スポンサーリンク

X-Plane11にも居たツグミ

三菱重工のMU-2は,日本よりも米国内で人気がある双発機です。
短胴型は”Solitaire”という愛称を持っています。
操舵に機敏に反応する戦闘機のような国産双発機を楽しんでください。


X-Plane11導入日記(その88)

X-Plane11向けの機敏な運動性能をもつMU-2

MU-2については,FS2004向けの機体をこのブログで取り上げています。

その時にも,その運動性能が戦闘機にも似た機敏なものであることをご紹介しました。

トランプゲーム?いいえツグミですよ
国産ビジネス機のMU-2には,短い胴体のタイプがありました。 かわいらしいと思われたのか”Solitaire”という愛称がついています。 「ソリティア」といえば,Windowsの定番ゲームですが,この愛称は「アメリカツグミ」のようです。 飛んでいる姿が,...

MU-2は機敏な運動性能からか”Solitaire(ツグミ)”という愛称を持っています。

X-Planeは,数あるフライトシミュレーターの中でも飛行特性の再現度は群を抜いています。

X-Plane11でMU-2を操縦してみたらその機敏さを強く感じることができました。

操舵に機敏に反応する戦闘機のような国産双発機を楽しんでください。

MU-2B-40 (N459SA) by Bill Wold. Photo from flickr

X-Plane11向けデータのダウンロードとインストール

ダウンロード

MU-2のデータはX-Plane.orgよりダウンロードします。
タイトルは”Mitsubishi MU-2 Solitaire 1.3.1”です。

X-Plane.orgより引用

ダウンロードするファイル名は”Mitsubishi MU-2 Solitaire v131.zip”です。

実は,ダウンロードできるファイルにはG1000パネルを装備した機体データがあります。

けれどもこのデータをインストールすると”EFIS-1”の設定が誤っているのでPlane Makerで修正するよう警告ウインドウが表示されます。

G1000タイプで表示される警告ウインドウ

私は,いまのところ修正スキルを持っていませんので,今回は通常コックピット版をご紹介することにします。

インストール

ダウンロードした”Mitsubishi MU-2 Solitaire v131.zip”ファイルを適当な場所で展開します。

展開した”Mitsubishi MU-2 Solitaire v131”フォルダーを,X-Plane11をインストールしたフォルダー内にある”Aircraft”フォルダーにコピーすればインストール作業は完了です。

アイコンファイルもフォルダー内に用意されていますから,新しいフライトを選択すれば,バリエーション機体の画像も表示されます。

白い通常塗装と真っ赤な機体のバリエーションがあります。

またフォルダー内には”docs”というフォルダーがあり,普段手に入らないようなMU-2関連の資料がpdfファイルで収められています。

X-PlaneでのMU-2

コックピットは3Dのしっかりした作りになっています。

通信+ナビゲーション機器は,FS2004でおなじみの古いタイプのものとG530が備わっています。

FS2004のセスナ機になれていれば操作は簡単です。

またG530の操作については,私の記事をご覧ください。

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法
X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で2種類搭載されています。 製品に付属する操作説明書は英文ですし,オンラインの説明書にも古い内容が記載されているものがあります。 先に公開したX-Plane430に続いてX...
MU-2操縦における基本的注意

操縦上の基本的注意が,フォルダー内の”README AND TIPS.txt”に記載されています。

記載内容を簡単に紹介します。

  1. MU-2は双発機ですが,プロペラの回転は左右とも同方向です。
    そのため,離陸時にトルクの影響を受けて機首を曲げる傾向がより強く現れます。
  2. スロットルには一番絞ったところにプロペラの逆ピッチモードがあります。
    そのためスロットル操作においては,指一本スロットルの後に入れておくこと。
  3. 離陸はFLAP1,着陸はFLAP2または3で行う。
    なおフラップを展開するとピッチダウンします。
  4. ギアアップすると着陸灯は消灯します。

広島空港滑走路のMU-2

ツグミの飛行を楽しむ

広島空港から離陸してその機敏な操縦性能を体験しました。

操縦桿の動きに機敏に反応する小鳥のような機体です。

私はFS2004で公開されている機体と比べて,かなり過激だなという感想を持ちました。

素晴らしいSTOL性能と上昇性能を持っています

水平飛行は安定しています

まとめ

MU-2は一言で言うと,離陸はじゃじゃ馬,離陸してからは機敏という機体です。

まるで,アニメ”紅の豚”でポルコロッソがつぶやいた感想に似ています。

デフォルトのバロンとは違う過激な操縦感覚をぜひ楽しんでみてください。

X-Plane11でアニメの世界を飛ぶ
宮崎駿監督の「紅の豚」という作品があります。 この映画に登場するS21飛行艇のX-Plane用のデータが公開されています。 X-Plane11で飛行できるので早速飛ばしてみました。 X-Plane11導入日記(その44) アニメの世界を楽しむた...

この記事の機体は,次の製品のバージョンアップ版で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク