スポンサーリンク

霧島連山と桜島を見渡せる南九州の拠点空港

鹿児島空港は,南九州にある拠点空港です。標高272mの高台にあり,空港からは北に霧島連山,南に桜島を見ることができる眺めの良い空港です。南西諸島への出発地として是非X-Plane11に導入しておきたい空港です。


X-Plane11導入日記(その143)

南西諸島への主発地として導入しておきたい鹿児島空港シーナリー

有数の乗降客数を誇る南九州の拠点空港

鹿児島空港は,南九州にある拠点空港です。

標高272mの高台にあり,空港からは北に霧島連山,南に桜島を見ることができる眺めの良い空港です。

九州内では福岡空港に次ぐ第2位の年間利用客数があり,東京と大阪への乗客が多くなっています。

特に離島への路線は多く,県内の離島だけでも種子島,屋久島,奄美,喜界,徳之島,沖永良部,与論と7路線あります。

“Kagoshima Airport” by Hideyuki KAMON. Photo from Flickr

鹿児島空港シーナリー

ダウンロードとインストール

空港データはX-Plane.orgからリンクをたどり作者のページからダウンロードします。

タイトルは,”RJFK Kagoshima 1.0.0です。

X-Plane.orgから引用

This custom scenery I created while crossing from Canada to Australia. It uses: Go to: www.bnasroberts.net - Scenery - Asia Enjoy Baz

ダウンロードリンクをクリックすると作者のページにいけます。

Baz’s X-Plane Libraryから引用

このページの中にある”Asia”ページリンクをクリックします。

Baz’s X-Plane Libraryから引用

表示されたページ内にあるRJFK KAGOSHIMA.zipリンクをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは”RJFK KAGOSHIMA.zip”です。

ダウンロードリンク(日本語自動翻訳表示)Baz’s X-Plane Libraryから引用

ライブラリー

空港シーナリー表示に必要なライブラリーは,OpenSceneryX,AutoGate,FF-LibraryそしてWave Libraryです。

これらをあらかじめインストールしておいてください。

そのほか,高精細地形データAirport Environment HD,Japan proなど空港シーナリーを改善するライブラリーもあるので併せて利用してください。

日本の詳細な地形データをX-Plane11に導入する
X-Plane11は,デフォルトで90mメッシュの地形データが入っています。 そのままでも十分実用的なのですが,VFRで地形をみながら飛行する地文航法を行う場合には,より精密な地形表現が望ましいのです。 X-Plane11には,フリー・データで日本の30mメッ...
X-Plane11の海に波を表示する方法
Xplane11には気象条件をさまざまに変えることができる機能があります。 風の強さもその一つですが,風は目に見えません。 海では,風の強さによって波が立ちますから風が吹いていることが目に見えるわけです。 X-Plane11に波を表示させる設定があるので...
インストール

空港シーナリーをインストールする前に,表示に必要なライブラリーをインストールしておいてください。

空港シ-ナリーのインストール手順は,次のとおりです。

1 ダウンロードした”RJFK KAGOSHIMA.zip”ファイルを適当な場所で展開します。
2 展開してできた,”RJFK KAGOSHIMA”フォルダーをX-Plane11>Custom Sceneryフォルダーにコピーします。

以上で導入作業は終了です。

X-Plane11での表示

このシーナリーにある空港ターミナルビルは,実際の空港ビルの形状を再現したものではありません。

空港ビル自体が増改築が行われていて,このシーナリーのビルは少し前のものだと思って割り切って使いましょう。

空港駐機場を眺めてみます。

さまざまな国際線の旅客機が見えます。

実際の空港にも国際線は就航していますが,会社は異なるようです。

遠くに桜島が見えます。

ターミナルビルを駐車場側から見たところです。

実際の空港ビルは,白くて四角い平らな形状ですが,シーナリーのビルは山形の屋根になっています。

なお管制塔ビルの位置や形状は,実際のものによく似ています。

空港の北側には,霧島連山が見えます。

すこし高度を上げて,南を眺めると錦江湾と桜島がハッキリ見えます。

X-Plane11の標高データへの対応

このシーナリーでも,このオプションを標高データーを反映する設定にすると,でこぼこの滑走路になりますので,利用するには標高データの反映を無効化する必要があります。

標高を反映して盛り上がった滑走路

FPSについて

晴天時の空港滑走路上と飛行中について,FPSは”3jFPS”OFFで29.9以上と軽いシーナリーになっています。

まとめ

私は,南西諸島への出発地として,このシーナリーを使っていきたいと考えています。

ただし,距離があるので洋上のVFRでの遠距離飛行は,すこし難しいかもしれません。

島伝いに,あらかじめ方位を確認して,VORを頼りにVFRで飛行するということも考えてみたいと思います。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク