スポンサーリンク

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションシステムを完全に使いこなす方法

X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で2種類搭載されています。
製品に付属する操作説明書は英文ですし,オンラインの説明書にも古い内容が記載されているものがあります。
先に公開したX-Plane430に続いてX-Plane530の日本語版操作説明書を公開するのに併せてセスナのナビゲーションシステム全体の説明をいたします。


X-Plane11導入日記(その85)

X-Plane11の一般的な飛行機に搭載されている通信機兼用ナビゲーションG530の使い方

X-Plane11に搭載されている通信機兼用ナビゲーション

X-Plane11に付属するセスナのような一般的な軽飛行機には,自動操縦を支援するため,通信機兼用のナビゲーション装置としてガーミンG430G530が標準で搭載されています。

X-Plane11の”Instruction”フォルダーの中に,操作説明書がありますが,残念ながら英文のpdfファイルです。

そのため,私のような英語を苦手とするものにとっては操作を習得するには少し苦労します。

けれども,ある程度の操作なら説明してくれるページがあります。

この操作解説ページについては,G430の時にご紹介いたしましたのでそちらをご覧ください。

X-Plane11のセスナ機の通信とナビゲーションに習熟する方法
X-Plane11に付属する軽飛行機には,自動操縦を支援するための通信機兼用ナビゲーションが標準で搭載されています。 X-Plane11に付属する操作説明書は英文ですので,操作を習得するには少し苦労します。 けれども,これを助けてくれるページがあるのでご紹介す...

X-Plane11に付属しているG530の説明書

X-Plane11に付属しているG530は”X-Plane530”という名前が付けられています。

操作自体は,X-PlaneG430とほとんど変わりません。

一つだけ追加されているのがVNAV機能です。

垂直ナビゲーションという訳が適切かどうかは判りませんが,要するに高度制御の機能です。

この”X-Plane530”の操作説明書の日本語版を公開いたします。

X-Plane530の操作説明書日本語版の一部

先に公開した”X-PlaneG430”と”S-TEC 55”の日本語版操作説明書とあわせてお読みいただければ,X-Plane11でのナビゲーションを楽しんでいただけると思います。

ダウンロードは,下のリンクをクリックしてください。

ダウンロードされるファイルは”X-Plane G530 Manual-J-v100.pdf”という名前です。

元のpdfファイルは配布自由になっていますが,この日本語版は表現に自信がないのと,元のpdfファイルのようなハイパーテキストではないので,個人使用の範囲にとどめ,再配布はお控えくださるようお願いいたします。

また,この日本語版は英語版の記載において明らかに誤りと判断できたもの(ダイヤル操作)については修正しています。

無線装置を選ぶパネル

これまで,”X-Plane530”と”X-Plane430”という2つの通信機兼用ナビゲーション装置をご紹介しました。

これら2つの操作説明書には,COM1/COM2,VAV1/NAV2に割り当ててあるという文章があります。

このCOM1/COM2,VAV1/NAV2を選ぶセレクターパネルが,”X-Plane530”の上にあります。

そして,その右側にADF(自動方向探知機)とBFO(Beat Frequency Oscillator,うなり発振器) というNDPを補う受信装置の周波数設定パネルがあります。

セレクターパネルは,頻繁に使うのでできればショートカットキーかキーボードに割り当てておくのが良いかもしれません。

ADFとBFOパネルについては,G530とG430が正常に動いている時には,使う頻度はあまりないと思います。

オートパイロットの電源スイッチ

オートパイロットを使うには,通常FDスイッチを使って電源を入れる必要があります。

ところが,X-Plane11のデフォルトセスナにはFDスイッチがありません。

X-Plane11のデフォルトセスナのオートパイロットスイッチは,”S-TEC55”に集約されています。

S-TEC55のどれかのボタンを押せばオートパイロットがONになります。

詳しくは,私の”S-TEC55”の記事をごらんください。

X-Plane11のセスナ機自動操縦環境を整える方法
X-Plane11の自動操縦は,3Dコックピットから行うためその操作に習熟しておく必要があります。 また,着陸の時の自動操縦解除や緊急時の自動操縦を上書きする操作の必要性もあります。 そのためデフォルトのセスナ機においても,ジョイスティックのボタン割り付けを変更する必...

以下に,X-Plane11のオンラインマニュアルにある説明を参考までに引用します。

赤いアンダーラインの部分は,記載内容が古いということがわかります。

オートパイロットを使用する前に、それをオンにする必要があります。オートパイロットの電源スイッチには「Flight Director Mode」または単に「FLIGHT DIR」というラベルが付いています。これにはOFF、ON、およびAUTOモードがあります。

フライトディレクターがオフの場合、オートパイロットを使用しようとしても何も起こりません。

まとめ

X-Plane11の付属のセスナ機に搭載されている”S-TEC55”と”X-Plane430”そして今回の”X-Plane530”について,日本語版の手引きが揃いました。

私もこれまで,FS2004とは違うパネルに少し気後れしていましたが,これでようやく使えるようになると思います。

これで,X-Plane11もFS2004並みに本格的にIFR飛行を楽しめるようになるでしょう。


この記事は,つぎの製品のバージョンアップ版の解説書を元に作成しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク