スポンサーリンク

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

X-Plane11を始めた頃に一番よく使用するのがセスナ172です。
そのコックピットはよくできていると思うのですが,何か平面的だなと感じることもあります。
これを修正するデータが公開されていますのでご紹介します。


X-Plane11導入日記(その96)

陰影を加えてデフォルトセスナ172のコックピットの質感を向上させる

X-Plane11を始めた頃に一番よく使用するのがセスナ172SPです。

私がVFRでよく利用するのは,この機体です。

この機体のコックピットはよくできていると思うのですが,何か平面的だなと感じることがあります。

その原因は,パネルの立体感でした。

デフォルトのコックピットでは,光の当たり具合による陰影や反射が全く表現されていません

そのために,平面的な印象になるのだと思います。

これを修正するデータが公開されています。

導入して,質感あふれるセスナ機のコックピットを手に入れましょう。

”N842LP,Cessna 172SP” by Ruthann. Photo from Flickr

質感向上のためのデータのダウンロードとインストール

ダウンロード

このデータのタイトルは”Cessna C172 SP – PBR Cockpit Overhaul 1.0.0”で,X-Plane.orgからダウンロードします。

X-Plane.orgから引用

ダウンロードしたファイルは”Cessna C172 PBR Cockpit.zip”です。

インストール

手順は次のとおりです。

  1. ダウンロードした”Cessna C172 PBR Cockpit.zip”を適当な場所で展開します。できあがったフォルダーは”Cessna C172 PBR Cockpit”という名前です。
  2. このフォルダーを開き,中にあるフォルダー1つと5つのファイル名を確認します
  3. X-Plane11>Aircraft>Laminar Research>Cessna 172SP>objectフォルダーを開きます。
  4. このフォルダー内にある,先ほどの”Cessna C172 PBR Cockpit”内にあったフォルダー1つと5つのファイルをどこかにバックアップ用のフォルダーを作ってコピーします。
  5. Cessna C172 PBR Cockpit”内のフォルダー一つと5つのファイルをX-Plane11>Aircraft>Laminar Research>Cessna 172SP>objectフォルダーに上書きコピーします。

以上で作業は終了です。

X-Plane11での表示

デフォルトと改良したコックピットを比較してみましょう。

デフォルトのパネル

改良後のパネル グレアシールド上の反射がはっきり見えます

コックピット全体ではすぐには気がつきませんが,いろいろな所の光の反射や影が加わっています。

ズームアップしてみると,各計器の枠の立体感が増し,文字がくっきりとしています。

デフォルトのパネル

改良後のパネル ヨークの軸の反射があり,各計器の立体感が向上しています

拡大すると各ダイヤルに光の反射があることがわかります。

計器の立体感とダイヤルの光の反射に注目してください

これだけで,コックピット全体のリアリティが向上するのですから,光の表現というものは大事なのですね。

まとめ

単純にテクスチャーを入れ替えるデータなのですが,よく使う機体のコックピットの質感を向上させるありがたいデータだと思います。

公開してくださった作者の方にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク