スポンサーリンク

MSFSでプッシュバックを操作する方法

MSFSでプッシュバックしたいと思っても,キー操作に割り当てる項目がありません。AIで自動的にプッシュバックされるがままという状態です。自分の好きな位置にプッシュバックさせたいと考えるときにこれを実現するアドオンがあります。


簡単に操作できるプッシュバックパネル

MSFSでプッシュバックしたいと思っても,キー操作に割り当てる項目がありません。

AIを使って自動でプッシュバックされるがままという状態です。

そうはいっても自分の好きなようにプッシュバックしたいと考えてしまいます。

そしてこれを実現するアドオンが公開されました。

自前でプッシュバックを可能にするアドオンプログラム

ダウンロードとインストール

ダウンロード

このプログラムのタイトルは”Pushback Helper“といい,Flightsim.toからダウンロードできます。

Flightsim.toから引用

✓ Pushback Helper is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by metindikbas. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.

インストール

ダウンロードしたファイルを適当な場所で展開します。

出来上がったフォルダーの中にある”Pushback Helper“というフォルダーを自分の好きな場所に置きます。

中にある”PushbackHelper.exe“を右クリックしてショートカットを作り,デスクトップにコピーします。

使用法

スタート

MSFSをスタートする前に,このショートカットをダブルクリックしてスタートさせておけば,MSFSのコックピット画面の右上に操作パネルが表示されます。

なお,使用するときに管理者権限は不要です。

操作パネルの使用方法

まず画面を外部視野に切り替えます。

この状態で”Pushback Helper”のパネルで操作します。

広島空港(RJOA)のゲートでセスナサイテーションを使って練習しています

操作パネルが表示されていないときにはキーボードの”Page Up”キーを押し,非表示にするには再び”Page Up”キーを押します。

プッシュバックのパネル操作は以下のとおりです。

・ジェットウェイを接続または切り離すには,**Jetway**ボタンをクリックします。
・燃料トラックを呼び出すには,**Fuel**ボタンをクリックします。
・プッシュバックを開始または停止するには,**Activate**ボタンをクリックします。

Activateボタンをクリックして自機に接続します。

・まっすぐ押し出すには,**Straight**ボタンをクリックします。

接続したら”Straight”をクリックして押し出します(画面は練習中にまちがってLeftを押しています)

・尾部を左に回すには,**Left**ボタンをクリックします。
・尾部を右に回すには,**Right**ボタンをクリックします。

誘導路まで動かしActivateボタンをクリックして切り離したところです

使い方はこれだけですので,あとは練習でボタンを押すタイミングをつかみ,自機を好みの位置に動かしてみましょう。

複数画面を使っているとき操作パネルの位置を動かしたいときは,”Shift + Windows + Left or Right 矢印”キーを同時に押せば動かすことができます。

MSFSのスタートと同時に”Pushback Helper”をスタートさせるには,私の前の記事にあるバッチファイルに組み込むことで実現できます。

MSFSには,アドオンスクリプトという仕組みがないようです。先日公開されたMSFS向けのFSUIPC7もMSFSの外部プログラムとして動いています。これまでにも着陸速度を測定するプログラムもありましたがこれも外部プログラムです。MSFSをフルスクリーンで使っているとき起動...

バッチファイルを書き加えたところです

まとめ

飛ぶことが主体であれば,滑走路からスタートするのが一般的ですが,駐機場からスタートするとき助けになるプログラムです。

インストールしておいても邪魔にはならないので,ぜひ使ってみてください。

Enjoy Flight!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク