nmという少ないものです。

Information and specs on the ICON A5 amphibious light-sport aircraft. The ICON A5 is one of the most advanced and safest light sport aircraft on the market. Lea...

気軽に操縦を楽しむための飛行機という位置づけで,2020年までは自動操縦装置も装備されていませんでした。

けれども実機の2021年モデル(2021 ICON A5 Limited Edition)では,アビオニクスにGarminG3XTouchが採用され,オートパイロット機能が追加されました。

G3Touchの紹介動画があります。

G3X Touch: Flying an Instrument Approach

幸いにもMSFSデフォルトのA5を2021年モデルのGarminG3Xパネルに変え,エンジンをパワーアップするためのアドオンデータが公開されています。

自動操縦装置と強力なエンジンを備えたRemodeled-A5を楽しみましょう。

デフォルトのA5を改良するデータ

改造されたA5の特徴は,機体記事に掲載されています。

– 馬力を100から150以上に増加
– 85から95に巡航速度を向上
– 95から120にトップスピードを向上
– 離水が6秒未満の時間に
– 陸上は10秒未満の時間に
– 最大120ノットの安定した飛行
– 負のエンジン値に起因するスラストバグを修正
– アビオニクス-ストックのGarminAeraをG3XTouchに置き換え
– G3XTouchにより自動操縦機能を追加
– G3XTouchの更新で見出しと高度選択ボタンを表示

自動翻訳を読みやすく修正しています

データのダウンロードとインストール

ダウンロードとインストール

ダウンロード

必要なデータは2つあります。

機体のデータタイトルは,”Icon A5 – 2021 Performance Edition With Upgraded G3X Avionics & Autopilot“といい,Flightsim.toからダウンロードします。

Flightsim.toから引用

データの名前は,改良されるごとに少し変更されることがあります

そしてG3Xのデータは,”gx-v0.1.0-dev5“といい,GitHubからダウンロードします。

GitHubから引用

Changes in 0.1.0-dev5 Fixed compatibility problems with FBW A320 Fixed nav map not drawing approach paths
インストール

ダウンロードしたzipファイルを展開し,出来上がった2つのフォルダーを開きます。

icona5-performanceedition“フォルダーの中にある,”icona5-performanceedition“と”workingtitle-gx-fixes“フォルダーをMSFSのCommunityフォルダー内にコピーします。

つぎに”workingtitle-gx-v0.1.0-dev5“フォルダーの中にある”workingtitle-gx“フォルダーをMSFSのCommunityフォルダー内にコピーします。

これで導入作業は終了です。

G3Xパネルの操作

操縦席の表示は,デフォルトのパネルと大きな違いはありません。

デフォルトのA5の操縦席です 右側にある地図の画面に注目して下さい

改良データ導入後の操縦席です すぐに気がつくのは地図表示が変わっていることです

自動操縦パネル

今回加わった自動操縦機能について説明します。

HSI上部の四角い部分をマウスでクリックすると,右側のマップ部が自動操縦機能パネルになります。

再度同じ場所をクリックすれば通常の表示に戻ります。

自動操縦機能パネルを表示する部分

表示された自動操縦機能パネル

自動操縦パネルの各部の機能は,おなじみのものばかりなので,説明は省略いたします。

離陸する前にFDとYDをクリックしてON(緑色)にしておけば,かなり操縦しやすくなります。

FDを押してHSIにガイドを表示したところです

離陸して安定すると,自動操縦を開始します。

HDGとALTをONにすると現在の針路と高度を維持してくれます。

自動操縦で安定飛行しているところです

もちろん”Flight Share”のオートパイロットも機能するので,マップを見ながらナビゲーションも可能です。

外部視野の表示も変わります。

デフォルトの外部視野表示です

改良データ導入後の外部視野表示では,各計器の表示が変更されています。

改良データ導入後の外部視野表示です

まとめ

お気に入りのIconA5が,格段に使いやすい機体に生まれ変わりました。

今後は,私のデフォルト機になってしまいそうです。

このようなModデータが公開されたことで,自動操縦装置のない機体にも機能を追加できることが判りました。

MSFSでもユーザーによる使い勝手を良くするアドオンが,多数公開されていくのが楽しみになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク