スポンサーリンク

X-Plane11にXPUIPCを導入して調整する方法

X-Plane11にもFS2004同様に,プログラム内部のデータを外部に取り出す仕組みとしてXPUIPCがあります。

このプログラムは,導入は簡単ですが動作確認が難しいことが難点だと思います。

実際にXPUIPCをX-Plane11に導入して動作確認ができたので報告いたします。

X-Plane11導入日記(その49)

X-Plane11にXPUIPCを組み込んで動作させる方法

X-Plane11にXPUIPCを組み込む

XPUIPCを組み込むに当たって,XPUIPCのパッケージを入手してください。

入手先は,私の記事を参考にしてください。

XPUIPCとXPWideClientを入手しておきましょう
X-Planeの情報を外部に取り出すインターフェースとしては,XPUIPCとXPWideClientがあります。 X-Plane11では,直接外部に信号を取り出す仕組みと複数のコンピュータで連携して動かす仕組みが標準で組み込まれています。 しかしながら,X-Plane...

ここで入手した”XPUIPC.2.0.5.9.zip”を展開すると,”XPUIPC 2.0.5.9”というフォルダーができます。

このフォルダーの中にある”XPUIPC”フォルダーを,X-Plane11> Resources >pluginsフォルダにコピーしてください。

これで組み込み作業は終了です。

作業は簡単ですが,これだけでは動作しません。

XPUIPCの動作環境を設定する

自分のコンピュータのIPアドレスを調べる

XPUIPC”フォルダーの中に”XPUIPC.ini”というファイルがあります。

このファイルをメモ帳で開きます。

[XPUIPC SETTING]という項目があって2行目に”Server Address”という行があります。

ここに,自分が使っているコンピュータのIPアドレスを書いておく必要があります。

何もせずにX-Plane11を起動させてみました。

メニューの”Plugin”にあるXPUIPC>XPUIPC Version and Infoをクリックするとこうなります。

”このIPアドレスのNIC(LAN接続装置)が見つかりません!”と表示されます。

自分のコンピューターのIPアドレスの調べ方

ちょっと面倒ですが,次の方法が一番確実です。

まずWindows10デスクトップの右下にある窓のマークを右クリックします。

メニューの下から3番目に”ファイル名を指定して実行”というメニューがあります。

ここをクリックして出てくるダイアログ画面の枠内に”cmd”と入力し”OK”をクリックします。

そうすると,コマンド画面が出現します。

この画面でカーソル位置に”ipconfig”と入力して”Enter”キーを押します。

表示された画面には,仮想マシンのNICを含むすべてのIPアドレスが表示されます。

よく見て,自分のコンピュータのIPアドレスをメモしておきます。

私の場合は”192.168.100.14”でした。

XPUIPCの動作確認を行う

自分のコンピュータのIPアドレスが判ったら,この値をメモ帳を使って”XPUIPC.ini”に書き込みます。

書き込んだら,上書き保存してからX-Plane11を起動してみましょう。

動作していたら次のような画面が表示されます。

まだ外部のプログラムや機器を接続していないので”IP Clients conenected: 0”と表示されています。


外部のコンピュータにWideclientを導入し動作させる

Wideclientの組み込み

つぎに,外部のコンピュータにXPWideclientを導入します。

組み込みと言っても,ダウンロードした”XPUIPC&XPWideClient.zip”を展開します。

できあがった”XPUIPC&XPWideClient”フォルダーの中にある”XPWideClient”を外部PCの適当なフォルダーにコピーします。

その中にある”XPWideClient.exe”のショートカットをデスクトップに作っておきます

これで組み込み作業は,終わりです。

外部コンピュータのIPアドレスを調べて動作環境を整える

外部コンピュータのIPアドレスを調べる

X-Plane11を動作させているコンピュータ(Server)のIPアドレスを調べる方法を使い,外部コンピュータ(Client)のIPアドレスを調べます。

調べ終わったら”XPWideClient”フォルダーの中にある”XPWideClient.ini”をメモ帳で開いて編集します。

XPWideclient動作環境を整える

XPWideClient.ini”はたった4行の内容です。

”IP Address of THIS PC”の行に,外部コンピュータのIPアドレスを書きます。

私の外部コンピュータ(Client)のIPアドレスは”192.168.100.21”でした。

そして”IP Address of server”の行に,私がX-Plane11を動かしているコンピュータのIPアドレス”192.168.100.14”を書きます。

XPWideClient Version 2.0.0.3 ini file

[Network Settings]
IP Address of THIS PC = 192.168.100.21
IP Address of server = 192.168.100.14

編集が終わったら,上書き保存してメモ帳を終了します。

このIPアドレスは,私の家庭内LANのローカルIPアドレスです。
皆様のところでは,異なるアドレスになることをご承知おきください。

Wideclientの動作確認

私は,外部コンピュータの名前を”FMS”としています。

その”FMS”上で,Wideclientを起動させます。

この状態で,X-Plane11を起動させたコンピュータ(Server)上で再びXPUIPC>XPUIPC Version and Infoをクリックします。

”IP Clients conenected: 1”と表示されたので,”FMS”が接続できていることが確認できます。

これで(Server)-(Client)の通信が確立できました。

まとめ

これでXPUIPCとXPWideclientの導入作業の説明を終わります。

けれども,まだXPUIPCと外部プログラム動作確認はできていません。

今後,動作検証をして報告いたします。


この記事は,次の製品で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク