2017-12

FS2004

ANAの中長距離国際線を支えるB787-9ですが国内線でも飛んでいます

B787は現在ANAの中長距離国際線を支える機材になっています。 しかし,日本でのデビューは2014年8月の国内線でした。 なかでもB787-9のような大型機材は,国内線になじむのかなと考えていたら,5つの路線に就航して...
FS2004

B737-700のグラスコックピットをグレードアップする

B737-700は,B737-200の後継としてANAが導入を進めていた機材です。 この2社のB737-700には先進のHUDを備えたグラスコックピットが導入されています。 FS2004のB737ー700に,このグラスコ...
FS2004

ANAとAIRDOの塗装データをB737-700の基本機体に導入する

B737-700は,B737-200の後継としてANAが導入を進めていた機材です。 2017年12月現在,ANAで7機,AIRDOで9機が日本の空を飛んでいます。 この2社のB737-700をFS2004で飛行させるため...
FS2004

国内で運行しているB737-700の基本機体をインストールする

B737-700は,B737-200の後継としてANAが導入を進めていた機材です。 2017年12月現在,ANAで7機,AIRDOで9機が日本の空を飛んでいます。 この2社のB737-700をFS2004で飛行させるため...
道具

Windows10でも健在だったWindows7アクセサリの付箋と切取りツール

Windows7で便利に使っていた付箋と切取りツールがありました。 度重なるWindows10の仕様変更で,アクセサリーから消えてしまったものと思っていました。 特に付箋は,復活していたのが最近消えてしまうという不思議な...
FS2004

ANA B737-200にアナログ計器の操縦席を追加する

B737-200アドバンスは,1971年に開発された機体です。 そのため,操縦席には機械式の計器類が装備されています。 先にFS2004へインストールした機体はグラスコックピット仕様だったので,アナログ計器を装備したパネ...
FS2004

さようなら YS-11 JACファイナル塗装

JACのYS-11は,長らく南西諸島の離島航空路で活躍していました。 2006年の9月30日に沖永良部空港から鹿児島行きで最終便となりました。 思い出深いファイナル塗装を再現したFS2004用の機体があります。 ...
FS2004

旅客機の操縦を覚えた思い出の機体 ANK B737-500

イカロス出版から出版された「旅客機操縦マニュアル」という本があります。 この本で,解説してあるのがANKのB737-500なのです。 この機体は,フライトシミュレーターで旅客機の自動操縦方法を覚えた思い出深い機体です。 ...
FS2004

ANAB787-8のグラスコックピットをグレードアップする

FS2004用のANAB787-8は,飛行姿勢に特徴のある美しい機体です。 操縦席は,安定して稼働するデフォルト計器を使ったものです。 この操縦席を実機のコックピットのようにグレードアップするデータが提供されていますので...
FS2004

767の後継機として導入されANAの主力機とも言えるB787-8

B787は,B767の後継機にとANAが開発に参加した中型旅客機です。 炭素繊維を機体の約50%に使っており,飛行中の主翼のしなり具合は独特のものです。 FS2004でも,その独特の飛行姿勢を見ることができます。 ...
タイトルとURLをコピーしました