ユーティリティ

X-Plane11

Windowsのフォルダー操作機能をうまく使ったX-Planeのシーナリー管理アプリ

X-Plane11のシーナリーを国別や空港別に管理したくなることがあります。とくにシーナリーが増えてくるに従って,Scenery packs.iniファイルの編集をしたりする必要が出てくるので大変です。また,フォトシーナリーを作って...
X-Plane11

匠によるリアルな函館空港シーナリー

MisterX6さんといえば,世界各地の空港シーナリーやJapan proライブラリーなどの素晴らしい作品を公開されている方です。この方が,新しく函館空港シーナリーを公開されました。地形修正データを含む素晴らしいシーナリーです。函館...
X-Plane11

どうしても見つからないライブラリーパーツを補う方法

カスタムシーナリーを使おうとしたとき,見つからないライブラリーが出てきます。そんなとき役に立つのがBackup Scenery Libraryです。けれどもそれでも補えない,ライブラリーパーツ不足によるシーナリーエラーが起きたとき,...
X-Plane11

Ortho4XPで作成したタイルの色修正を行う方法

Ortho4XPで作成したフォトシーナリーには,所々色の変な場所が表示されることがあります。異なる条件で撮影した航空写真を一つにまとめているのでしかたがないことなのでしょう。けれどもX-Plane11で使う時には違和感があるので修正...
X-Plane11

SAMライブラリーのバージョンアップを簡単に行う方法

SAMライブラリーは,空港内のアニメーションや季節のテクスチャーを変える事のできる便利なプラグインです。ダウンロードは簡単ですがそのバージョンを管理するのは面倒です。これを解決してくれるアプリがあります。そしてこのアプリからSAMに...
X-Plane11

フォトシーナリーを雪景色に変える方法

フォトシーナリーは,地上を写実的に表現する手法としては優れています。季節によって地表の色や木々を変化させるライブラリーがあるので,フォトシーナリーは雪の降らない地域限定にしようと考えていました。カナダのシーナリーを調べているとき,テ...
X-Plane11

X-Plane11のオブジェクト表示を細かく調整する方法

X-Plane11で地上オブジェクトの表示をする設定は5段階に設定されています。オンラインマニュアルを見ると細かく設定できるように記述されていますが,調べてみるとこの部分はX-Plane10でにあったオプションのようです。X-Pla...
X-Plane11

3Dコックピット内で手軽に使えるAvitab

AvitabはVRの画面のなかにiPadを模したデバイスにドキュメントや地図を表示するためのプラグインです。通常の3D画面では別ウインドウで表示されるため,邪魔になるたびに表示を消すのが面倒でした。もともとAvitabはコックピット...
シーナリー

X-Plane11で失われた島を復活させる方法

X-Plane11のデフォルトシーナリーで南の島のNIUE空港を選んだとき島が表示されませんでした。失われた島というのか昔シーナリーにあった島が何かの事情で失われてしまったようでした。この島をなんとか復活できないか調べて復元する方法...
X-Plane11

FlywithLuaを失敗せずに最新版に更新する方法

FlywithLuaは,X-Plane11にいろいろな機能を追加するためのスクリプトを動かす仕組みです。これまでいろいろなプラグインを導入しているとき,不用意に上書きすると設定がなくなってしまうことがあるので,それらを保存したまま更...
タイトルとURLをコピーしました