「 軽飛行機 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
セスナ172SPの日本語版操作説明書を使って効率よくX-Plane11に慣れる方法

セスナ172SPの日本語版操作説明書を使って効率よくX-Plane11に慣れる方法

X-Plane11のデフォルト機体の代表は,Cessna172SPです。 取り扱いやすい軽飛行機で,簡単に飛ばすことができます。 けれども,この機体は徹底的にこだわって作成されています。 この機体の取扱いを学んでいくことで,X-Plane11に慣れていくことができる...

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

X-Plane11を始めた頃に一番よく使用するのがセスナ172です。 そのコックピットはよくできていると思うのですが,何か平面的だなと感じることもあります。 これを修正するデータが公開されていますのでご紹介します。 X-Plane11導入日記(その96)...

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

デフォルトのセスナ172には,ガーミンの無線機が備えられています。 もちろんそのことに不満はないのですが,FS2004のパネルに慣れている私のような古いタイプの人間にとって操作が高度過ぎるというのも正直なところです。 このような思いを汲んでセスナ機のパネルをFS200...

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で2種類搭載されています。 製品に付属する操作説明書は英文ですし,オンラインの説明書にも古い内容が記載されているものがあります。 先に公開したX-Plane430に続いてX...

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションに習熟する方法

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションに習熟する方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で搭載されています。 X-Plane11に付属する操作説明書は英文ですので,操作を習得するには少し苦労します。 けれども,これを助けてくれるページがあるのでご紹介す...

X-Plane11のセスナ機自動操縦環境を整える方法

X-Plane11のセスナ機自動操縦環境を整える方法

X-Plane11の自動操縦は,3Dコックピットから行うためその操作に習熟しておく必要があります。 また,着陸の時の自動操縦解除や緊急時の自動操縦を上書きする操作の必要性もあります。 そのためデフォルトのセスナ機においても,ジョイスティックのボタン割り付けを変更する必...

X-Plane11でクジラと出会う方法

X-Plane11でクジラと出会う方法

Sea_Lifeというシーナリーライブラリーがあります。 このライブラリーの中にはクジラ,シャチ,イルカそしてマグロという海の生物が入っています。 フリーシーナリーの中には,クジラを見ることができるように作られたものがあります。 今回は,特別にあつらえた水上機でクジ...

デフォルトセスナ172SPにウェザリングを加える方法

デフォルトセスナ172SPにウェザリングを加える方法

デフォルトのセスナ172SPで使い込んだ雰囲気を楽しもうという機体と操縦席のパッケージを紹介します。 この作品は,元に戻す方法とデータまでパッケージにして公開されています。 ユーザーの事をよく考えて作られている作品ですので,安心して試してみることができます。 ...

とことんこだわった仮想コックピットを持つ軽飛行機

とことんこだわった仮想コックピットを持つ軽飛行機

パイパー社は,セスナ社と並んでよく知られている軽飛行機製作会社です。 ここが作ったトライペーサーは,1950年代に作られましたが,頑丈さと修繕のしやすさからか現在でもたくさんの機体が飛んでいます。 この人気のある機体をFS2004で再現するにあたって,2Dコッ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク