MSFS

リアルな操縦を楽しめる小型ヘリコプター

MSFS向けのヘリコプターとしてH135がありますが,別の小型ヘリコプターR44が公開されました。まだアルファバージョンということですが,飛行するには支障がありません。公開以降多数の再塗装データも提供されているこの機体の導入の方法を説明します。
X-Plane11

樹木のほとんどない島々をホッピングフライトする方法

イギリスの北部にはオークニー諸島とシェトランド諸島という島々があります。この島々は風が強いことからほとんど樹木がありません。けれども豊かな自然が保護されており国立の自然保護区が設けられています。これらの島々島々には小さな飛行場が数多くあるので,島々を巡る飛行が楽しめます。 この島々の飛行場をひとまとめに導入できるパッケージとフォトシーナリーで,島々の自然をお楽しみください。
MSFS

MSFSで見られる人と昔の飛行機でいっぱいの飛行場

イギリスのダックスフォードには飛行場の中に航空博物館があります。ここでは動く状態で保存されている飛行機を使って,航空ショーが開催されています。これを見に来る人々が多い観光においても有名な博物館です。この博物館を再現しているシーナリーが公開されているのでご紹介します。
X-Plane11

練習飛行場になったスピットファイアがいた崖の上の飛行場

第二次世界大戦中に英国防衛のため,スピットファイア戦闘機部隊が配属されたイギリス南西部の岬にある飛行場がありました。現在では飛行クラブが練習用の飛行場として活用しています。この飛行場は,美しい崖の上にあって水平線を眺めることのできる場所にあります。X-Plane10向けに公開されているシーナリーがありますが,これをX-Plane11で美しい景色と共に楽しめるよう,フォトシーナリーと修正シーナリーを用意しました。
MSFS

世界中の風景に動く船を追加する方法

MSFSには動くオブジェクトを表示する機能があります。これを強化して目に付く場所にさまざまな動く船を表示するシーナリーがあります。導入も簡単なのでぜひ導入して風景を豊かにしてみませんか。
X-Plane11

世界で最も美しいと言われる砂浜にアプローチする方法

オーストラリアのホワイトヘブンビーチは世界で最も美しいと言われる砂浜です。この島にはクルーズか遊覧飛行で渡ります。その出発地となるハミルトン島の空港と共に美しい景色を楽しむ方法をご紹介します。
MSFS

MSFSで水上飛行場を楽しむ方法

MSFSにバージョンアップで水陸両用のセスナ機が追加されました。けれども飛行場の選択では分類で水上滑走路を選ぶ方法がありません。そのため私はMSFSには水上機があるのに水上飛行場はないと思っていました。たまたまカナダにある水上飛行場のシーナリーが公開されていたのでMSFSで水上飛行場が作れることを知りました。そこで調べてみるとMSFSにも水上飛行場が登録されていることが判りました。その探し方も説明します。
X-Plane11

アメリカ合衆国とオーストラリア全土のフォトシーナリーを短時間で入手する方法

アメリカ合衆国とオーストラリア全土のフォトシーナリーが公開されています。入手方法とダウンロードしたデータ取扱い方法を説明します。 出来上がったデータを収納するためには2.2TBの容量が必要ですので,誰にでもお勧めできるものではありませんが,可能であれば利用してください。
MSFS

札幌市街地をすこしリアルに表示する方法

デフォルトの札幌市は,大雑把なつくりになっています。面積のある地表物は表示されるものの,大通公園のテレビ塔をはじめ高さのあるものは,ほとんど再現されていません。これらを2000ft上空から眺めたときにそれらしく表示してくれるシーナリーが公開されました。
X-Plane11

風がうんだ砂の島を訪ねる方法

アフリカ南東部のインド洋にあるバザルト諸島は,風がうんだ砂の島と呼ばれています。この島の周りには砂が堆積した浅瀬と珊瑚礁が広がり海面に美しい模様を描いています。島には小さな滑走路があって,観光客を受け入れています。この島の美しい景色を楽しむための方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました