スポンサーリンク

日本の空港シーナリーを使うときに必要なフリーウェアをそろえる

X-Plane11に使うことができる日本国内の空港シーナリーが多数あります。
これらのシーナリーを使うためには,多数のフリーライブラリーが必要です。
これまで導入してきたライブラリーのほかにいくつか必要となったライブラリーやプラグインがあります。


X-Plane11導入日記(その66)

日本の空港シーナリーを使うときに必要なフリーウェアを導入する

X-Plane11で使える日本国内の空港シーナリー

X-Plane.orgやFlightsim.comには,X-Plane11で使うことができる空港や飛行場のシーナリーが多数公開されています。

このうち,日本国内にある空港・飛行場・ヘリポートのシーナリーは,2018年12月13日現在で41カ所ありました。

下のページの資料によれば,日本国内の基地やヘリポートを除く民間空港・飛行場は97カ所あります。

日本の空港の豆知識!国内に空港(飛行場)は何か所ある?全ての都道府県に空港は存在する? 管理の違いにより空港が分類されているといった、そんな空港についてのお話です。

公開されているシーナリーをすべて導入すると,半分弱の空港シーナリーがそろうことになります。

空港シーナリー表示に必要なフリーウェア

2018年12月現在で公開されている空港シーナリーの説明文から,必要なライブラリーとプラグインのリストをつぎのように作成しました。

3D people library 3.8
Airport Environment HD
BS2001_Object_Library
CDB Library / version 2.4
FF_Library
FF_Library_extended_LOD
Flags of the world
MisterX Library
NAPS_Library
OpensceneryX
Pavement paintings library (PPlibrary)
R2_Library
RE_Library
ruScenery
The Handy objects library 3.9
THE-FAIB-aircraft Library
The-Fruitstand-Library
World Models
XAirportScenery
XP11_HD_Mesh_V4_+30+130-Asia
ZZ DF hard surface
AutoGate 1.72

このリストにあるライブラリーの大半は,私の過去の記事でご紹介したものです。

X-Plane11にフリー・シーナリーを導入する
X-Plane11で飛行できるようになると,空港オブジェクトを追加したくなります。 羽田空港など大きな空港には,デフォルトでオブジェクトがありますが,日本国内の地方空港は,オブジェクトは皆無という状況です。 幸いにも,フリーデータのオブジェクトが多数提供されて...
X-Plane11のシーナリー表示に役立つライブラリー
X-Plane11の空港を表示するには,たくさんのライブラリーが必要なことがあります。 それらをテストする環境のひとつとして,セイシェル国際空港シーナリーがあります。 この空港に限らずX-Plane11の空港風景を楽しむため,少し多めですがライブラリーを導入します。 ...
X-Plane11で使うシーナリー用AI機の巨大ライブラリーを導入する方法
X-Plane11に表示できるAI機には2つのタイプがあります。 飛行機を自動操縦するものとシーナリーに表示するだけのものです。 空港シーナリーを表示するとき,多数の航空会社の飛行機を表示したいとき,シーナリー用のAI機ライブラリーを導入することになります。 シーナ...

なお各空港ごとに必要なフリーウェアの一覧表を,エクセル2013形式のファイルとpdfファイルを作成しましたので,ここからダウンロードしていただければ,お読みいただけます。

ライブラリーリストの一部です

Japan Airport”2018-05-12_12-02-40″ by Nick. Photo from Flickr


新しくそろえる必要があるフリーウェア

先にご紹介した記事には含まれておらず,新たにダウンロードが必要なものは,2つのライブラリーと一つのプラグインでした。

ライブラリは次の2つです。

World Models
ZZ DF hard surface

また,プラグインはつぎのひとつです。

AutoGate1.72

この”AutoGate”というプラグインは,機能を持つシーナリーパーツといえます。

このプラグインは,空港シーナリーの駐機場に,旅客機の停止位置を案内する指示灯を設置します。

AutoGateの表示例 ”AutoGate_172.zip”から一部引用

これらのフリーウェアは,検索すれば簡単にみつけることができます。

私の記事を参考にダウンロードしてください。

X-Plane11のフリーライブラリーを素早く探す方法
X-Plane11用のフリーシーナリーを使おうとするとき,場合によってはたくさんのライブラリーが必要になります。 これらのライブラリーをネットから収集しようとするとき,効率よくダウンロード先を知る方法があります。 X-Plane11導入日記(その62) ...

ライブラリーとプラグインのインストール

ライブラリーのインストール

World Modelsのインストール

X-Plane.orgから引用

ダウンロードした”world-models-0.8.0.zip”を展開します。

展開後にできた”world-models-0.8.0”フォルダーを開きます。

このフォルダーの中にある”world-models”というのがライブラリー本体のフォルダーです。

このフォルダーをX-Plane11の”Custom Scenery”フォルダーにコピーします。
scenery_packs.ini”をメモ帳で開き,”world-models”フォルダーの登録を行います。

ZZ DF hard surfaceのインストール

X-Plane.orgから引用

ダウンロードした”ZZ_DF-Hard_Surface.zip”ファイルを展開します。

展開後にできた”ZZ_DF-Hard_Surface”フォルダーを開きます。

このフォルダーの中にある同名の”ZZ_DF-Hard_Surface”というのがライブラリー本体のフォルダーです。

このフォルダーをX-Plane11の”Custom Scenery”フォルダーにコピーします。

scenery_packs.ini”をメモ帳で開き,”ZZ_DF-Hard_Surface”フォルダーの登録を行います。

このライブラリーは,名前の”ZZ_”が示しているとおりライブラリー定義の一番下に置くことが推奨されています。

私は,高精細メッシュシーナリーのすぐ上あたりがよいのではないかと思います。

Autogateのインストール

X-Plane.orgから引用

ダウンロードした”AutoGate_172.zip”ファイルを展開します。

展開後にできた”AutoGate_172”フォルダーを開きます。

このフォルダーの中にある”AutoGate”というのがプラグイン本体のフォルダーです。

このフォルダーをX-Plane11をインストールしたフォルダー内にある”Resources>plugins”フォルダーにコピーします。

インストール後に起動したX-Plane11のメニューから,プラグインが正常にインストールできているかを確認します。

まとめ

今回は,日本の空港のシーナリーを導入するときに必要になるライブラリーを調べて整理してみました。

これまでご紹介したライブラリーをすべて導入したあとなら,空港シーナリーをインストールするのは簡単です。

空港シーナリーをインストールしておけば,X-Plane11で日本国内を飛行するときにはずいぶん実感があるものになっていると思います。


この記事のフリーウェアは,次の製品で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク