スポンサーリンク

X-Plane11で計器飛行方式を無料で学ぶ方法

計器飛行方式(IFR)は,旅客機を飛行させるときには必須のスキルです。
X-Plane11は,IFRで飛行できるよう万全の計器類が装備されています。
しかし,IFRを学ぶには付属のフライトスクールとマニュアルだけでは十分ではありません。
これを補うものとしてX-Plane.orgのフォーラムにIFRのフライトスクールがあるのでご紹介します。


X-Plane11導入日記(その67)

X-Plane11を使って計器飛行方式を学べるフライトスクール

私は,X-Plane11はVFRで使うものとして位置づけていたので,あまりX-Plane関連のIFRの情報は調べていませんでした。

FSXとX-Plane11には,ガーミンG1000という,IFR用グラスコックピットを装備している軽飛行機が付属しています。

”G1000″ Kyle Harmon. Photo from Flickr

FS2004をIFR専用にと位置づけていたのですが,たまたまクリスマスセールで安くなったX-Plane11向けのSR22とPhenom100を手に入れてしまいました。

ラブコメ映画に出てきた「Cirrus SR22」
「ある日モテ期がやってきた」という 映画に出てくるCirrus SR22 「ある日モテ期がやってきた」という映画 「ある日モテ期がやってきた」という映画は,自分の価値を低く評価してしまう男性と,美人だけど心に傷のある女性のラブコメです。 ...

私のお気に入りなのでしかたがないと開き直ってはみますが,恥ずかしながらペイウェアであるこれらの機体をFS2004,FSX,X-Plane11の3種のフライトシミュレーターでそろえたことになりました。

キュートなビジネスジェット エンブラエル フェノム 100
セスナでは少し時間がかかるかなという1000kmくらいの飛行をする時があります。 そんな時,デフォルトのリアジェットを使うという手もありますが,もう少しこじんまりとした機体がいいかなという気持ちの時があります。 そんなとき,気軽に飛べるエンブラエル フェノム ...

実はこれらの機体は,ガーミンのG1000とG3000を装備しているIFR向けの機体です。

そんなこともあってX-Plane11でG1000などを使うために,IFRに関連する情報を調べることにしました。

IFR関連の一般的な情報は,私の過去の記事に参考書をご紹介したことがあります。

計器飛行方式を学習できるシミュレーターパイロットのための参考書
計器飛行方式を学んで,シミュレーターの楽しみを増やしませんか 飛び方がわからないから,フライトシミュレーターブームが下火に? フライトシミュレーターが下火になったのは,あまりに操縦技術の習得が難しいからではないかと思います。 私がフライトシミュレーターに...

けれどもX-Plane11でこれからIFRを学ぶ方には,これらの参考書は,なかなか入手しづらいものであったり,高価です。

フライトシミュレーターを楽しむためには,できるだけ費用をかけないというのが,現在の私の基本的な考え方です。

そこで,IFRを学ぶための情報を調べることにしました。

Googleの検索能力は,すごいもので”X-Plane11 IFR”という言葉で,すぐにX-Plane.orgの”IFR Flight school”を探し当ててくれました。

X-Plane.orgから引用

X-Plane.orgの”IFR Flight school”

この”IFR Flight school”は,X-Plane.orgのフォーラムのトピックとして構成されています。

このトピックは,X-Plane9を元に作成されていますが,IFRを学ぶ上では問題ないと思います。

しかも,Webページとして公開されているので,ブラウザーの翻訳機能を使えばある程度日本語で読むことができます。

英語のページです 読むと先頭のアイコンが消えます  X-Plane.orgから引用

ブラウザーの翻訳機能を使って表示したページ X-Plane.orgから引用

Google Chromeは,大変便利な多言語翻訳機です
Google Chromeを翻訳機として使う 海外のフライトシミュレーターデータをダウンロードしたとき,付属しているドキュメントは,フランス語だったり英語だったりします。 昔なら,辞書を片手に単語を引きながら翻訳したものです。 現在では,海外のサイトを見るとき,Go...

もちろん,pdfファイルとしてでダウンロードできますが,残念ながら英語のドキュメントです。

英語マニュアルを印刷物で用意しておいて,意味がわからなくなったらWeb翻訳ページを見るという方法で学ぶこともできます。

もちろんWebページですから,マルチモニターを使って”IFR Flight school”を読みながらX-Plane11をフル画面で動かすこともできます。

ムービングマップ用にと用意したマルチモニターが,この用途に使えます。

X-Plane11でセカンドモニターにムービングマップを表示する
X-Plane11をメインディスプレイにフル画面で表示してしまうと,ムービングマップを表示する余地がなくなってしまいます。 デュアルモニターを利用するとき,VRAMの使用量に影響が出ると,X-Plane11のFPSに影響が出るかどうかが心配になります。 そこで...

また今時のワイドモニターなら,ウィンドウを2つ表示させれば問題はありません。

pdfファイルをダウンロードするリンクがあります X-Plane.orgから引用

pdfファイルの冒頭部分から引用

まとめ

調べたい情報がすぐに出てくるという,いまどきのWeb検索機能の充実ぶりはすごいなあと,いまさらながらおどろいてしまいました。

X-Plane11には,G1000を使うためのマニュアルが付属していますし,実物のG1000のマニュアルは,ガーミンのページからダウンロードできるようになっています。

私としては,ブラウザーの力を借りながら,少しずつ読破しないといけないと思っています。


「計器飛行方式(IFR)」は,次の製品を使って学ぶことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク