スポンサーリンク

FSXのガイドブックをX-Plane11で使う方法

X-Plane11を使うとき,ジョイスティックだけではすべて操作を行うことはできず,様々な操作をキーボードを介して行う必要があります。
X-Plane11向けの日本語のガイドブックは今のところ見当たりません。
FSX向けのガイドブックは,かなり前に出版されたもののまだ書店や古書店で買えるようです。
このガイドブックを使ってX-Plane11を楽しむ簡単な方法があります。


X-Plane11導入日記(その95)

FSXのキーボード割り当てでX-Plane11を使う簡単な方法

X-Plane11で使うキーボード設定

X-Plane11を使うとき,ジョイスティックだけではすべて操作を行うことはできません。

ライトなどのいろいろな操作をキーボードを介して行う必要があります。

けれどもX-Plane11のデフォルトの設定では,これまで慣れ親しんだFS2004やFSXのキー割り当てとは異なります。

私は,X-Plane11のキー割り当てを覚えのは大変だなと考え,少しずつ設定をFS2004風に変更しようとしていました。

偶然,X-Plane11のキー設定を行うウインドウの中に”X-Plane11”,”FSX”,”X-Plane10”というメニューを見つけました。

何をするものだろうかと少しいじってみると,びっくりすることにキー割り当てをFSXやX-Plane10のものに変えてしまう設定だったのです。

これを使えば,キー割り当てを新しく覚える苦労をせずにX-Plane11が使えることになります。

また,X-Plane11を使って飛行練習をするとき日本語のガイドブックは見当たりません。

FSXのガイドブックは,かなり前に出版されたもののまだ書店や古書店で買えるようですが,キー割り当てが違うので読み替えには一苦労です。

キー割り当てをFSXと同じにすれば,FSXのガイドブックもそのまま使えます。

かなりメリットがある設定なのですが,X-Plane11の説明書の中には記載されていないものでした。

調べてみると完全互換ではないようですが,ある程度使えるというものだったのでご紹介することにしました。

“keyboard” by xex520. Photo from Flickr

キーボード割り当てを一括でFSX風に変更する具体的な操作

あまりにも簡単な操作なので,すでにお気づきになられているかたもたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

私も,X-Plane11を導入して7ヶ月経過するまで気がつかなかったので,X-Plane11に初めて触れる方には,意義のある設定だと思うので紹介することにしました。

設定はつぎのとおりです。

X-Plane11の起動画面の一番下にある「設定」をクリックします。


表示された「設定」ウインドウの一番上にあるメニューから「キーボード」を選びます。


一番下の左側にある「よく使用しているプロフィール」が”ユーザープロファイル”か”User Profile”になっていることを確かめます。

つぎに一番右下にある”X-Plane11”というところをクリックするとダウンリストが出てきます。

その中から「FSX」を選びます。

つぎに,その左の「キーボードの割り当てをデフォルトにリセット」というボタンをクリックします。

表示された「すべてのキーボード設定がリセットされます」というウインドウが開きます。

このウインドウの右下にある「キーボード設定をリセットする」をクリックすれば,X-Plane11の設定が「FSX」のキー割り当てに変更されます。


つぎに,この設定を各フライトに適用するためにプロフィールを保存します。

プロフィールの管理ボタンをクリックして,「新しいプロフィール名を入力」ウインドウで「Nomal FSX」と名前をつけて保存します。


設定の確認

設定したプロフィールを確認してみましょう。

左端にある「現在の割り当て」をクリックします。

ガイドブックでよく使うオートパイロットの設定を比較してみましょう。

まずFSXのオートパイロットの設定です。

”Ctrl+”キーの設定となっています。

FSXの割り当てに変更したX-Plane11のオートパイロットを表示しました。

ちゃんと同じに設定されています。

けれども,すべてのX-Plane11の設定は変更されるわけではないようです。

FSXのドアの開け閉めに使う”Shift+E”は,X-Plane11では視野回転に割り当てられています。

そういうわけで,完全なキー設定互換にはならないようですので,”Nomal FSX”プロフィールをベースにして設定が違うものを少しずつ修正をしていく必要がありそうです。

まとめ

この設定を使えば,X-Plane11のキー割り当てをある程度FSX風の設定に変更できます。

FSXのガイドブックでオートパイロット使うときには便利な機能だと思います。

また,私のような年齢を重ねた人間には,新たにキーを覚える必要がないのもうれしいですね。

さらには,外部デバイスをFSXで使っていた人には,X-Plane11向けに割り当てを変更する必要がないというのもメリットになるのではないかと考えます。


FSXの代表的なガイドブック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク