スポンサーリンク

FS2004からX-Plane11に来た「森の空港」

大館能代空港は,「あきた北空港」という愛称がつけられ,空港ターミナルビルは,秋田杉を主とする木材をいろいろな場所に使用して「森の空港」というイメージを演出しています。
この空港シーナリーは,FS2004からX-Plane11にやってきた物ですが,周囲の景観となじんだリアルな物になっています。


X-Plane11導入日記(その126)

X-Plane11にFS2004から来た大館能代空港

大館能代空港(RJSR)は,「あきた北空港」という愛称がつけられています。

空港ターミナルビルは,秋田杉を主とする木材をいろいろな場所に使用して「森の空港」というイメージを作り出しています。

この空港は,ターミナルビルや駐車場などの施設を道の駅にも利用している珍しい地方空港です。

年間利用者数は12万人未満で,東北地方の空港で最も少ない空港です。

2016年(平成28年)11月からフジドリームエアラインズ(FDA)が,私の地元である広島空港からのチャーター便を運行しています。

“Odate-Noshiro Akita-Kita Airport” by Takk D.Martin. Photo from Flickr

X-Plane用の大館能代空港シーナリー

このシーナリーは,ドキュメントにFS2004の大館能代空港を変換して作成したことが明記されています。

FS2004ではおなじみの空港ですが,X-Plane11では,リアルな周囲の景観とあいまって「森の中の空港」といったよいイメージになっています。

大館能代空港シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

空港データはX-Plane.orgからダウンロードします。

タイトルは,”RJSR Odate-Noshiro Airport JAPAN 1.0.0”です。

ダウンロードしたファイル名は,”Japan_RJSR_Odatenoshiro.zip”です。

Odate-Noshiro Airport (IATA:ONJ ICAO:RJSR) is regional airport located in Akita pref, JAPAN. You will need the Following OpensceneryX Library
ライブラリー

空港シーナリー表示に必要なライブラリーは,OpenSceneryXです。

これらをあらかじめインストールしておいてください。

そのほか,高精細地形データAirport Environment HDなど空港シーナリーを改善するライブラリーもあるので併せて利用してください。

日本の詳細な地形データをX-Plane11に導入する
X-Plane11は,デフォルトで90mメッシュの地形データが入っています。 そのままでも十分実用的なのですが,VFRで地形をみながら飛行する地文航法を行う場合には,より精密な地形表現が望ましいのです。 X-Plane11には,フリー・データで日本の30mメッ...
インストール

空港シーナリーをインストールする前に,表示に必要なOpenSceneryXライブラリーをインストールしておいてください。

空港シ-ナリーのインストール手順は,次のとおりです。

1 ダウンロードした”Japan_RJSR_Odatenoshiro.zip”ファイルを適当な場所で展開します。
2 展開してできた,”Japan_RJSR_Odatenoshiro”フォルダーをX-Plane11>Custom Sceneryフォルダーにコピーします。

以上で導入作業は終了です。

X-Plane11での表示

ちょっと上空から空港ターミナル施設を表示しました。

実際には就航していないはずの国際線旅客機が見えます。

この位置に,国内線の旅客機オブジェクトを置けば表示されなくなるかもしれません。

X-Plane11の大館能代空港

元になったFS2004のシーナリーは,次のようなものです。

建物は同じでも周囲の景観から受ける印象は,X-Plane11が優れていると感じます。

FS2004の大館能代空港

X-Plane11では,フリーカメラで自由に見学ができるので,いくつかの施設をご紹介します。

空港エプロンとターミナルビルと管制塔です。

近くの針葉樹は,「秋田杉」でしょうか。

ターミナルビル玄関を表示しました。

空港名の表示看板が見えます。

上空から見た,冬時期の空港全景です。

緑色に見えるのが,空港シーナリーの境界のようです。

FPSについて

晴天時の空港滑走路上と飛行中について,FPSは”3jFPS”OFFで29以上と快適です。

まとめ

この大館能代空港シーナリーは,広島からFDAの機材を使ってIFRということになるのでしょう。

しかしながらFDAの機材は,ペイウェア用のAI機で見かけましたが,飛行できる機材は見つけていません。

いまのところ私にとってこの空港は,日本国内を周遊する時の経由地にしたい落ち着いた空港のひとつになっています。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク