スポンサーリンク

奥尻空港の表示を改善する方法

奥尻空港は北海道の西岸にある離島の空港です。デフォルトの奥尻空港の表示を改善するシーナリーが公開されました。実際の空港の景観に近づけることのできるこのシーナリーをご紹介します。


奥尻島と空港滑走路の表示を改善するシーナリー

奥尻空港は北海道の西岸にある離島の空港です。

デフォルトの奥尻空港の表示を改善するシーナリーが公開されました。

MSFSの奥尻空港を実際の景観に近づけることのできるシーナリーです。

下の画像は,機窓から見た奥尻空港の滑走路とターミナルです。

Okushiri Airport (OIR/RJEO) by Hideyuki KAMON. Photo from flickr

奥尻空港のシーナリー

デフォルトのシーナリー

下の画像は,デフォルトの奥尻空港の景観です。

一目でわかるのは,滑走路のペイントが白色になっているところです。

滑走路のペイントの色をご覧下さい

また。空港周辺の海岸の岩場の立体感がなくのっぺりとしています。

海岸の岩場があっさりとした平面的な表現になっています

改善シーナリー

ダウンロードとインストール

ダウンロード

シーナリーのタイトルは”RJEO improvements to Okushiri Airport“で,Flightsim.toからダウンロードします。

Flightsim.toから引用

インストール

ダウンロードしたzipファイルを適当な場所で展開します。

展開したフォルダー内にある”kui-rjeo“フォルダーを,MSFSのCommunityフォルダー内にコピーすればインストールは終了です。

改善シーナリーの表示

MSFSをスタートさせて改善点を見ましょう。

すぐに滑走路表示が黄色くなっているのが判ります。

滑走路のペイントは正しい黄色になっています

日本の空港で,降雪時の視認性を高めるために採用されているペイントですので,デフォルトの白色表示は誤っているということなのです。

そして空港そばの道路がはっきりと表示され駐車場に車が表示されています。

また,邪魔な立木が削除され滑走路そばにある建物の外観が変化しています。

細かく見ていくと改善点がたくさんあります

加えて空港周辺の岩場の立体感が改善され,奥尻港の景観も詳細になっていることがわかります。

奥尻港です

立体的になった空港そばの岩礁です

まとめ

このシーナリーのおかげで,日本にまた一つリアルな景観をもつ空港が加わりました。

作者の方にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

Enjoy Flight!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク