スポンサーリンク

X-Plane11で好きな海面から離水する方法

フライトの作成で任意で選んだ滑走路から離陸することは,基本的な技術です。

先にご紹介したS21飛行艇でアドリア海から離水したいと考えましたが,好きな場所への移動方法が判りませんでした。

マニュアルを読み込んで,その方法が判ったのでご紹介します。


X-Plane11導入日記(その45)

X-Plane11で好きな場所から離水する方法

一般的な飛行場の選択

X-Plane11でのフライト作成は,基本操作の一つです。

機体を選択し,離陸する空港・飛行場を選び気象を選択すればフライトの完成です。

飛行場選択における滑走路・ランプの選択画面

ここで,任意の場所を選ぶには左下の”特別な場所から離陸”ボタンをクリックしてシチュエーションを選ぶという方法があります。

グライダーの離陸や空中給油などという特別なものですが,草地からの離陸というシチュエーションもあります。

水上機の離水方法

水上飛行機の場合は,少し勝手が違います。

まず水上機が利用できる水上空港を探す必要があります。

簡単なのは,SkyVectorで水上機用飛行場を探しだすことです。

VFR用の地図で碇のマークを探します。

FS2004での土地勘があったのでニューヨークの近くの水上空港を探しました。

6N7 Newyork Skyport Inc Seaplane Base

全世界の航空チャートが見られるサイトがあります
昔は,航空チャートを入手するために, 書店や地図専門店で注文しました。 現在は,全世界のチャートを無料で入手できます。 なんと素晴らしいことでしょう! 航空チャートを見られるサイト それは「Skyvector.com」です。 このサイト...

フライトの作成手順

水上機の場合も一般的な飛行機と手順が変わるわけではありません。

まず水上機を選択します。

つぎに,場所の選択で,さきほど探しておいた”6N7”を入力します。

水上空港でも滑走路の選択があります。

S21を選ぶときには,”エンジンをかけた状態で起動する”を選択しておきます。

フライトを選べば,Newyork Skyport Inc Seaplane Baseで待機するS21が表示されます。

静止画なので,プロペラは回転していませんがちゃんと回っています。

好きな場所からの離水

今回の目玉である好きな場所からの離水方法です。

残念ながら緯度経度を指定して場所決めをすることはできませんでした。

MovingMapを併用すれば,近くまでは場所決めできそうです。

それでは,方法を説明します。

離水したい場所近くの空港を選ぶ

緯度経度の指定ができないので,近くの空港に機体を移動させます。

S21をアドリア海に浮かべたかったので,アドリア海中央にある空港を選びました。

Losinj Island Airport by SkyVector

この空港をフライト作成画面で選択して,フライトを開始します。

Map画面を使って移動する

開始したら,Mapを表示します。

表示したら中央の飛行機マークをクリックして,すこしドラッグすると黄色いマークになります。

マークを海の上までドラッグします。

好きな場所に来たら右クリックしましょう。

地図上にローケーション選択ウインドウが表示されます。

このロケーションウインドウで,機体の高度や速度,方向を決めます。

エンジン停止して静止している時や場合によっては,クリックするだけでロケーションウインドウが表示されることがあります。

海面上の水上機ですから,高度は0,速度も離水前ですから5knt以下にしましょう。

高度がそのままだと即墜落しますので,高度には特に注意してください。

高度のある湖から離陸するには,湖の高度を調べておく必要があります。

機首の向きは,ウインドウ真ん中の青い丸の中の矢印をクリックしてドラッグすれば変えることができます。

ここまでくれば,フライトは完成ですから,フライト画面に戻りましょう。

X-Plane11に付属している水上機であれば,問題なく開始できるはずです。

アドリア海に浮かんだS21

任意の場所からの離陸をフライト保存した場合,フライト開始後の飛行機の変更はできません。
S21の場合は,シチュエーションの設定が難しかった事をおつたえしておきます。

まとめ

X-Plane11でもFS2004並みに移動できることは判りました。
けれども,FS2004とは違ってフライトの設定には少し柔軟性が少ないなと感じました。
まあ,これは仕様ですから慣れていくしかないと思います。

この記事は,次の製品で確認しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク