「 軽飛行機 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
セスナ172SPの操縦席内の音をグレードアップする方法

セスナ172SPの操縦席内の音をグレードアップする方法

セスナ機の操縦席内での音といえば,空港での航空機の離着陸などの音,コックピット内の風の音などがあります。 そのほかの警告音もありますが,これらの音をグレードアップするプラグインがあります。しかも旅客機向けに作られたX-RAASというプラグインを軽飛行機であるセスナ機で利...

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

X-Plane11でVFRを楽しむとき,高性能のナビゲーション機器を搭載していない機体を使いたくなることがあります。 今回ご紹介するのは,古き良き時代のビンテージ機です。 もっとも,安全のために外付けのムービングマップを使えば迷うことはありません。 レトロな雰囲気を...

フライトシミュレーターで操縦技術を学ぶのに最適な軽飛行機

フライトシミュレーターで操縦技術を学ぶのに最適な軽飛行機

フライトシミュレーターで軽飛行機の操縦技術の練習をするとき最適な機体があります。 実機の"Piper cub J-3"は,1937年生まれです。 この機体は,軽くて丈夫しかも安価だということで,2万機以上生産された有名な機体です。 FS2004とX-Plane11の...

セスナ172SPの日本語版操作説明書を使って効率よくX-Plane11に慣れる方法

セスナ172SPの日本語版操作説明書を使って効率よくX-Plane11に慣れる方法

X-Plane11のデフォルト機体の代表は,Cessna172SPです。 取り扱いやすい軽飛行機で,簡単に飛ばすことができます。 けれども,この機体は徹底的にこだわって作成されています。 この機体の取扱いを学んでいくことで,X-Plane11に慣れていくことができる...

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

X-Plane11を始めた頃に一番よく使用するのがセスナ172です。 そのコックピットはよくできていると思うのですが,何か平面的だなと感じることもあります。 これを修正するデータが公開されていますのでご紹介します。 X-Plane11導入日記(その96)...

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

デフォルトのセスナ172には,ガーミンの無線機が備えられています。 もちろんそのことに不満はないのですが,FS2004のパネルに慣れている私のような古いタイプの人間にとって操作が高度過ぎるというのも正直なところです。 このような思いを汲んでセスナ機のパネルをFS200...

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で2種類搭載されています。 製品に付属する操作説明書は英文ですし,オンラインの説明書にも古い内容が記載されているものがあります。 先に公開したX-Plane430に続いてX...

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションに習熟する方法

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションに習熟する方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で搭載されています。 X-Plane11に付属する操作説明書は英文ですので,操作を習得するには少し苦労します。 けれども,これを助けてくれるページがあるのでご紹介す...

X-Plane11のセスナ機自動操縦環境を整える方法

X-Plane11のセスナ機自動操縦環境を整える方法

X-Plane11の自動操縦は,3Dコックピットから行うためその操作に習熟しておく必要があります。 また,着陸の時の自動操縦解除や緊急時の自動操縦を上書きする操作の必要性もあります。 そのためデフォルトのセスナ機においても,ジョイスティックのボタン割り付けを変更する必...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク