スポンサーリンク

X-Plane11の夜景をグレードアップする方法

X-Plane11で夜間飛行するとき夜景の美しさは素晴らしいものです。しかし,この夜景でも満足できないと考え,各地の夜景を改良された方が世界中にいらっしゃいました。そして,これらの作品群がひとまとめにされ,導入しやすいようにパッケージ化されました。このパッケージの導入方法とその効果について報告します。


X-Plane11導入日記(その147)

世界中の夜景をグレードアップできるフリーウェアパッケージ

X-Plane11用のシーナリーパッケージ

X-Plane11で夜間飛行するとき夜景の美しさは素晴らしいものです。

しかし,この夜景でも満足できないと考え,複数の方々が世界各地の夜景を個々に改良されていました。

それぞれの夜景を個別に導入することは,作業も繁雑で管理も大変です。

国ごとの区分とかで導入できれば,大変うれしいことです。

“Hakodate” by Mia Liang. Photo from Flickr

X-Plane11用のシーナリーパッケージ

今回,個別に公開されていた作品群が,ほぼ大陸ごとにまとめられてパッケージ化されました。

個々の大陸別のダウンロードもできるようになっており,導入方法も簡単になっています。

ダウンロードとインストール

ダウンロード

このパッケージのタイトルは,”Extended Night Lighting for Whole World 1.0.0“といいます。

X-Plane.orgから引用

このパッケージは,ファイルが大きいためにX-Plane.org内にクラウドストレージへのリンクがあります。

また,世界中すべてを一括でダウンロードできるだけでなく,自分が必要な区域だけをダウンロードできるようになっています。

世界中のデータを導入するとディスクの容量をかなり使いますから,すべてのデータを導入する必要はありません。

ダウンロードページでの作業

X-Plane.org内のリンクをクリックすると,クラウドストレージのページが開きます。

この中に複数のファイルが表示されています。

世界中のデータを一括でダウンロードするときには,”EXT_World_Lights.rar“をクリックします。

この中には,すべての大陸別のrarファイルが入っています。

日本を含むアジアのデータは”EXT_ASIA_LIGHTS.rar“をダウンロードします。

ページの上方にある”ZIPとしてダウンロードする“は,クリックしないようにしてください。

これをクリックすると,”EXT_World_Lights.rar“に入っているファイルを含め重複してダウンロードすることになります。

EXT_World_Lights.rarの中には,EXRT_ASIA~USまでのrarファイルが含まれています。

インストール

日本を含むアジアのデータをX-Plane11に導入する作業を説明します。

1 ダウンロードした”EXT_ASIA_LIGHTS.rar”ファイルを適当な場所で展開します。
2 展開してできた,”EXT_ASIA_LIGHTS”フォルダーをX-Plane11>Custom Sceneryフォルダーにコピーします。

世界中のデータを導入するときは,この作業を大陸別に繰り返します。

Scenery packs.iniの編集

コピーし終わったら,”Scenery packs.ini“を開いて,導入したフォルダーの定義を書き込みます。

夜景のデータは,各空港シーナリーの下でフォトシーナリーの上に置くようにとの説明があります。

X-Plane.orgから引用

私の例を次の画面でご紹介します。

南西諸島のフォトシーナリーの上に”EXT_ASIA_LIGHTS”を置いてます。

X-Plane11での効果とFPSについて

私にとって夜景と言えば,第二のふるさとである函館の夜景です。

デフォルトの夜景は,次のとおりです。

3jFPS”の各設定ごとに説明します。

FPSを考慮したAUTO設定と最高画質にしたときの2種類です。

デフォルトのAUTO設定での画面

デフォルトのQuality重視の設定での画面

つぎに”EXT_World_Lights”を導入した夜景です。

FPSを考慮したAUTOでもデフォルトより少し明るく見えます。

“EXT_World_Lights”を導入しAUTO設定での画面

つぎにFPSを最大にした時の画面は,Autoよりも少し暗く感じますがデフォルトの高画質程度です。

“EXT_World_Lights”を導入しMAX FPS設定での画面

MAX QUAL設定にした場合は,実際の夜景のような光の洪水です。

OFF設定も同様です。

このときのFPSは28~30ですから,実用上も問題ないと思います。

まとめ

このパッケージは,美しい夜景を表現する素晴らしいシーナリーです。

さすがにVFRでは飛行できないので,IFR専用またはムービングマップに頼る簡易ナイトフライトになるでしょう。

Enjoy, flight!

光の帯の右端に,函館空港が見えます。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク