プロペラ機一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

“人里離れた道を探索してキャンプするのに最適な飛行機”と紹介されたスポーツ機

タイトルに使った表現は,"Zenith CH750"を2010年1月にRAAレクリエーションフライーヤー誌が紹介したときに使ったキャッチフレーズです。短距離離着離性能に優れていてしかもFAAスポーツで許可されている最大のキャビンサイズと耐荷重性能を持つ軽スポーツ機です。ブ...

Aerofly FS2にフリー航空機を導入する方法

AFS2にはデフォルトで軽飛行機から旅客機,軍用機にヘリコプターまで多くの航空機が付属しています。開発元のIPACSから航空機作成ツールが公開されているので,現在でも数種類のフリーウェアの航空機が公開されており,今後もフリーウェアの航空機が公開されることでしょう。この記事...

繊細な構成の機体を作り続ける飛行機製作者

X-Planeの機体を作っておられる人々はたくさんおられます。その中で主として小型機を製作されており,私がその出来映えが繊細だと思った作品がいくつかあります。偶然,飛行機作家の方のインタビュー記事が目にとまり,その方が,私が繊細だと感じた機体を製作された方だと知りました。...

森の中の小さな臨時飛行場シーナリーと荒地用セスナ機

操縦士の中にブッシュパイロットという区分があります。道路も鉄道もない辺境の地を小型飛行機で飛び回り,人や物資を運ぶ人のことです。ブッシュパイロットでなければ離着陸できないような場所にある未舗装の滑走路を持つカナダの漁業調査基地シーナリーをご紹介します。そしてここを利用する...

X-Plane11で楽しめる古典機の博物館

私は,第一次世界大戦前後の古典機と言われる航空機が好きです。初期の飛行機は凧のような外観を持っていたり,第一次世界大戦時にはド派手なカラーリングを施した複葉機が存在しました。現在では,航空ショーで見られる機体ですが,これらの機体を飛べる状態で展示している博物館がアメリカに...

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

X-Plane11でVFRを楽しむとき,高性能のナビゲーション機器を搭載していない機体を使いたくなることがあります。 今回ご紹介するのは,古き良き時代のビンテージ機です。 もっとも,安全のために外付けのムービングマップを使えば迷うことはありません。 レトロな雰囲気を...

フライトシミュレーターで操縦技術を学ぶのに最適な軽飛行機

フライトシミュレーターで軽飛行機の操縦技術の練習をするとき最適な機体があります。 実機の"Piper cub J-3"は,1937年生まれです。 この機体は,軽くて丈夫しかも安価だということで,2万機以上生産された有名な機体です。 FS2004とX-Plane11の...

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

デフォルトのセスナ172には,ガーミンの無線機が備えられています。 もちろんそのことに不満はないのですが,FS2004のパネルに慣れている私のような古いタイプの人間にとって操作が高度過ぎるというのも正直なところです。 このような思いを汲んでセスナ機のパネルをFS200...

X-Plane11でクジラと出会う方法

Sea_Lifeというシーナリーライブラリーがあります。 このライブラリーの中にはクジラ,シャチ,イルカそしてマグロという海の生物が入っています。 フリーシーナリーの中には,クジラを見ることができるように作られたものがあります。 今回は,特別にあつらえた水上機でクジ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク