スポンサーリンク

X-Plane11に夏の森を表示する方法

以前日本の木々を追加するライブラリ-をご紹介しました。
木々は追加されますが,少しまばらな気がしていました。
木々というのではなく,森を表示するライブラリーが発表されました。
夏限定ですので,注意してインストールする方法を説明します。


X-Plane11導入日記(その56)

X-Plane11に夏の森のライブラリーを追加する

私は,このブログで日本の樹木を追加するライブラリをご紹介しました。

X-Plane11を緑豊かに
X-Plane11のシーナリーデータはデフォルトでも美しいと思います。 過去のX-Plane用に用意されたライブラリの中に日本の木立を豊に表現するためのライブラリがありました。 今回その効果を検証しました。 X-Plane11導入日記(その17)...

けれども,このライブラリでは木々は表示されますが,森を表現したテクスチャーの上にまばらに木が生えているように見えることがありました。

今回ご紹介するのは,森という表現がピッタリのライブラリーです。

このライブラリーには,夏の森林しか入っていません。

そのため,秋や冬のテクスチャーを導入している方が設定を誤ると,冬に緑の森が表示されることになります。

それを回避する方法について,インストールのところで説明いたします。

なお,秋冬のシーナリー導入については,私の次の記事をご覧ください。

X-Plane11に紅葉と雪景色を導入する方法
デフォルトのX-Plane11には,季節の変化を表現するシーナリーデータは入っていません。 フリーウェアのデータを導入すれば風景に季節の変化を表現する事が出来ます。 けれども快適に飛行するためには,工夫が必要ですので,導入方法と設定方法を説明します。 X...

夏の森のライブラリーを導入後の旭川空港周辺の風景

森のライブラリーのダウンロードとインストール

データのダウンロード

森のライブラリー・データは,X-Plane.orgよりダウンロードします。
タイトルは”HD Forest 1.01”です。

This package replaces X-Planes default forests with higher resolution textures. Please note that this package only contains summer textures at the moment. Place...

このライブラリーは,有名なライブラリー作者の”MisterX6”から提供されています。

X-Plane.orgより引用

ライブラリーのインストール

ダウンロードした”HD_Forests_1.01.zip”ファイルを適当な場所で展開します。

ライブラリーデータのインストールは,2段階あります。

展開してできた”HD_Forests_1.01”フォルダーを開きます。

Step 1 (Scenery Pack)”と”Step 2 (Replace textures)”という二つのフォルダーがあります。

第一段階の作業

Step 1 (Scenery Pack)”フォルダーを開き,中にある”HD Forests”フォルダーを,X-Plane 11の”Custom Scenery”フォルダーにコピーします。

第二段階の作業

これには,2つの行程があります。

最初の行程は,オリジナルファイルのバックアップの作成です。

X-Plane 11フォルダーの”Resources/default scenery/1000 autogen/forests/textures”を開きます。

この中にあるオリジナルの”autogen_trees_ALB.dds”ファイルを,どこか安全なフォルダーにコピーして保管します。

次の行程で,新しいテクスチャーファイルをコピーします。

Step 2 (Replace textures)”を開き,中にある”autogen_trees_ALB.dds”ファイルをX-Plane 11フォルダーの”Resources/default scenery/1000 autogen/forests/textures”にコピーします。

コピー作業は,これで終了です。

フォルダーなどのコピー作業の概要図

ライブラリー表示の設定

ドキュメントの注意書きに,夏用のライブラリーなので,秋冬のシーナリーよりも優先度を低くするよう指示があります。

こうするためには,”Custom Scenery”フォルダー内にある”scenery_packs.ini”の設定を調整する必要があります。

作業は,つぎのように行います。

  1. X-Plane11を起動し,トップメニューが表示されたらすぐに終了します。
    これで,ライブラリーのインストール場所が”scenery_packs.ini”に取り込まれます。
  2. メモ帳を起動し,”scenery_packs.ini”を開きます。
    先頭に,”SCENERY_PACK Custom Scenery/HD Forests/”が表示されています。
  3. この行を,秋冬のシーナリーよりも後の位置に移動します。

私の”scenery_packs.ini”では,秋冬のシーナリーを入れているので,次のような位置になります。

SCENERY_PACK Custom Scenery/x_Prefab_Asia/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Japan Tokyo/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Japan Osaka/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Seasons_N_Autumn/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Seasons_N_Winter1/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Seasons_N_Winter2/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Seasonal Snow ND/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Seasonal Snow N/
SCENERY_PACK Custom Scenery/Seasonal Fall N/
SCENERY_PACK Custom Scenery/HD Forests/
SCENERY_PACK Custom Scenery/x_Prefab_Library/
SCENERY_PACK Custom Scenery/3D_people_library/
SCENERY_PACK Custom Scenery/R2_Library_v2/
SCENERY_PACK Custom Scenery/X-Plane Landmarks - London/

X-Plane11での表示

旭川空港(RJEC)を離陸し,7月の周辺の山々を見たところです。
木々もありますが,木々が茂った森が表示されています。

遠景でも,森があるというのが判るので,新しいライブラリーの効果が判ります。

秋(9月)の風景には,下の画面のように影響はありません。
広葉樹が色づいていますが,緑の針葉樹だけが残っています。

まとめ

デフォルトの夏の風景には,秋冬の風景と比べると,これだという特徴がありませんでした。

今回ご紹介した森のライブラリーは,夏らしい表現をX-Planeに加えることができるものでした。


この記事は,次の製品で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク