伊豆諸島の絶壁にあるヘリポート

MSFS

御蔵島ヘリポート

絶壁の上にあるヘリポート

伊豆大島の御蔵島には島に平地がないため飛行場がありません。

しかし緊急時の搬送のためヘリポートがありますが,そのヘリポートも絶壁の上にあります。

周囲に何もないので離着陸しやすいだろうとは思いますが,強風時にはかなり危険だろうと思います。

Googlemapでみた御蔵島へリポート Googlemapから引用

Googlemapで見ると何の変哲もない場所にあるように見えますが,ストリートビューでみるとものすごい場所にあることがわかります。

御蔵島ヘリポートシーナリー

このヘリポートをリアルに再現したシーナリーが公開されています。

ダウンロードとインストール

ダウンロード

タイトルは”Mikurajima heliport in the Izu Islands, Tokyo“でFlightsim.toからダウンロードします。

https://flightsim.to/file/25599/mikurajima-heliport-in-the-izu-islands-tokyo

インストール

ダウンロードしたデータを適当な場所で展開します。

フォルダー内に”scenery”フォルダーのある”niyfty-mikurajima-heliport“フォルダーをMSFSのCommunityフォルダー内にコピーすれば導入作業は終了です。

MSFSでの風景

このシーナリーを楽しむためには,軽飛行機のように簡単に操縦できるH135ヘリコプターを使います。

MSFSのヘリコプターを簡単に飛ばす方法
MSFSにはデフォルトのヘリコプターが付属していません。将来はヘリコプターが登場する予定になっていますが,ユーザーコミュニティから一足早く公開されました。まだバージョンは0.8を超えたところですが,通常の飛行をするには問題ありません...

H135は公開当初から改良が重ねられ,操縦しやすい機体になっています。

リアルな操縦感覚ではありませんが,遊覧飛行には便利に使えます。

御蔵島ヘリポートのコードは架空コードの”RNTR“が割り当てられています。

なおフライトの作成では”Mikurajima“でも検索可能です。

ここから一番近い島は,同じ伊豆諸島の三宅島ですから,クロスカントリーには三宅島空港からの飛行が良いでしょう。

今回は,御蔵島ヘリポートから島の周囲を巡って同じ場所にもどります。

ヘリポートから少し離れただけで,立地条件がよくわかります。

山ぞいの建物は左側が村役場で,右が小学校です。

崖の上に立地している御蔵島ヘリポート

離陸してみると,崖のすごさがわかります。

遠景で見た御蔵島ヘリポートです

島を周遊してヘリポートに接近していくと,ヘリポートをはじめ集落全体がものすごい傾斜地にあることがわかります。

傾斜地にある御蔵島の集落

無風状態を設定しているので,私のような操縦下手でも簡単に着陸できました。

実際の気象条件を設定すると厳しい物になるのだと思います。

割と楽に元の場所に着陸できました。

まとめ

MSFSのヘリコプターにもリアルな操縦感覚のものがふえてきました。

けれどもわたしのPCインフラでは,少しカクカクした画面になることがあるので利用しづらいものがあります。

その点H135は楽々と飛行できるので楽しめるヘリコプターですので,マチュピチュをはじめとして公開されているヘリポートを巡って見るのも面白いと思います。

マチュピチュへ安全に飛行する方法
世界遺産に指定されているペルーにある古代都市マチュピチュは,一度は訪れてみたい場所でした。これまでのフライトシミュレータにはマチュピチュのシーナリーはほとんどありませんでした。MSFS向けにフリーウェアのマチュピチュシーナリーが公開...

Enjoy Flight!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました