2019-04

X-Plane11

原生林を背景にしたリアルな屋久島空港を導入する方法

屋久島は,1993年に世界遺産に登録されました。この島にある屋久島空港は,利用者の減少から1991年に定期便が運休になりました。けれども最近は観光客が増え,鹿児島などから定期便が就航しています。X-Plane11用の複数のフリーウェ...
X-Plane11

滑走路1本あたりの離着陸回数が日本で最も多い空港

福岡空港の施設内には,国内線,国際線,米軍基地があり,多くの飛行機が離着陸します。 そういうわけで滑走路あたりの離着陸回数が国内で一番多い空港です。 この忙しい空港シーナリーをX-Plane11にインストールします。 ...
X-Plane11

X-Plane11の飛行場に静止した飛行機を配置する方法

X-Plane11用のオブジェクト追加ツールである’Overlay Editor’を使えば,全く飛行機が止まっていないエプロンなどに静止した飛行機を配置できます。 今回は,導入済みの’Overlay Editor’を使って飛行機を...
X-Plane11

X-Plane11の飛行場に静止した飛行機を配置するツールを導入する方法

X-Plane11の空港のエプロンには,全く飛行機が止まっていないところがあります。 止まっていても少しだけとか,一般用の駐機場に全くセスナ機などがいないこともあります。 こういったところに静止した飛行機を配置する方法を説明いた...
FS2004

国内の3つの航空会社を渡り歩いたイルカ塗装機

B737-400は,2000年代に全世界で使われていたクラシック737と呼ばれる機体です。国内にいたB737-400で3つの航空会社を移籍した機体がいます。しかもそのうち派手な塗装をしていた時期が2回あり,そのひとつ全面イルカ塗装を...
X-Plane11

‘Quick look view’を他機に移植する簡単な方法

X-Plane11での操縦環境を劇的に改善するのがQuick Lookです。 けれども,X-Plane11のマニュアルには,各機体ごとにViewを設定しなければならないとの記載があります。 しかしながら制限はあるものの,セスナ1...
FS2004

国内で運航していた奇抜なオレンジカラーのビーチ1900D

国内の航空会社の塗装といえばおとなしい塗装が一般的です。 最近の旅客機の特別塗装機は別として,約20年前にはド派手な塗装は見たことがありませんでした。 そんな当時にオレンジ色のフル塗装で運航していたコミューター航空会社がありまし...
X-Plane11

X-Plane11に必ず導入したい岡山空港シーナリー

X-Plane11に付属する岡山空港は,実際の空港とは大きく異なります。 X-Plane11で岡山空港を利用するなら,必ずフリーウェアの岡山空港を使用してください。 その理由をご説明いたします。 X-Plane11...
X-Plane11

OpenSceneryX4.0.0導入後の不具合を復旧させる方法

最新版のOpenSeceneryX4.0.0を導入後に羽田空港上空でのFPSの極端な低下に見舞われました。 その原因ははっきりしませんが,FPSの低下をなんとか軽減できる方法が見つかったので報告します。 X-Plan...
X-Plane11

X-Plane11のG1000グラスコックピットの操作を学習する方法

X-Plane11には,小型のグラスコックピットであるG1000を模したX1000という計器パネルが装備されている機体がいくつかあります。 そのうち一番よく使うと思われるのはセスナ172SPです。 この機体と日本語版操作マニュア...
タイトルとURLをコピーしました