スポンサーリンク

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

X-Plane11でVFRを楽しむとき,高性能のナビゲーション機器を搭載していない機体を使いたくなることがあります。
今回ご紹介するのは,古き良き時代のビンテージ機です。
もっとも,安全のために外付けのムービングマップを使えば迷うことはありません。
レトロな雰囲気を十分に楽しめる”Navion 205″をご紹介します。


X-Plane11導入日記(その118)

本格的にビンテージ機体を再現した”Ryan Navion 205″でレトロなVFRを楽しむ

Navion“は,第二次世界大戦後にあの有名なP-51戦闘機を設計したRyanという会社が設計した練習機です。

日本では,さほど有名という機体ではありませんが,米国内では未だに飛んでいるビンテージ機の一つです。

“Navion”は,操縦席だけが機体上部に飛び出している低翼の単発機です。

“Navion” by Trent Bell. Photo from Flickr

私がこの機体の外観を見たとき,富士重工が生産していた軽飛行機FA-200エアロスバルを思い出しました。

X-Plane11の”Navion 205″

この機体は,X-Plane11向けに機体データを販売している”vFlyteAir“が,自社の製品の販売促進のためにフリーウェアとして公開したデータです。

“vFlyteAir”のページでは,魅力的な軽飛行機が販売されています。

“Navion205″をフリーウェアとして公開していることも,このページで紹介されています。

データのダウンロードとインストール

ダウンロード

データは,X-Plane.orgからダウンロードできます。
タイトルは,”nFlyteAir Ryan Navion 205 Vintage Freeware 1.1.2”です。
ダウンロードしたファイル名は”vFlyteAir_Navion205_v1_1_2.zip”です。

X-Plane.orgから引用

インストール

ダウンロードした”vFlyteAir_Navion205_v1_1_2.zip”を適当な場所で展開します。

できあがった”vFlyteAir_Navion205_v1_1“というフォルダーをX-Plane11>Aircraftフォルダーにコピーすればインストール作業は終了です。

フォルダー内には,レトロな用紙に印刷された説明書がpdfファイルで収められています。

X-Plane11での表示

フライトの作成では,アイコンファイルが用意されているので,機体画像が表示されます。

これを選択します。

コックピット

コックピットの左側にあるナビゲーション機器も旧式のものです。

必要なQuickLookは,セスナで設定したものをコピーして,天井部分など少し手直しするだけで利用できます。

'Quick look view'を他機に移植する簡単な方法
X-Plane11での操縦環境を劇的に改善するのがQuick Lookです。 けれども,X-Plane11のマニュアルには,各機体ごとにViewを設定しなければならないとの記載があります。 しかしながら制限はあるものの,セスナ172SPで設定した'Quick look...

いくつかの視野を確保しておけばビンテージなコックピットでレトロなVFRを楽しむことができます。

左前を表示したとき,窓にハンディGPSが表示されます。

そのときに使うのが,”AviTab”です。

X-Plane11ウインドウ内で使える移動地図
X-Plane11には,マップを表示する機能があります。 けれどもこのマップは,自機の現在地を表示するだけで自機が移動しても追随してくれません。 FS2004やFSXでは,さまざまな追加アプリで移動マップを表示することが出来ます。 X-Plane11にも...

この装置は,VRで利用する時に画面が表示可能ですが,通常の3Dコックピットでは利用できません。

この装置の表示を消す方法は,GPS装置の取り付け部分をフリーカメラで表示しクリックすることです。

こうすれば,すっきりとしたコックピットになります。

GPS装置の表示を消したコックピット

代わりのムービングマップとして,先ほどの”AviTab”か,”Plan-G”を使いましょう。

X-Plane11とFS2004兼用のフライトプランナーを使う方法
X-Plane11のフライトプランを作るフリーウェアを探してみました。 いろんなフォーラムページで見かけるのが"Plan-G"でした。 このアプリは,FS2004,FSX,P3DそしてX-Plane11を対象にしています。 動作に課題があるものの,使えるアプリである...
機体表示

機体は,つやのある銀色のベアメタルです。

操縦席は,機体内部のハンドルで開くことができます。

ハンドル部分をQuickLookでセットしておけば簡単です。

もちろん,キー割り当てをして開くこともできます。

コックピットを開いた機体

上空に上がると,地上の風景が機体に映り込むので真っ白にも見えます。

コックピットは,使い込んだ計器板やちょっと傷のあるガラスを再現しています。

日陰ではわかりにくいのですが,上空に上がって明るくするとビンテージ感がよく表現されています。

まとめ

この機体で”vFlyteAir“の作品の良さを知ってもらい,その他の機体を購入してもらおうということだと思います。

まるでスーパーマーケットでの試食販売みたいです。

もっともビンテージ機とはいえ,品質の良いフリーウェアとして公開してもらえたのですから,ありがたく使わせてもらうことにしましょう。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク