スポンサーリンク

X-Plane11でA320neoの飛行を楽しむ方法

X-Plane11ではデフォルトのB737-800が現行機種では定番の旅客機ということになります。
X-Plane11には過去の作品を移植したものも公開されていますが,X-Plane11向けに新たに開発されたフリーウェアの旅客機はそれほど多くはありません。
今回ご紹介するのは,ANAが採用したA320neoです。ライブラリーにANA塗装がないのが残念ですが,最新鋭の機体をX-Plane11で楽しめます。


X-Plane11導入日記(その94)

X-Plane11向けに作成されているA320neo

X-Plane11には過去の作品を移植したものも公開されていますが,X-Plane11向けに新たに開発されたフリーウェアの旅客機はそれほど多くはありません。

今回ご紹介するのは,ANAが採用したA320neoです。

残念ながらライブラリーにANAの塗装は入っていませんが,最新鋭の機体をX-Plane11で楽しめます。

X-Plane11付属のB737-800と並ぶ定番旅客機となるかもしれません。

”A320 Neo” by Xavier Wattez. Photo from Flickr.

A320neoデータのダウンロードとインストール

ダウンロード

データは”X-Plane.org”からダウンロードします。

タイトルは”Airbus A320neo 0.9.5”です。

X-Plane.orgから引用

タイトルからわかるように,作者による作成途中のものという位置づけです。

理由は,機体の挙動なのだそうです。

インストール

ダウンロードした”A320.0.9.5.zip”ファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”A320.0.9.5”フォルダーの中にある”A320”フォルダーをX-Plane11>Aircraftフォルダーにコピーすれば導入作業は終了です。

なお私は,”A320”というフォルダー名を”A320neo”と変更してコピーしました。

旧機種と混同する恐れがあるというのがその理由です。

X-Plane11用のA320がないので杞憂なのかもしれません。

X-Plan11での飛行

この機体のデフォルト塗装は,プロトタイプのものです。

滑走路に表示後,機体変更を行ってアイコンの作成を行えば付属のライブラリー塗装がアイコン表示できるようになります。

詳しい方法は,私の過去の記事をご覧ください。

X-Plane11にフリー航空機を導入する
X-Planeには無償でたくさんの航空機が提供されています。 無償で提供されている航空機の導入については,FS2004とは勝手が違うのでどうすれば良いのかわからないでいました。 マニュアルには簡単に書いてあるのですが,導入フォルダーの位置以外の部分は試行錯誤で...

先に説明したとおり,全日空塗装データは入っていません。

全日空の採用した機体は,この機体と同じくプラット&ホイットニーのエンジンですから塗装データを用意すれば全日空機も再現できますね。

コックピット表示

コックピットは,3D表示でPopupはFMS(CDU)だけです。

起動後のコックピット

Popup FMS(CDU)

そのためMCPの操作は,矢印キーの視点移動で行う必要があります。

またパネルについてもまだ開発途上ということで,動作するものが限られています。

単純にオートパイロットで飛行するだけなら大丈夫です。

FLAP1で離陸し,オートパイロットに頼らず富士山方面に飛行しましたが,機体の挙動は素直だと感じました。

X-Plane11のコックピットは3Dが基本なので,私はFS2004と比べて操作が難しいと感じてしまいます。

まとめ

今後この機体が改良されてVer1.0となるのでしょう。

また,ANA塗装データが公開されるかもしれませんので,期待して待つことにしましょう。

私はエアライナーでの飛行は,FS2004で行っています。

けれどもFS2004ではフリーウェアのA320neoのプラット&ホイットニーエンジン仕様機体は公開されていません。

私はA320neoについては,しばらくこのX-Plane11の機体で飛行を楽しむことになります。


この記事の機体は,つぎの製品のバージョンアップ版で動作確認しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク