スポンサーリンク

半端ない再現度の大阪伊丹空港を楽しむ方法

大阪国際空港は,市街地にある大きな空港です。
この空港に思い入れのある作者の方が,X-Plane11向けに再現に徹底的にこだわったシーナリーを公開されています。
私のPCインフラにとって,少し重いこのシーナリーを楽しむための方法を探ってみました。


X-Plane11導入日記(その82)

徹底した風景の再現を目指した大阪国際空港シーナリー

2018年に公開された大阪国際空港シーナリーは,その風景の再現度が半端ではありません。

空港内の建物はもちろん周辺の高速道路,空港内外の自動車,空港内の航空機どれをとっても盛りだくさんです。

これだけ多くのものを表示しますから,このシーナリーを表示するには強力なPCインフラを必要とするようです。

私のPCインフラでは,高解像度で動かすことが苦しいものでした。

そこで,どのくらいまで妥協すれば楽しめるのかを調べることにしました。

大阪国際空港シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

大阪国際空港(RJOO)シーナリーは,X-Plane.orgからダウンロードします。
タイトルは,”RJOO Osaka Itami International Airport 1.1.1”です。

X-Plane.orgから引用

This is a scenery pack featuring Osaka International Airport (RJOO) in Japan, also known as Itami Airport to distiguish it from the newer offshore Kansai Airpor...
2020年5月22日現在このシーナリーはダウンロードできなくなっています。再登場することを祈りましょう。

このシーナリーには,”The static aircraft”を表示しない”Nomal Version”と表示する”_alt Version”があります。

X-Plane.orgから引用

シーナリーのダウンロードリンクには,2つのバージョンがありますから,とりあえず両方のバージョンをダウンロードしましょう。

”Nomal version”は”RJOO.zip”,”_alt Version”は”RJOO_alt.zip”です。

インストール

ダウンロードしたファイルを展開する前に,注意をしていただくことがあります。

この二つのファイルは同じフォルダー内で展開してはいけません

どちらも展開後のフォルダー名が”RJOO”になるからです。

このシーナリーは,利用するフリーライブラリーがたくさんあります。

私の過去の記事では,利用するライブラリーと入手方法をおしらせしています。

これをお読みいただいてあらかじめフリーライブラリーの導入を済ませておいてください。

X-Plane11に使うことができる日本国内の空港シーナリーが多数あります。 これらのシーナリーを使うためには,多数のフリーライブラリーが必要です。 これまで導入してきたライブラリーのほかにいくつか必要となったライブラリーやプラグインがあります。 X-P...

RJOO”フォルダーをX-Plane11をインストールしたフォルダー内にある”Custom Scenery”フォルダー内にコピーすれば導入作業は終了です。

X-Plane11での利用方法

この記事の冒頭に,このシーナリーが私のPCインフラには重いと書きました。

もちろん,高精細地形データ,Japan proライブラリや秋冬テクスチャーを導入して”2560×1440”の高解像度で表示したときに重いということです。

このシーナリーではFPSを考慮したのか,”The static aircraft”を表示しないバージョンを用意しています。

どの程度表示に差を生じるのか,またFPSへの影響はどのくらいあるのかを調べてみました。

通常(Nomal)バージョンの表示

私が常用している”1600x900”の解像度では,滑走路にいるときのコックピットからの26FPSですから,問題のないレベルです。

上空で空港全体を表示させると18~19FPSになり,新しいOpenSceneryXでの表示にもかかわらず少し重いなという気がします。

少し高解像度の”1920×1200”にしたときには,16~17FPSです。

私のディスプレイの最高解像度”2560×1440”では,13FPSに低下します。

”The static aircraft”(_alt)バージョンの表示

この解像度で空港全景を表示させた時,FPSはNomalバージョンと変わらず,18~19FPS程度です。

どのくらい航空機が多いのかと眺めてみましたが,空港全体で10機程度増えたかなと思えるくらいです。

FPSの低下が少ないのは意外な気がしますが,動くシーナリーではないので影響が少しだったのかもしれません。

少し高解像度の”1920×1200”にしたときには,16~17FPSです。

私のディスプレイの最高解像度”2560×1440”では,10FPSに低下します。
これはカクカク表示で実用的ではありません。

実用解像度を調べる

X-Plane11を実用レベルで使おうとするとき,離着陸時のFPSが19以上である必要があります。

私のPCインフラでは,”1920×1200”にしたとき,着陸時に20FPSでした。
この結果から,”Nomal Version”を”1920×1200”で運用するのが上限ということがわかりました。

まとめ

再現度が高く,表示するオブジェクトがたくさんあるシーナリーは,高い性能のPCインフラを必要とするようです。

しかし,設定を変更してうまく付き合えば実用的に使うことは可能です。

やたら高解像度にこだわることなく,チートな方法でもかまわないのでこの素晴らしいシーナリーを楽しみましょう。


この記事のフリーウェアは,次の製品で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. amatsu より:

    いつも楽しみに拝見させていただいております。
    先日RJOOのSAMが突然動かなくなってしまったので再度ダウンロードしようとしたところ、Xplane ORGのダウンロードページが消えてしまっているようでした。
    とても優れたシーナリーなので残念です。

    • pbook より:

      確かに記事が消えていますね。デフォルトシーナリーの出来が良くなってきているので,グレードアップして再登場するかもしれません。