スポンサーリンク

デフォルトセスナ172SPにウェザリングを加える方法

デフォルトのセスナ172SPで使い込んだ雰囲気を楽しもうという機体と操縦席のパッケージを紹介します。
この作品は,元に戻す方法とデータまでパッケージにして公開されています。
ユーザーの事をよく考えて作られている作品ですので,安心して試してみることができます。


X-Plane11導入日記(その47)

機体と操縦席にいかにも使っているよという汚れの表現をセスナ172SPに加える方法

自分の身辺を常に綺麗にしておくというのは,良い習慣だと私は考えています。

けれども実際の飛行機は,飛行するごとに汚れや傷が加わります。

ミニチュア飛行機では,汚れを表現しているモデルはありません。
一方,模型飛行機を作る方々の中には,実際の飛行機らしい汚れた雰囲気を出すためにウェザリングという技術を使う方がいらっしゃいます。
ガンプラ(SFアニメのガンダムのプラモデル)作りの人たちの間では,ウェザリングは必須の技術という雰囲気があります。

まあどちらの表現も,その方の好みの範疇ですね。

今回は,使い込んだ雰囲気を楽しもうという意図で作られた機体と操縦席についてご紹介します。

この作品は,元に戻す方法とデータまでパッケージにして公開されています。
ユーザーの事をよく考えて作られている作品ですので,安心して試してみることができます。

データのダウンロードとインストール

データのダウンロード

データは,Flightsim.comからダウンロードします。

機体のデータは”xprealistic_liveries.zip“というファイルで,操縦席のデータは”c172_cockpit_mod.zip“というファイルです。

いずれのデータも,”rkApps”というペンネームの”Roy K”さんという方が作成されています。

Flightsim.comから引用

Flightsim.comから引用

汚れの表現の実現方法は,機体の場合はリペイントデータで提供されています。

また操縦席の使い込んだ表現は,昼間はテクスチャーの交換,夜間はライティングの改善で実現されています。

データのインストール方法

機体データのインストール

機体の方はリペイントデータのインストールです。

展開してできた”XPRealistic_liveries“フォルダーの中にある”XPRealistic_clean“と”XPRealistic_dirty“の2つのフォルダーを”X-Plane11>Aircraft>Laminar Research>Cessna 172SP>liveries“にコピーするだけでインストール作業は完了です。

操縦席データのインストール

“c172_cockpit_mod.zip”ファイルを展開します。

出来上がった”C172_Cockpit_Mod“フォルダー内にある”Cessna 172SP“フォルダーを”X-Plane 11>Aircraft> Laminar Research“フォルダーに上書きコピーします。

もともとのテクスチャーを交換してしまうので,切り替えはできないというわけです。

しかし,ちゃんとオリジナルに戻す方法がパッケージ内に用意されています。

元に戻す作業は次のとおりです。

“C172_Cockpit_Mod”フォルダー内にある”Original Backup“フォルダに移動します。
フォルダ”Cessna 172SP”を”X-Plane 11>Aircraft> Laminar Research”フォルダーに上書きコピーするだけで復元できます。

簡単にできるのは,コピーする”Cessna 172SP”フォルダー内にオリジナルの”object”が保管されているからなのです。

X-Plane11での効果

では,ウェザリングの効果について体験することにします。

機体の表現

フライト作成で機体を選択します。

機体のそこここに日焼けか黄ばみというような表現が見受けられます。

いろんな部分を拡大するとはっきりします。

尾翼などは黄ばんでいます。

操縦席の表現

操縦席ですが,あちこちに汚れとシミがあることが判ります。

ドア内張とシート

オリジナルのドアとシート

使いこまれたドアとシート

扉を開くとよくわかります。

操縦席パネル

パネルには,Royさんの家族らしき写真が張ってあり,計器と操縦桿の汚れ度合いがオリジナルよりもひどくなっています。

夜間になると,写真がなくなっています。

夜は見えないので,剥がしてしまったのでしょうか?

この部分は可能ならば,家族写真の部分を自分の家族写真に交換したいですね。

まとめ

FS2004にもこういった経年変化を表現する作品があり,このブログでも紹介したことがあります。
リアルなシミュレートを行うときの雰囲気作りというのも,シミュレーターの楽しみの一つだと思います。

FS2004専用のおんぼろセスナも面白いです
FSpilotshopから1つの無料機体をいただきました。 ”1966 Old School Skylane Cessna 182K For FS9”といいます。 この機体,普通じゃなくて”Joke Plane”といってもいいようなので,ご紹介します。 ...

ダーティだけどダンディですよ
双発ターボプロップ高翼小型機エアロコマンダーは,その頑丈さから貨物機として使われることが多かったようです。 過酷な環境で,しっかり働くこのエアロコマンダー500貨物機をFS2004に導入します。 雨の日でも荷物を運ぶしっかり者 エアロコマンダーは,耐...

この記事は,次の製品で動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク