スポンサーリンク

X-Plane11で行く日本最北端の空港

稚内空港は,日本最北端にある定期便が就航する空港です。東京と札幌から全日空のジェット機が夏は1日2便,就航しています。夏時期には宗谷岬への観光の玄関として特に賑わう空港です。利尻礼文への出発地であり,利尻富士を望める空港です。この空港のシーナリーをX-Plane11に導入します。


X-Plane11導入日記(その133)

X-Plane11で訪れることのできる日本最北端の稚内空港

利尻富士が望める空港

稚内空港は,日本最北端にある定期便が就航する空港です。

東京から夏は1日2便,冬は1日1便が,札幌からは周年1日2便,全日空のジェット機が就航しています。

夏時期には宗谷岬への観光の玄関として特に賑わう空港です。

フライトシミュレーターファンにとっては利尻礼文への出発地であり,利尻富士を望める空港です。

稚内空港と利尻富士の写真

稚内空港と利尻富士の写真 国土交通省北海道開発局のページから引用

XーPlane11の稚内空港シーナリー

稚内空港は2009年に就航率をあげるために滑走路を2200mに延長しました。

誘導路はないので,出発機は滑走路端にあるターニングパッドで方向転換します。

拡張された空港には2カ所にこのターニングパッドがあるので,シーナリーが拡張後なのかどうか一目で見分けがつきます。

稚内空港シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

空港データはX-Plane.orgからダウンロードします。

タイトルは,”RJCW Wakkanai 1.0.0”です。

ダウンロードしたファイル名は,”RJCW WAKKANAI.zip”です。

ライブラリー

空港シーナリー表示に必要なライブラリーは,OpenSceneryXです。

これらをあらかじめインストールしておいてください。

そのほか,高精細地形データAirport Environment HDなど空港シーナリーを改善するライブラリーもあるので併せて利用してください。

日本の詳細な地形データをX-Plane11に導入する
X-Plane11は,デフォルトで90mメッシュの地形データが入っています。 そのままでも十分実用的なのですが,VFRで地形をみながら飛行する地文航法を行う場合には,より精密な地形表現が望ましいのです。 X-Plane11には,フリー・データで日本の30mメッ...
インストール

空港シーナリーをインストールする前に,表示に必要なOpenSceneryXライブラリーをインストールしておいてください。

空港シ-ナリーのインストール手順は,次のとおりです。

1 ダウンロードした”RJCW WAKKANAI.zip”ファイルを適当な場所で展開します。
2 展開してできた,”RJCW WAKKANAI”フォルダーをX-Plane11>Custom Sceneryフォルダーにコピーします。

以上で導入作業は終了です。

X-Plane11での表示

空港ターミナルビルとエプロンです。

作者の方は,OpenSceneryXのライブラリーだけで作ったと書いておられます。

そういうわけで,実空港にある1基のボーディングブリッジがありません。

オーバーレイエディターで,ボーディングブリッジとANA機を追加してみました。

実作業時間は30分程度ですが,これだけで実空港の雰囲気を出せたと思います。

空港玄関口にある雪よけ通路は,うまく表現されていると思います。

冬景色にすると周辺だけが,白くなっています。

実世界の写真では,一面真っ白ですからシーナリーの限界ということでしょう。

稚内空港 Wikipediaから引用

FPSについて

晴天時の空港滑走路上と飛行中について,FPSは”3jFPS”OFFで29以上と快適な軽いシーナリーになっています。

VFRにとっては優しいシーナリーです。

まとめ

南西諸島の後は,一気に北から飛んでみたくなりました。

私は,大学時代北海道に5年間住んでいたのですが,在学中は金欠だったので北海道内の観光旅行をほとんどしたことがありません。

地形表現の豊かなX-Plane11で,今から上空からの観光旅行をしてみたいと考えています。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク