スポンサーリンク

シーナリーの表示優先順位を指定する方法

MSFSのシーナリーも数が増えてきました。そしてその中には一つの場所で表示を競合するものがあります。こういうときMSFS以前のフライトシミュレーターでは,競合するシーナリーの優先順位を指定する仕組みを持っていました。MSFSもその仕組みを持っています。ユーザーが行う通常の操作からは隠されているのが不思議ですが,操作できないわけではありません。まだ調べている途中ですが,現在判っていることを報告します。


MSFSで利用するシーナリーの表示優先順位を指定する方法

MSFSのシーナリーを記録する仕組み

MSFSのシーナリーも数が増えてきました。

そしてその中には一つの場所の表示を競合するものがあります。

こういうときMSFS以前のフライトシミュレーターでは,競合するシーナリーの優先順位を指定する仕組みを持っていました。

MSFSもその仕組みを持っています。

ユーザーが行う通常の操作からは隠されているのが不思議ですが,操作できないわけではありません。

MSFSのシーナリーの表示順位を規定しているファイル

このファイル名は”content.xml“といいます。

このファイルがある場所は,”C:\Users\[Username]\AppData\Local\Packages\Microsoft.FlightSimulator_8wekyb3d8bbwe\LocalCache
“というフォルダーのなかです。

またこのファイルは,通常の状態では隠されていますので,エクスプローラーのオプションで隠しファイルを表示する設定にします。

シーナリーの登録を繰り返すとき,このファイルを頻繁に参照することがあります。

そこで,このファイルのショートカットを作成し,デスクトップに移動させます

ショートカットをデスクトップに移動するとき,Windows10はこのファイルを暗号化するかどうかを聴いてきます。

ここでは,”content.xml”ファイルをエディターで頻繁に操作するので暗号化せずに移動させます。

シーナリーの表示優先順位

“content.xml”を破損すると,MSFSがスタートできなくなる恐れがあるので,必ず編集する前にはバックアップをとりましょう。

“content.xml”をエディターで開きます。

上から下まで,”community”フォルダーに入っているファイルの名前がずらりと並んでいます。

驚くことに,”community”フォルダーに入っている機体の再塗装データは入っていません。

表示順を見ると,一番上に”fs-base“があり,一番下に最近登録したフォルダー名があります。

つまり,このファイルはシーナリーのフォルダー名だけを登録した時間順に記録していることが判ります。

ここで,flightsimulator.comのフォーラムでシーナリーの優先順位について書かれた”Scenery hierarchy”という記事をご紹介します。

As more and more scenery addons become available, I was wondering: since there seems to be no way to manually adjust which scenery takes precedence over the oth...

この記事では,リストの上から下に行くに従い,表示の優先順位が高くなると述べられています。

実例として,ロンドンのテムズ川の水位を修正する”Riverthames“が紹介されています。

ロンドンの市街地のオブジェクトを表示するペイウェアである”orbx-landmarks-london-city-pack“があります。

このデータでもテムズ川の水位は高いままで,川岸や川中の風景が水没しているのだそうです。

これを修正するのが”Riverthames“データです。

ところがorbxのデータをあとから登録すると,水位修正が機能しません。

それは,orbxのデータが元のテムズ川の水位を反映しているのが原因です。

そこで,”Riverthames“データの優先順位を”orbx-landmarks-london-city-pack“より上に設定する必要があります。

私の場合は,ペイウェアのシーナリー登録場所を調べるため,一番安価だった”orbx-landmarks-london-city-pack”を先に登録していたので調整する必要はありませんでした。

シーナリー優先順位の効果

“Riverthames”データの効果を例としてご紹介します。

登録前の”London City Airport(EGLC)”の風景です。

滑走路そばの敷地が水没しているのと,左側のテムズ川の中にあるテムズバリヤ(高潮防止障壁)の水門が水没しています。

修正前のロンドンシティ空港の風景

“Riverthames”データ登録後の風景では,水没が解消されテムズバリヤの水門が見えるようになっています。

修正データ導入後のロンドンシティ空港の風景

この修正データで,競合しているテムズ川のデータが上書きされているわけです。

いったん登録したシーナリーフォルダーの取扱い

“content.xml”には,”community”フォルダー内に入っているシーナリーフォルダーを登録する機能はあるのですが,登録後に”community”フォルダー内から削除したフォルダーを消す働きは持っていません。

消したい場合は,エディターで登録されている行を削除するしかないようです。

まとめ

“Riverthames”データのドキュメントを見ていて,偶然発見したことですがこう言う情報は,MSFSの公式ドキュメントに書いて欲しいと思います。

なお現在のところ,登録しているデータの優先順位の指定はできますが,”content.xml”内の記述で無効化する手段は発見できていません。

現在判っているシーナリーの無効化は,無効化するシーナリーを作って”content.xml”内に記述するという「X-Plane11の隠すシーナリー」という方法をとるしかないようです。

Enjoy Flight!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク