操作・設定

X-Plane11

新しくなった”Scenery Animation Manager”

X-Plane11にさまざまな機能追加をしてくれるSAM(Scenery Animation Manager)が2021年10月にバージョンアップしました。 しばらくの間SAMの機能を使わなかったので,UIが全面更新されていることに気がつかず,季節変更もうまくできなくなっていました。これまでのSAMとは操作が異なるので,導入方法を整理することにしました。
X-Plane11

WEDでフォトマップが表示できなくなったときの解決方法

WEDでシーナリー作成時の下敷きになるフォトマップが不意に表示できなくなることがあります。このときOrtho4XPでもArcやUSA2のPreviewが表示できなくなります。こういうときの対処方法を調べて解決できたので報告します。
X-Plane11

航空機から飛行場の照明を点灯させる方法

広大な面積の北米やオーストラリアの地方の飛行場では省エネのため,ふだんは灯火を消灯しておき,利用する航空機からの無線で点灯する設備を採用しています。この設備を再現するスクリプトがあるのでご紹介します。
X-Plane11

雪景色の空港を準備する方法

X-Plane11の国内のカスタム空港の中には,フォトシーナリータイルをベースに作成されている物があります。これまでは初春から初冬までは積雪がないので問題はありませんでした。X-Asiaが公開されSAM Seasonsの利用で冬の風景が簡単に用意できるようになりました。このときオルソタイルをシーナリーに組み込んでいるシーナリーでは,積雪時に雰囲気の違うタイルが表示されることがあります。これを違和感のない様に修正する方法を説明します。
X-Plane11

カスタムシーナリーのAirport IDを変更する方法

X-Planeが11.51にバージョンアップし,今までなかった小さな飛行場がX-Plane11に追加されました。これまでX-Plane11で取り上げられなかった小さな飛行場は,カスタムシーナリーとして作成された方が独自の"Aipor...
X-Plane11

小型機の離着陸水時に高度をコールさせる方法

ブッシュフライトや水上機での離着水の時には,2D画面で操縦するため着陸水のタイミングが取りにくいものです。大型機ではGPWSが対地高度をコールしてくれますが,小型機で飛ぶ時,Airstripや水面では高度をコールしてくれません。操縦...
X-Plane11

ふっくらとした雲を表示する方法

X-Plane11の雲は,近くから眺めると霧のようで,かたまりがあるように表示されません。これを実感のある厚みのある雲に変えるスクリプトが公開されました。まだαバージョンなのだそうですが,このままでもちゃんと表示できます。青い空のテ...
X-Plane11

11.50で暗くなった夜景の灯りを明るくする方法

X-Plane11.50では,夜景の灯りが前のバージョンに比べて暗くなる残念な現象が起きています。11.4まで効果的だった"EXT_ASIA_LIGHTS"を利用しても明るくなりません。なんとかこれを解消できないか調べてみたところ,...
X-Plane11

正面を見ながらトリムをコントロールする方法

トリムは飛行機を操縦しやすくする仕組みです。実機では操作しやすい場所にトリムコントロールがあるので問題はありませんが,シミュレーターの場合はキーボードやデバイスのボタンに割り当てることになります。3Dコックピット内で操作するなら視点...
X-Plane11

どうしても見つからないライブラリーパーツを補う方法

カスタムシーナリーを使おうとしたとき,見つからないライブラリーが出てきます。そんなとき役に立つのがBackup Scenery Libraryです。けれどもそれでも補えない,ライブラリーパーツ不足によるシーナリーエラーが起きたとき,...
タイトルとURLをコピーしました