プラグイン一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふっくらとした雲を表示する方法

X-Plane11の雲は,近くから眺めると霧のようで,かたまりがあるように表示されません。これを実感のある厚みのある雲に変えるスクリプトが公開されました。まだαバージョンなのだそうですが,このままでもちゃんと表示できます。青い空のテクスチャーと組み合わせて美しい空を表示し...

正面を見ながらトリムをコントロールする方法

トリムは飛行機を操縦しやすくする仕組みです。実機では操作しやすい場所にトリムコントロールがあるので問題はありませんが,シミュレーターの場合はキーボードやデバイスのボタンに割り当てることになります。3Dコックピット内で操作するなら視点を移動させなければなりません。そのため飛...

自己主張の強いSAM Libraryを手なずける方法

SAM Libraryとその関連ライブラリーは,Scenery packs.iniのシーナリー定義では,いつも一番上に位置するようになっています。そのため新しいシーナリーを入れたときに邪魔になってうまく定義が入らないトラブルが生じることもあります。自己主張の強いSAM関連...

付加するだけでFPS+5以上!?,驚きのスクリプト

最近公開されX-Plane.orgで注目されているスクリプトがあります。付加するだけでFPSを5向上させるという触れ込みです。実際の効果を調べてみたので報告します。また3jFPSとの併用効果についても調べてみました。 付加するだけでFPSを5以上向上させるス...

SAMライブラリーのバージョンアップを簡単に行う方法

SAMライブラリーは,空港内のアニメーションや季節のテクスチャーを変える事のできる便利なプラグインです。ダウンロードは簡単ですがそのバージョンを管理するのは面倒です。これを解決してくれるアプリがあります。そしてこのアプリからSAMに関連するいくつかのフリーアドオンも管理で...

X-Plane11シーナリーの四季を簡単に実現する方法

X-Plane11で四季の風景を実現するために少し面倒なライブラリーやプラグインの導入を行いました。ファイル操作に慣れておられない方にとっては敷居が高いものがあります。面倒な操作をほとんどせずに導入できる四季を表現するプラグインが公開されたので紹介します。 ...

X-Plane11のオブジェクト表示を細かく調整する方法

X-Plane11で地上オブジェクトの表示をする設定は5段階に設定されています。オンラインマニュアルを見ると細かく設定できるように記述されていますが,調べてみるとこの部分はX-Plane10でにあったオプションのようです。X-Plane11で省略された細かなオブジェクト表...

3Dコックピット内で手軽に使えるAvitab

AvitabはVRの画面のなかにiPadを模したデバイスにドキュメントや地図を表示するためのプラグインです。通常の3D画面では別ウインドウで表示されるため,邪魔になるたびに表示を消すのが面倒でした。もともとAvitabはコックピット内に自らの画面を表示する場所を設定できる...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク