スポンサーリンク

X-Plane11に導入しておきたい那覇空港シーナリー

X-Plane11デフォルトの那覇空港は,空港施設が何もない空港シーナリーです。これを解決してくれるX-Plane10用のフリーシーナリーがあるので是非とも導入しておきましょう。


X-Plane11導入日記(その128)

X-Plane11に導入しておきたい那覇空港シーナリー

もうすぐ拡張工事が完成する那覇空港

那覇空港は,敷地内に自衛隊の施設を持つ大規模空港です。

空港ターミナルビルは,コの字の形をしていてそこに多くのボーディングブリッジが備わっている独特の形状をしています。

”Naha-airport2” by TeraMeguri. Photo from Flickr

”Naha-airport2” by TeraMeguri. Photo from Flickr

国内各地からの定期便が多く就航しており,利用機数が多いことから,滑走路の増設・拡張工事が行われていて,2020年3月には完成する予定です。

空港周辺には,県内離島航路のフェリー発着港があって空港から出入りする船が見られます。

周辺離島航路と沖合に拡張工事中の那覇空港 Googlemapから引用

X-Plane11の那覇空港シーナリー

デフォルトの那覇空港シーナリーは,2017年2月16日更新の新しいシーナリーなのですが,空港ビルはもとよりエプロンに何もないシーナリーです。

現在3Dシーナリーの作成を行っていらっしゃる方がおられるので,近々デフォルトシーナリーも改善される見込みです。

それを待たなくても,少し前の那覇空港を再現してくれているX-Plane10向けのシーナリーがあり,X-Plane11でも問題なく利用できます。

那覇空港シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

空港データはX-Plane.orgからダウンロードします。

タイトルは,”ROAH – Naha Airport 1.0”です。

ダウンロードしたファイル名は,”ROAH v1.0.zip”です。

X-Plane.orgから引用

Real-world taxiways, generic buildings Created using WED and Overlay Editor. OpenSceneryX required. Tested in X-Plane 10 Best used with Japan HD Mesh (
ライブラリー

空港シーナリー表示に必要なライブラリーは,OpenSceneryXです。

これらをあらかじめインストールしておいてください。

そのほか,高精細地形データAirport Environment HDなど空港シーナリーを改善するライブラリーもあるので併せて利用してください。

日本の詳細な地形データをX-Plane11に導入する
X-Plane11は,デフォルトで90mメッシュの地形データが入っています。 そのままでも十分実用的なのですが,VFRで地形をみながら飛行する地文航法を行う場合には,より精密な地形表現が望ましいのです。 X-Plane11には,フリー・データで日本の30mメッ...
インストール

空港シーナリーをインストールする前に,表示に必要なOpenSceneryXライブラリーをインストールしておいてください。

空港シ-ナリーのインストール手順は,次のとおりです。

1 ダウンロードした”ROAH v1.0.zip”ファイルを適当な場所で展開します。
2 展開してできた,”ROAH v1.0”フォルダーをX-Plane11>Custom Sceneryフォルダーにコピーします。

以上で導入作業は終了です。

X-Plane11での表示

空港ターミナル施設全景を周辺風景と同時に表示しました。

多くの国内線旅客機のほか,周辺の港には大型のフェリーも見えます。

このフェリーは,デフォルトシーナリーの物です。

空港エプロンとターミナルビル近影です。

多くの自衛隊機が駐機している付属施設です。

“NAHA”の文字が読めます。

一般航空機用のエプロンです。

この右側の海に新しい滑走路が設けられる予定です。

FPSについて

晴天時の空港滑走路上と飛行中について,FPSは”3jFPS”OFFで29以上と快適でした。

多くのオブジェクトを使っているわけではないので軽いシーナリーになっています。

まとめ

調べてみると,南西諸島の空港シーナリーは国内空域の中でも充実しています。

屋久島空港は先にご紹介しましたので,今後は南西諸島の中小空港と嘉手納飛行場シーナリーをご紹介する予定です。

これらの空港シーナリーを導入すると,南西諸島の飛行が一層楽しいものになると思います。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク