軽飛行機一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

これでフリーウェア?! ギミック満載のSR22T

シーラスSR22シリーズは低翼の単発機で,スッキリとしたシルエットで人気のある機体です。2019年から航空大学校の練習機に採用されているのはSR22で過給器のない型式です。このスタイルの良い機体がX-Plane11向けのフリーウェアで公開されました。しかもまるでペイウェア...

ネパールの山あいを飛ぶスリル満点のVFRを楽しむ方法

VFRといっても,GPSに頼らざるを得ない飛行があります。今回ご紹介するのはネパールの山あいにある飛行場へのVFRです。 Cami De Bellisさんの久々の新作シーナリーを使ってスリル満点のVFRを簡単に楽しむ方法をご紹介します。 ネパールの山あいを...

“人里離れた道を探索してキャンプするのに最適な飛行機”と紹介されたスポーツ機

タイトルに使った表現は,"Zenith CH750"を2010年1月にRAAレクリエーションフライーヤー誌が紹介したときに使ったキャッチフレーズです。短距離離着離性能に優れていてしかもFAAスポーツで許可されている最大のキャビンサイズと耐荷重性能を持つ軽スポーツ機です。ブ...

繊細な構成の機体を作り続ける飛行機製作者

X-Planeの機体を作っておられる人々はたくさんおられます。その中で主として小型機を製作されており,私がその出来映えが繊細だと思った作品がいくつかあります。偶然,飛行機作家の方のインタビュー記事が目にとまり,その方が,私が繊細だと感じた機体を製作された方だと知りました。...

3Dコックピット内で手軽に使えるAvitab

AvitabはVRの画面のなかにiPadを模したデバイスにドキュメントや地図を表示するためのプラグインです。通常の3D画面では別ウインドウで表示されるため,邪魔になるたびに表示を消すのが面倒でした。もともとAvitabはコックピット内に自らの画面を表示する場所を設定できる...

森の中の小さな臨時飛行場シーナリーと荒地用セスナ機

操縦士の中にブッシュパイロットという区分があります。道路も鉄道もない辺境の地を小型飛行機で飛び回り,人や物資を運ぶ人のことです。ブッシュパイロットでなければ離着陸できないような場所にある未舗装の滑走路を持つカナダの漁業調査基地シーナリーをご紹介します。そしてここを利用する...

気軽に楽しめるマイクロジェットがX-Plane11にやってきました

BD-5Jは,世界で一番小さいジェット機です。フライトシミュレータ用の機体データは少なかったのですが最近X-Plane用の機体が公開されました。 ペイウェアと思えるくらいドキュメントも整っている素晴らしい仕上がりです。操縦特性は,かなりのじゃじゃ馬ですがしっかり楽しめる...

セスナ172SPの操縦席内の音をグレードアップする方法

セスナ機の操縦席内での音といえば,空港での航空機の離着陸などの音,コックピット内の風の音などがあります。 そのほかの警告音もありますが,これらの音をグレードアップするプラグインがあります。しかも旅客機向けに作られたX-RAASというプラグインを軽飛行機であるセスナ機で利...

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

X-Plane11でVFRを楽しむとき,高性能のナビゲーション機器を搭載していない機体を使いたくなることがあります。 今回ご紹介するのは,古き良き時代のビンテージ機です。 もっとも,安全のために外付けのムービングマップを使えば迷うことはありません。 レトロな雰囲気を...

フライトシミュレーターで操縦技術を学ぶのに最適な軽飛行機

フライトシミュレーターで軽飛行機の操縦技術の練習をするとき最適な機体があります。 実機の"Piper cub J-3"は,1937年生まれです。 この機体は,軽くて丈夫しかも安価だということで,2万機以上生産された有名な機体です。 FS2004とX-Plane11の...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク