スポンサーリンク

ヘビーデューティ仕様のSTOL機の決定版

X-Plane11にはデフォルトでもブッシュプレーンが付属しています。けれども馬力や性能で今ひとつという気がします。実際のブッシュプレーンとして有名なのがZenith CH750で,その特別仕様バージョンである”STOL Super Duty”という機体があります。この機体のデータが公開されましたのでご紹介します。


決定版とも言えるブッシュプレーン”Zenith STOL Super Duty”

X-Plane11にはデフォルトでもCubのようなブッシュプレーンが付属しています。

けれども上昇時の馬力が少し弱く,自動操縦装置も付属しておらず航続距離も短いので,私としては今ひとつという気がします。

実際のブッシュプレーンとして有名なのがCH750で,クルーザータイプは先の私の記事でご紹介しました。

そのときに低圧タイヤを装備した特別仕様バージョンがあればいいと感想を書きました。

タイトルに使った表現は,"Zenith CH750"を2010年1月にRAAレクリエーションフライーヤー誌が紹介したときに使ったキャッチフレーズです。短距離離着離性能に優れていてしかもFAAスポーツで許可されている最大のキャビンサイズと耐荷重性能を持つ軽スポーツ機です。ブ...

その機体が今回ご紹介する”Zenith STOL Super Duty“です。

“Zenith STOL CH 750 Super Duty” by Paul Lemon. Photo from flickr

Zenith STOL Super Duty

ダウンロードとインストール

ダウンロード

データタイトルは”Zenith CH750 Super Duty 2.0.0“で,X-Plane.orgからダウンロードします。

X-Plane.orgより引用

This is an complete update and modification for X-Plane 11.50 of the Zenith CH750 STOL aircraft by Olivier Faivre and HydroZ as updated for X-Plane 11.35 by ioa...

インストール

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

出来上がった”Zenair CH750 Super Duty v2“フォルダーの中にある”Zenair CH750 Super Duty“を,”X-Plane11>Aircraft>Laminar Research“フォルダー内にコピーします。

通常のアドオン機体は”X-Plane11>Aircraft”に収納しますが,作者はこのフォルダーを指定しています。

X-Plane11での表示

機体の種類は低圧タイヤを備えた陸上型とフロート装備した水上機の2種類,塗装のバリエーションは黒と青の2種類です。

左端が通常型,右の二つが今回の機体です

データの中にペイントキットも入っているので,スキルのある方は好みの塗装を作る事ができます。

この機体は,セミグラスコックピットを備えた通常型のデータを改良されており,元機体の英文マニュアルが”documentation“フォルダーに入っています。

“documentation”フォルダーには,”STOL Super Duty”のデータを含めた諸元記載がある”750sd-flyer-2page.pdf“という実機販売のパンフレットが入っています。

これを見ると,”STOL”はSTOL性能の高さが目立ちます。

さらに”STOL Super Duty“は,エンジン性能と航続距離が”STOL”に比べて優れていることがわかります。

印刷して手元に置いておけば,オーナーのような気になります。

ファイル構成とドキュメントの場所

付属している機体

陸上型

さてブッシュプレーンですから,カナダの元漁業基地であるMachmell Fisheries Camp Bush AirstripMACH)から飛行してみました。

操縦士の中にブッシュパイロットという区分があります。道路も鉄道もない辺境の地を小型飛行機で飛び回り,人や物資を運ぶ人のことです。ブッシュパイロットでなければ離着陸できないような場所にある未舗装の滑走路を持つカナダの漁業調査基地シーナリーをご紹介します。そしてここを利用する...

STOL性能が高いので,少しの距離で離陸し上昇速度もあります。

西に向け近くの飛行場を目指して飛行します。

この機体にはAutopilotが装備されていますから,少し長い飛行でも楽ちんです。

スイッチはパネルの左端にあり,ONにすると進路を方位計の指針方向に向け,現在の高度を保持してくれます。

失速速度が45Ktですので,風がなければ着陸も楽々です。

初飛行ですが無事到着しました

水上機

X-Plane11の水上機は,停止場所で回転するというバグがあり,それを解消するデータもあります。

デフォルト機にセスナ172SPの水上機があります。X-Plane11の水上機はアンカーを入れていれば,エンジンをかけていなくても,すぐに旋回をはじめてしまいます。桟橋から離岸しようとするときにはとんでもないことになります。これを防ぐためのスクリプトが公開されました。実際に...

この”STOL”水上機には,このデータが組み込んであるのでフライト開始時に水面で回転することはありません。

離着水も,楽々でストレスがありません。

まとめ

“STOL Super Duty”は,本当に使いやすいブッシュプレーンです。

これまで標準型のCH750をお気に入りに入れていましたが,”STOL Super Duty”も加えることにしました。

あちこちの短い滑走路を訪ねるときに役に立つ機体だと思います。

Enjoy Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.50r3で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. phev2000 より:

     以前のG1000タイプが気に入っていたのですが、本機のようにアンカー時クルクル回らないのがいいですね。一応オートパイロットも(簡易型だが)備わっているので、遊覧飛行にはストレスがありません。
     良い機種をご紹介いただきありがとうございます。

    • pbook より:

      本当にAutoPilotは便利ですね。
      これを見つけたときから,私のデフォルトのブッシュフライト専用機になっています。