スポンサーリンク

FS2004からやってきた九州と関東のシーナリー

X-Planeには,FS2004やFSXのシーナリーを変換するツールがあります。
このツールを使って作られた九州と関東・中部地方のパッケージがあります。
X-Plane8.6+用とされているので,X-Plane11で利用できるかどうか調べました。


X-Plane11導入日記(その83)

X-Plane11で活躍するFS2004のシーナリー(その2)

X-Planeには,FS2004やFSXのシーナリーを変換する”FS2XPlane”というツールがあります。

このツールを使えば,ある程度までX-Plane用のシーナリーに変換できます。
もっとも変換後に細部調整を行う必要があるのだそうです。

X-Plane.orgから引用

X-Plane11用の日本国内の空港シーナリーを探しているとき,FS2004から変換された空港パッケージを3つ見つけました。

先に中国地方と関西の空港パッケージをご紹介しました。

FS2004からやってきた中国地方と関西のシーナリー
X-Planeには,FS2004やFSXのシーナリーを変換するツールがあります。 このツールを使って作られた中国地方と関西のシーナリーパッケージがあります。 X-Plane8.6+用とされているので,X-Plane11で利用できるかどうか調べました。 ...

今回ご紹介するのは,残る2つ九州と関東・中部地方の空港パッケージです。

このパッケージは,2007年7月に公開されたX-Plane8.6以降で利用できるシーナリーです。

なおX-Plane11用に公開されている日本国内の空港リストは,シーナリーライブラリーを調べた私の過去の記事のなかで紹介しています。

日本の空港シーナリーを使うときに必要なフリーウェアをそろえる
X-Plane11に使うことができる日本国内の空港シーナリーが多数あります。 これらのシーナリーを使うためには,多数のフリーライブラリーが必要です。 これまで導入してきたライブラリーのほかにいくつか必要となったライブラリーやプラグインがあります。 X-P...

現在公開されている空港シーナリーを補うものとして,これらのシーナリーパッケージがX-Plane11で使えるかどうか確認をしました。

さて,これらのパッケージに入っているシーナリーは,つぎのとおりです。

RJDA 天草空港
RJDK 上五島空港
RJDO 小値賀空港
RJFE 福江空港
RJFM 宮崎空港
RJFO 大分空港
RJFR 北九州空港
RJAF 松本空港
RJNA 名古屋空港
RJNH 浜松飛行場

私がリストアップした空港と重複しているのは,”天草空港(RJDA)”,”北九州空港(RJFR)”と”松本空港(RJAF)”だけでした。

変換元になっているのは,私がこのブログでご紹介したFS2004のフリーシーナリーです。

FS2004の日本の空港シーナリーを整理・公開されているサイトがあります
私は,FS2004をメインのフライトシミュレーターに使っています。 空港シーナリーデータは,長年蒐集していましたが,整理はしていませんでした。 整理しないといけないなぁと考え,そういったホームページがないかなと検索しました。 そして見つけたので,ご紹介したいと思いま...

パッケージのダウンロードとインストール

ダウンロード

九州地方のパッケージ

Japan Kyusyu Airport Pack for 8.6+”というタイトルで,X-Plane.orgからダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは,”Japan_Kyushu_Archive.zip”です。

X-Plane.orgより引用


関東・中部地方のパッケージ

Japan Kanto/Chubu Airport Pack 1  for 8.6+”というタイトルです。

ダウンロードしたファイルは,”Japan_Kanto_Chubu_Archive_1.zip”です。

X-Plane.orgより引用

パッケージのインストール

ダウンロードしたパッケージを適当な場所で展開します。

九州地方

Japan_Kyushu_Archive.zip”を展開してできた”Japan_Kyushu_Archive”フォルダーを開きます。

この中にある”Japan_RJDO Ojika”,”Japan_RJFE  Fukue”,”Japan_RJFM Miyazazki”と”Japan_RJFO  Oita”フォルダーを,X-Plane11をインストールしたフォルダー内にある”Custom Scenery”フォルダーにコピーします。

なお”上五島空港(RJDK)”は,変換されたシーナリーで空港建物が表示されませんので対象から外しています。

関東・中部地方

Japan_Kanto_Chubu_Archive_1.zip”を展開してできた”Japan_Kanto_Chubu_Archive_1”フォルダーを開きます。

この中にある”Japan_RJNA Nagoya”,と”Japan_RJNH  Hamamatsu”フォルダーを,X-Plane11をインストールしたフォルダー内にある”Custom Scenery”フォルダーにコピーします。

これで導入作業は終了です。

フリーシーナリーの詳しい導入作業は,私の過去の記事を見てください。

X-Plane11にフリー・シーナリーを導入する
X-Plane11で飛行できるようになると,空港オブジェクトを追加したくなります。 羽田空港など大きな空港には,デフォルトでオブジェクトがありますが,日本国内の地方空港は,オブジェクトは皆無という状況です。 幸いにも,フリーデータのオブジェクトが多数提供されて...

なおこのパッケージ内の”RJDA 天草空港”,”RJFR 北九州空港”,”RJAF 松本空港”は新しいシーナリーが公開されていますので,そちらを使うことになります。

X-Plane11での表示

たくさんの空港を一気に導入したので,簡単に紹介するだけにとどめます。

このパッケージの空港シーナリーは,主に港の建物,滑走路と誘導路の変換を行ったものです。

周辺の風景については,Japan pro ライブラリーが補ってくれますので十分使えるものになっています。

小値賀飛行場(RJDO)

駐機場には何もないといいことくらいです。

空港ターミナルビルです

空港全景です 空港名が読み取れます

福江空港(RJFE)

さっぱりとした空港シーナリーです。

空港ビルと管制塔です

空港全景です

宮崎空港(RJFM)

ボーディングブリッジや周囲の植生も南国ムードがある,充実した作りのシーナリーです。

駐機場からターミナルビルを見る

離陸してターミナルビルを見る

空港全景です

大分空港(RJFO)

宮崎空港と同様にボーディングブリッジもあるしっかりとした作りのシーナリーです。

駐機場から空港ビルを見る

別府~大分空港間を結ぶホバークラフトがいます。

実感のある細かい作りで嬉しく思います。

離陸してホバークラフト発着場を見る

空港全景です

名古屋空港(RJNA)

基本的な作りの空港ですが,駐機している航空機はありありません。

空港ターミナルビルです

空港全景です

浜松飛行場空港(RJNH)

航空自衛隊管轄の飛行場です。

どういうわけか,AI機がいます。

離陸して管制塔方向をみたところ

飛行場全景です

まとめ

このパッケージで九州と関東・中部地方の空港を充実させることができます。

私にとって,中国・四国地方のパッケージに続き,ありがたいシーナリーパッケージです。

FS2004のおかげでX-Plane11の楽しみが増えることはうれしいですね。


この記事は,つぎの製品のバージョンアップ版で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク